いびがわマラソン事務局との対立抗争 6

ひととおりの用件を終え、一旦電話を切ったトコからです




あれ?そいえばウチに直接お詫びに来る件はどぅなったの?
さっきはぜんぜんその話が出なかったけど…
そっか担当者が言い忘れたんだな
でも突然ウチに来られたら困るなぁ~
エェーでもまた電話するの?あの担当者とォ…
面倒だな、ヤだなー






そぅは言ってもやはり突然の訪問は避けたいので、重い腰を上げ再度電話をすることに



RRRRRRR…



事:「はいいびがわマラソン事務局です」
M:「午前中電話したMです。○○さん(担当課長名)いらっしゃいますか」
事:「少々お待ちください…ゴソゴソ」


事:「…代わりました、○○です」←チョット嫌そう
M:「先ほどの件で2、3忘れていたことがあります。今よろしいでしょうか?」
事:「…はい…なんでしょう…」←明らかに嫌そう
M:「まずはオットから『事務局の方がウチにいらっしゃると言ってた』と伺ってますが、その件はどうなりましたでしょうか?」
事:「あーその件ですか。それは…ゴニョゴニョ」
M:「え?なんでしょう?」
事:「えーつまり先ほどの説明でMさんにすべてご了解いただいたと理解しましたので、それは…と」
M:「すみません、最後のほうは聞えませんが?」
事:「つまりもう行かなくていいかなーと思いましたのでそのお話はいたしませんでした」
M:「…………」




はぃ?いつそんな流れになったわけ?




事務局担当者はわたしが午前中の電話ですべてを了解したと思い、謝罪のため自宅へ来ると言ったのを勝手に取りやめたらしい
自分のほうが言い出したことなのに、なにをもって不要と判断する?
それも相手の了承なしに?



マジですか?





そもそも事務局に自宅へ来てもらうつもりはなかった
先方から面会での謝罪の申し出を受けた場合、丁重に断ろうと思っていた
直接会って「本当にすみませんでした~(これでも女だったんですね~このクオリティじゃ間違っても仕方ないやぁ ニヤニヤ)」と内心思われるのが嫌だった





事:「えー、それではいつがご都合よろしいでしょうか?そちらのご都合のよい日に…」




なんだ、予定を聞くんだ
飲み会の予定を決めてるんじゃないんだからさ…


”先ほどは失礼しました。取り急ぎ今から伺います”


とでも言うのかと思った
チョット予想外w






M:「もう結構です。自宅へ来ていただだく必要はありません」
事:「え?よろしいんですか。わかりました」



わかりました?
面会拒否にも一切動じず
”もう結構”を文字どおりに受け止めたようだ



ますます結構
絶対会いたくない




最後に

M:「ことしのパンフも一緒に送ってください。用件は以上です」

と言って電話を切った




もう二度と電話しないと決めた






いびがわ事務局との対立抗争シリーズは今回でおわります

お読みいただき、ありがとうございました





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m





きょう現在、事務局からの訂正文書などは一切届いてません
今後、事務局からなんらかのアクションがあれば続編があるかもしれません
いつもの日記程度に気楽に書き始めましたが、日を追うごとに反響が大きくなり、チョット驚いてます
今回の関連記事を見つけていただいき当ブログにお越しいただいた皆さま、ご訪問ありがとうございます
今後も興味ある記事がありましたら、お時間ある時にお立ち寄りいただければ幸いです



今後、大会などで直接お会いする場合、

「あ~こいつがMか。これなら事務局が間違えても仕方ないわ~(フフッ」






と思ったらあとでコメントください
更新のネタにします(笑
よろしくお願いしますm(_ _)m





更新はしばらくお休みします




本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m




スポンサーサイト

いびがわマラソン事務局との対立抗争 5

たった1枚の写真で代理出走したと認められたトコから




M:「…で、その担当者は何人で作業してらっしゃるんですか?」
事:「3人です」
M:「最終的には3人の目で画像の人物を男と判断したわけですね」


この質問をするだけでツライ


事:「…はい、そぅです(今にも消え入りそう
M:「そぅですか。わかりました」





結局、男と判定した方法は人の目による確認のみであった
どぅやら、それもゴール付近の写真しか確認してないらしい

この時点でがっくり疲れた
よくそんなやり方で、わたしに代理出走の汚名を着せたね
あきれるわ


待てよ、目視による確認ならば、年齢違いを根拠とする代理出走の確認はどうしてるんだろう?
人によっては実際年齢より若く見えたり老けて見えたりするよね



M:「例えばの話ですが、ハゲ頭でどう見ても50代以上に見える男性が30歳男性で申告してたらどぅなるんですか?代理出走とはなりえませんか?」
事:「あー、それはですねー、同性の場合は判断ができませんので代理出走とは認めません」
M:「えー?!では明らかに男、明らかに女(って間違えたけど)の場合は、例えエントリ書類の年齢とかけ離れて見えても代理出走の疑いをかけないんですね」
事:「そぅですね。判断が難しいので」




マジかー
同性→同姓の場合は判断が難しい…?
でも万一代理出走するなら同性→同姓では?
男女が違ったらそれこそバレバレだもの
ゼッケンの色だって違うし(いびがわの場合、女性は上の枠が赤色




M:「エントリはしたものの何らかの理由で出走できなくたった人がいたとして誰かに出走権を譲ろうとする場合、ふつう同姓に譲ろうとするのでは?女性と男性ではゼッケンの色だって違いますよね」
事:「そうなんですが判定が難しいのですよ。写真だけでは申告した年齢と見た目年齢が一致するかの判定は極めて困難なので」
M:「…ということは、男性のエントリで男性に見える場合、女性のエントリで女性に見える場合は見た目の年齢がいくつだろうが代理出走の疑いはかけられないということですね」
事:「そうです。エントリ内容と同一の姓に見える場合は年齢を理由にした代理出走判定は行っておりません(キリッ」




写真を確認し、エントリー内容と同一の性に見える場合はたとえ見た目年齢とかけ離れていても違反と疑われないらしい
判断が難しいからという理由で
写真だけでは難しい…
って、アンタ写真でわたしを男判定したじゃないか

つまりわたしの場合はイージーなケースだったのか
それほど簡単に男として認め…(略
(゚Д゚)



ハァハァハァハァ…
落ち着け~落ち着け~



気をとりなおして次へ進もう
次に確認したいのは資格停止が解除になった理由だ
まだ書類も提出してないのに、どんな方法どんな理由で解除に至ったのだろう



M:「では、わたしは一度男と認められたのに、なぜその決定が覆ったのですか?その理由を教えてください」
事:「それはですね、写真です」
M:「写真?ゴールの写真を見て男と認定したのでは?同じ写真を見て男と判断したり今度は女と判断したりするのですか?」
事:「別の写真です。」
M:「別の写真ってなんですか?」
事:「あのぅですね。レース中のあなたの別の写真です」
M:「同じレースの写真で男に見えたり女に見えたりしたんですか?」
事:「……はい、そぅゆことになりますね」
M:「その写真は事務局が独自に撮った写真ですか?または別のものですか?」
事:「オールスポーツです」
M:「オールスポーツぅ!?自分のとこでない、別の営利企業が撮った写真が信用できるんですか?加工の疑いとか考えられませんか?」
事:「…はァ…そこまで考えつきませんで…」



こぅなると、なぜここまで自分が男と認定されたことに固執したいのかわからないw



事:「別の角度から撮った写真を見たら女性に見えたものもあったっちゅーとこで、女性と認定しました」
M:「はァ~ん?」






あきれ中
















気を取り直して…

M:「わたしが過去に出走したレースをRUNNETに依頼して調査したり写真や資料を取り寄せたりはしなかったのですか?」
「ウィメンズも走ったと先日伝えましたし、不正出走の疑いがあるとRUNNETに言えば過去の履歴なんかを調べてもらえるのでは?」
事:「はァ…そういったことはしておりません…」




あきれた
別の角度からの写真?たったそれだけ?
そりゃ光の加減かなんかじゃないのw

いびがわはRUNNETのサービスを利用している
不正から正へと判定を180°覆すには、RUNNETを動かしてウラを取るくらいのことはしていると思った
個人情報保護の壁があるかもしれないが、不正行為の疑いありといえばRUNNETも黙ってないだろう





事務局、仕事が雑すぎる






結局、写真1枚で男と認定し写真1枚でそれを覆した






もぅいい
これで満足だ
この事務局とはこれ以上話す必要はないだろう





M:「それでは証拠となる書類が必要とのことだったので、わたしのほうから戸籍謄本と運転免許証の写しを送ります。書類でわたしは女性であると確認していただけると思います。書類をご確認いただいたら前回の文書は誤りであり、出走資格は間違いなく存在する旨の内容の公式文書を事務局長名で送ってください。今、◯さんと話をしてエントリ資格が復活できそうなことは理解できましたが、電話でご説明いただいただけでなく文書でいただかないとわたしは安心できません。現時点で、いわばわたしは代理出走の罪を犯した罪人ですから」
事:「ざ、罪人だなんて…それに書類はもう送っていただく必要ありませんが…」
M:「市民ランナーとして、代理出走は一番やってはならないことです。その疑いを正式文書で晴らして欲しいのです。写真だけでなくて公的機関が発行した書類でわたしを女性と認めてください。それがわたしからの希望です」
事:「…わかりました」




わたしからの質問攻撃が終わり、なんとなく安心したような事務局担当者


そして一旦電話終了





ふぅ~
ようやく終わった
疲れたァ
言いたいことはすべて言ったか?
言い残したことはないか?





ん?





ウチに直接お詫びに来る件はどぅなったんだろう?
今ぜんぜんその話に触れなかったけど…
担当者が言い忘れたんだな
突然ウチに来られたら困るのでまた電話してみるかー
面倒だなー






続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m




いびがわマラソン事務局との対立抗争 4

ついに待ちに待った週明けの到来




相手になにを言われても冷静さを保つよう肝に銘じる
決して声を荒げたり感情的にならぬよう
決して言葉尻をとらえてクレーマーのようにならぬよう



まずは自分の聞きたいことをリストアップして落ちモレのないようにしておく
こちらから証拠として提出する資料を確認して…



準備してたら電話が鳴った
RRRRRR…




来た来たっ





事:「いびがわマラソン事務局の○○と申します。○様(M本名)いらっしゃいますか?」



ほんと、悪いことしてないのに手が震える
くそ~落ち着け、わたし



M:「はい、わたしです」
事:「つきましては先日M様からお申し出のあった件で、こちらがわのミスといいますか不手際がございましたので、お宅にお伺いしましてお詫びしたく…」
M:「ちょっと待ってください。そちらが送ってきた文書は間違いだったと既に認めているんですか?わたしはまだなにも証明するものを送っていませんが」
「まずは今回の経緯から説明してください」
事:「…わかりました」
「担当者がですね、不正行為の監視のためゴールの写真とゼッケンの照合作業を行っていたところ、Mさんのゼッケンをつけて走っていたのが男性ではないか、との疑いを持ちまして、今回お手元の文書を送らさせていただきました」
「これはあくまでも『仮』でして、正式な決定では…」
M:「あ、チョット待ってください。ではコレは決定ではないと?」
事:「そうです」
M:「でもどこにも『仮』って書いてありませんが」
事:「文章の後ろのほうに、『了承できない場合は事務局までご連絡ください』とありますよね。だから『仮』です」
M:「でもわたしが事前に何の申し立てもせず現在の状態でエントリしたら受付はされず出走はできないですよね」
事:「はい、そうです」
M:「そもそも『仮』ならば確定しなければ済むだけのことで、わざわざ自宅までお詫びに来る必要はないと思いますが」
事:「………」
M:「これは仮ではなく正式決定と違いますか?」
事:「……そうですね」
M:「そもそもこれは正式文書ではないのですか?」
事:「正式文書です」
M:「だから今のわたしの身分は、正式に出場禁止と認められた者ということですよね」
事:「はいそうです」



仮って言ってみたり正式って言ってみたり歯切れが悪いな
疑いがあります、なんてどこにも書いてないぞ
そもそも仮ならば自宅までお詫びに来る必要なんてないと思うが
曖昧なモノ言いにイラつくM

この決定はあくまで仮なのか正式なのか二者択一を迫ったところ、あっさり正式と認めた


まずはここからだ
仮だの何だのと言ってごまかそうったって、その手には乗らないぞ

ふぅ~
たったこれだけのことを事務局にキチンと認めさせるのに一苦労
事務局が問題の所在をあいまいにするため、厳しい言葉を避けようとする意図が見え隠れする
だがここはハッキリとわたしのことを正式に男と認めさせたかった

↑↑↑
最後の一文だけ見ると、何だかとてもおかしなこと言ってるね





そして次
一番知りたいと言ってもいい、その認定方法だ
事務局とっておきの秘策とは?
おそらく今まで公開したことはないだろうから、今回初めて世間に手の内をさらすことになる
きっと今以上に情報を出し渋るだろう
そこをなんとか突破せねば
この門を打ち破るまでは引き下がらないぞ





M:「…わかりました。次に男性と認めた方法について説明してください」


ごくり…
手に汗がにじむ



事:「それはですね、担当者の目による目視です(キッパリ」
M:「目?それだけ?なんらかのパソコンのソフトとかアプリとかそうゆモノでなくて?」
事:「はい、目視だけです」



マジかよ~
そんなアナログ手法で見つけたのか?
ある意味スゲーな
何千人ものランナーが走ったのに



M:「で、どの写真を見てどう男と判断されたのですか?」
事:「ゴール写真のですね、顔とか…(ゴニョゴニョ」
M:「遠慮はいりません。はっきり言ってくたさい」
事:「ゴール付近で撮った写真で、あなたのゼッケンをつけた人物の顔やカラダつきを見て男性と判断しました」




マジか~
そぅなのぉ~
ビジュアルのみで男と判定したわけね
秘策なんて何もナシ
見た目オンリー
ある意味、男らしい(違




…じゃあ、次
怪しいと思われるランナーをピックアップした先の作業だ
単なる目視だけで終わるハズない
何らかの方法で仮定から確定へと確度を高めているはずだ




M:「失格候補者が浮上してから、ゴール写真以外に仮定から確定へと導く方法を教えてください」
事:「へ?なんでございましょう?他には何もございませんが…」



事務局にはわたしの言ってる言葉の意味が伝わらないようだ



M:「ですから、別の大会からわたしの写真を取り寄せてみるとか、RUNNETに依頼して過去の違反歴を調べてみるとか、写真判定以外の方法です」
事:「いたしません(キリッ」
M:「わたしウィメンズを走ったと申しましたし、ゼッケン番号も伝えましたよね。そういった別の大会写真の確認は?」
事:「いたしません(キリッ」




あきれた
この事務局に秘策なんてモノは本当に存在しなかった
わたしはたった一枚の写真によって代理出走違反の罪とされ、いびがわマラソンから永久に追放されるところであった






続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m




なぜこのシリーズが注目記事ランキングに入ってるのかよくわからないw
読んでいただいてる皆さま、なにかものすごいオチを期待してますか?
Mが実はオトコだったとか…
あぁ、そんなオチはございません(残念


実は本当に見て欲しいのはレース参戦記とかローラさんとの50k走とか石灰沈着性腱炎シリーズなんだけどな~
あら、そんなのツマラナイ?
どーもスミマセンm(_ _)m


ま、いぃんです
今回の経緯については、たとえ誰の目に留まらなくともきちんと記録に残したかったのです
それをたくさんの方に読んでいただけるのはたいへん幸せなことです

リアルMを知ってる方、笑いをかみ殺しながら続きをご覧ください
よろしくお願いします





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m




いびがわマラソン事務局との対立抗争 3

事務局の下した裁定を覆すべく、戸籍謄本と運転免許証のコピーを準備したトコからです




週明け早ょ来い~週明け早ょ来い~
週明け早ょ来い~週明け早ょ来い~



…わたしの 呪い 願いが届いたのか、その知らせは一足早くやってきた





わたしが事務局へ電話した翌日、自宅の電話が鳴った 
RRRRRR…
その日わたしは当直で家を留守にしていたので電話を取ったのはオット





事務局:「いびがわマラソン事務局の○○と申します。○(M本名)様はいらっしゃいますか?」
オット:「きょう妻は仕事でおりませんが、ナニか?」


今回の件については、あまりに悲しかったのでオットには一切説明をしてなかった
オットに話をするのはまず先方に誤りを認めさせてから、と思っていたからだ


自分の妻が男と公式に認定されて嬉しいオットはいないよね
(ホモならいざ知らず
なので事情を知らないオットはいびがわマラソン事務局からの電話と知って???となったらしい
あの有名ないびがわマラソンが直々に電話してきてなんの用?




事務局:「先日M様からお申し出のあった件について、当方の判断ミスがありましたのでおわび申し上げたく…」
「週明けにお電話するという約束でしたが、早いほうがいいと思いましてお電話した次第です」
「つきましてはお宅のほうへお伺いしましてお詫びしたいと思いますがいつでしたらご都合がよろしいかと…」




Mがいびがわになにか申し出た?
ウチの嫁はいびがわでなにをやらかしたのか?
オットは思った

でも待てよ。先方は低姿勢だ
家へおわびに来るとまで言ってる




ははぁ~~~ん
やらかしたのは先方だな
それも相当Mをキレさせることをやらかしたわ
(事務局もかわいそーに。ウチの嫁を敵に回して
オットは悟った




オット:「電話番号を聞いておきます。妻が帰ったら電話するように伝えます」



相手は私用の携帯だという番号を告げ、電話を切った






この電話のやりとりをオットからのメールで知ったM…











WS000002.jpg




と確信








しかし個人の携帯で話をする気はなかった
個人的に説明や謝罪を受け問題をウヤムヤにする気はない
誤りを認め謝罪するならば事務局として公式にしてほしいと思った


よって一刻も早く勝ちをもぎとりたいのはヤマヤマだがこちらから連絡はせず
ここは我慢のしどころだと思った





待ちきれない担当者が夕方にまた電話を架けてきた
すべての事情を知ったオットがすかさず応答



「妻は携帯電話でお話はできないと言ってます」
「今落ち込んでいてそんな状態ではありません」
「週明け以降にしてもらえませんか?」




よしよし、よく言った。オットよ





まずはいろいろと事情を聞いてからだ
誰がどんな方法で代理出走と認めたか(男と判断したか)

次にどんな根拠に基づいてエントリ資格解除となったのか、その経緯と根拠となった事由…
まだなにも女と証明する書類を提出してないたのに、なにをもって… 



聞きたいことは山ほどある







週明け早ょ来い~週明け早ょ来い~
週明け早ょ来い~週明け早ょ来い~




事務局との本格的な対決を前に、静かに週明けを待った





続きます






本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m




いかんいかん
ついにオットまで出てきてちゃったわ


M家に似てるね、このハナシ(笑





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m




いびがわマラソン事務局との対立抗争 2

事務局へ電話したトコからの続きです




事務局:「事務局としては画像等から代理出走と認めました(キリッ」
「判定に不服の場合は、なにか証明できるものを出してください」
「場合によっては判定が覆る場合があるカモしれません」




判定が覆る場合がある?
電話口の相手はそんなことまずないといわんばかりの大きな態度



強気だ…事務局は完全に強気だ…
ケンカ売ったね?
今わたしにケンカ売ったね
よし、わかった。コチラも腹を据えてかかろう





事務局の強気ぶりも無理はない
担当者はなんらかの方法でわたしを男(代理出走)と認め裁定したんだろうから、わたしが電話口で「女です」とリキんだところで「はいそうですか」と覆るはずがない
事務局からすれば「○○(M本名)なんてヤツは女でエントリしながら、かわりの男をシャァシャァと出走させやがった卑怯モノ」という扱いだろう
しょせん今吠えたところで酔っ払いのたわごとだ




今の段階ではそれもやむをえない

これを覆すには…どぅしたら…?
よく考えろ、M
冷静になってよく考えるんだ





……




スグにはいい考えが浮かんでこない orz
パーな頭を恨むわ
浮かんでくるのはやり場のない怒りばかりだ






M:「…はい、わかりました」
「証明するものってなにがいいですか」



全裸写真でも送れと言うのか?
なかばやけっぱちになったわたしはココロの中でつぶやいてみた




事務局:「とにかく証明できるもの。詳しいことは週明けに電話してくれる?今時間外だから」
M:「そぅですよね。考えてみます。」
「あ~なんでわたしが代理出走って疑われるのかなー。ウィメンズの時の写真じゃダメかな






事務局:「………ウィメンズ?」
M:「そぅ、ウィメンズ」


事務局:「………」
M:「(アレ?雲行き変わった?)」



ヨシ!今だM、攻勢に出ろ!



M:「ことしのウィメンズ、走りました。あのレースは前日受付で『女に間違いないです』って証明を見せてます。保険証とか」
「なんならオールスポーツのナンバー検索で見てください。確かまだ掲示されてるので」
「そこにも男が写ってるかもしれませんが(ククク」
「ナンバーは○○で、いびがわと同じTシャツ(ぐわT)着てます」
「そこに写ってるわたしといびがわで男と認定したランナーを見比べてもらえますか?全く別の大会ですが何らかの判定材料にはなると思います」


一気に秘孔を突いた(アタタタタタタ

少々のイヤミ成分を忘れずに盛った
ここでの強気発言はかえって不利かもしれないが、もう我慢の限界だったのだ




事務局:「………そぅですか。わかりました(ションボリ」
M:「(よし、手応えアリ!)」



時間外ということもあり、その日はこれ以上の反撃はせず電話を切った
ウィメンズを走ったと告げてから、急に風向きが変わった気がした
倒れ際に打ったパンチが顔面にクリーンヒット




しかし念には念を入れて冷静に考えよう
事務局は何らかの方法で「確実に男」と判断したはずだ
何らかの方法、ってなんだろ?
男女自動判定ソフトみたいなモンかな?
はたしてこの世にそんなモンあるんかいな
でも相当の自信と根拠がなけりゃ、エントリ資格停止なんて厳しい処分を下す手紙を一方的に送ってくるハズないもの
いぃ加減な判定で、事務局の信頼が揺らぐようなことはするはずがない

なにか秘策を持ってるに違いない
でも秘策ってナニ?
わたし実際に女だし実際に走ったけど




考えれば考えるほど悲しい(ナゼ?
でもエントリ資格停止はもっと悲しい
だっていびがわ走りたいもの
(こんな仕打ちを受けてまでも

エントリ資格復活までまだまだ油断はできないぞ
こちらも相応の準備をしないと





わたしはさらに証拠を固めるべく、行動を開始


先週、相続の件でたまたま市役所へ行き、戸籍謄本を取得していた

すぐ実家へ送るつもりだったのだが、事務手続きが済んでなくてまだ手元に書類が残っていた
これをすかさずコピー




続いて運転免許証をカラーコピー
免許証は顔写真付きだから、ゴール写真との照合ができるだろう




戸籍謄本と運転免許証



このふたつの書類で裁定を覆す
ふふふ…
勝機が見えた





週明け、早よ来い!
週明けがとても楽しみだった





続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m




きょうも文中で「わたし」とか「M」の表現になってまったわ

これはある親しい人から聞いた話のはずなのに…



あんまりリアル過ぎるとかえって嘘くさいかな(笑







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m





プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ村