ボランティア案内キター


今月24日に開催される、奥三河パワートレイル



今年で第2回目の開催となり、わたしも前年に引き続き2回目のボランティア♪



今回は山ヤ装備もある程度揃ったし、去年ほど心細い思いをしなくてすむ(ハズ





そして大会事務局からボランティア案内がキター






IMG_2086.jpg






去年は事前にメールがたった1本来ただけ(汗)だったけど、今年はちゃんと文書で届いた(嬉




まぁ、内容的には去年とさほど違いはないのだが…





参加者が知りたい情報、例えば…


○ 大会前日、モリトピアに宿泊する場合はお風呂が使えますよ
○ 配布する弁当だけじゃ到底足りないと思うからパンやおにぎりを自前で持ってきてね
○ ボラTシャツは弁当置き場に一緒に置いておくけど、早めに取りに行かないとなくなりますよ
◯ ボランティアといえど、ドロボーがいますからね、油断しないで
○ 宿泊場所は大広間に雑魚寝ですよ



…とかね
そぅゆことは一切書いてない







IMG_0930.jpg




去年の雑魚寝会場の様子(笑






あ、誤解を招くかもしれないけど悪口を言いたいわけではございませんよ


初めてボラ参加しようって人が知っておきたい情報が入ってないかな~と思う

任務は当日発表なのは仕方ない
それ以外の細かいことね

そぅゆのを事前に知らせてもらうと、安心して参加できるかなーと思う

ま。知りたいことがあれば事務局にメールかなんかで個別に問い合わせればいぃんだろうけど、なんしかお手数かけちゃうみたいで聞けないなぁ
(ワシの場合は




まぁ、こうした大会にボラ参加しようってヒトは全くの初めてじゃないからわかってるんだよね、きっと
(タブン



去年びっくりしたのは、前日の説明会は(確か)来てたのに、大会当日の点呼になって現れず、電話すれど出ず、結局ブッチしたヤツがおったこと
電話番号はテケトーに申告したのか?

説明会の日の弁当返せって感じ
(そっち?


大会事務局もこんなんじゃー一般募集のボラはアテにできないわな


そいつはナニがしたくて応募してきたんかなー?

当日どうしてもキャンセルせざるを得ない理由ができたんなら、電話くらいせーよ、社会人なんだからさぁ


実際の任務が前日にならないと教えてもらえないワケも理解できる




今回もボラTシャツはもらえるみたいだけど、山中の任務だから寒いので(実際、案内にも防寒具を持参と書いてある)下に着ちゃったらボラってわかりづらいのが本大会ボラの難点(汗


完全交通規制するわけではないので、一般ハイカーさんもいらっしゃるしね





ワシは(おそらく)ラスボス鳳来寺山中でコース誘導してますので、参加ランナーの皆さん頑張ってください!



キラキラ輝きながら走り抜ける皆さんを精一杯(ボラしつつ)応援します!







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m





スポンサーサイト

奥三河パワートレイル 2016


去年、第一回大会にボランティアで参加し、大会の雰囲気は掴んだ…ヨシ!



山登りを本格的に始めた
去年よりも山ヤ度はアップしてる…ヨシ!



参加資格は…

去年まで三河高原トレイル(ロング)完走でOKだったけど、今年からは参加資格が厳しくなった (゚Д゚)



でも100kマラソン(丹後と高山)完走してるから参加資格はなんとかクリア…ヨシ!




ロードに加え、猿投山や各務原アルプスに足しげく通い、トレイルを(多少)走れるようになってきた…ヨシ!






満を持してエントリー
んん~PCがつながらず、焦った焦った


そして無事エントリ完了









ボランティアで(爆





今年も行きますボランティア♡



エントリを決めてるたーはるパパさん、ブログ村で参加する皆さん、その他、遠く奥三河まで走りに来てくださる皆さん!


がんばってくださ~ぃ


精一杯、応援ボランティアしま~す♡







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m



↑ランキングは抜けてますが、押していただいた数値は(自分だけ)見えます。
ありがとうございます




OPT ボランティア参戦記 6  〔レース当日 夜の巻〕

トップ選手がやってきた




たしか午後2時前後

そのランナーは軽やかなステップで急坂を駆け下りてきた


脚の筋肉、とくに太ももの筋肉のつき方がスゴイ

さすが60k以上の山道を7時間くらいのスピードで駆け抜けてきたトップ選手

山道を走るスキルが卓越してるんだろうなぁ



順当にいけばこの選手が初代奥三河パワートレイル覇者になるのか?
それとも最後の大逆転劇があるのか?


そんな思いでトップ選手を見つめながら


「木の根に気をつけてください」
「あとラスト3kです!」


と声を掛ける



おぅ!
と軽く手を挙げて駆け抜けて行った




約30分後、無線でこの選手が記念すべき奥三河パワートレイルの初代王者となったのを知った


いろんな意味でスゴイ選手だ
ぜひ大会公式フェイスブックでその勇姿を確認してほしい
いろんな意味で





2番手の選手が現れたのはトップ通過後の約8分後


コース誘導の務めを果たしつつエールを送る


トレイルの選手は応援に応えてくれる率が高い気がした



そしてトップ集団に共通することは、一様に荷物が少ないこと

バックパックではなく、ベストタイプを着用する選手が多い
選手必携品は…たぶん、揃ってないね(笑
そしてキャップなしかバイザーの選手が多い

頭部をスッポリ覆わないほうが涼しくていいのかしらん?



通過順が遅くなるにつれ、背中の荷物は多くなる傾向

タイツを履いてる選手も現れる




暗くなって気温が下がる中、ウィンドブレーカーを着て走る選手もいた…そりゃ荷物も多くなるわな


第3関門の関門時間は午後5時


そろそろ大勢の選手が一気に押し寄せるボリュームゾーン到来か?
しかし…待ち構えているのに、通過していく選手は数えるほどまばらで、ほぼ単独走かふたりのパック

4~5人まとめてやって来たのが数回あったくらい



いったい1000人弱の選手はどうしたんだろう?

と心配していたころ、













LINEでたーはるパパさんの終戦を知る



マジか (゚Д゚)




ちょうどそのころ、大会本部からの無線が

「第3関門を時間内に通過したのは300名弱」

と知らせてきた



完走率、3割以下?!

どんだけ厳しいレースなの?

そうか、だから通過する選手が思ったより少ないわけだ



ということは、ここを通過していく選手は相当の猛者たち

猛者にも疲労の色が強く見えるが、最後の元気が出るよう励まし続けた




日が傾いてくると、低山とはいえ気温がぐんぐん低下
持ってきたフリースを着てバフを首元まで上げてもまだ寒い
仕方なく雨用のカッパまで着た

これだけ着てギリギリ寒さに耐えられる感じ
ヨカッタ~持ってきて
荷物削減、とか言って置いてこなくて本当にヨカッタと思った
防寒着がなかったら、ここであと数時間、寒さに耐えられなかったかも




いつもウルトラの大会でそうしてもらうと嬉しいので、大会パンフを見てゼッケンNo.から名前で呼びかけてみることに


加藤さん(仮名)ガンバッテ!


すると選手の反応が全然違う



ピカーと笑顔が出てくる感じ


このまま元気で時間内にゴールまで行けますように、と願いながら選手を一人ひとり見送った






午後6時半ころ、最後のスイーパーさんがやってきて、任務完了
ようやく下山




試しにライトを切ってみたら、当然ながらあたりはまっ暗…
こんな暗いなか、山道を下ったことないんですけど…





ボッチ下山ははなはだ不安だったので、下りてきたボランティアさんに合流させてもらって一緒に下山

やはり、というか案の定というか
下山スピードがぜんぜん違う
見栄を張ってサクサク下ってるように見せたいが、なにせスキルがない分遅れがち
ランシュー滑るし
↑アンタが悪い


”こいつド素人やな”


というニオイをプンプンさせつつ、へっぴり腰でヨロヨロ下り、何度も待ってもらいながらようやく下山




谷底に滑落、という最悪の事態だけは避けられた






ワゴン車で大会本部へ戻り、パパさんとの合流地点へと向かう途中、ろうそくや豆球で彩られた幻想的なコースに出会う





夜2





写真だと伝わらないけど、60k以上走ってこの光景に出会えたらきっと感激すると思う







ゴールゲートはレッドブル仕様





夜1








トレイルの大会、初ボランティアだったけど、とても充実した二日間だった
また機会があったらボランティアデ参加したい

トレイルの大会は…?
もすこし難易度の低いレースから出てみたいな





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m




帰り道
今回ご一緒させていただいたたーはるパパさんとレース運営とかコース設定とか、いろいろ話しながら帰った
数年前…
丹後ウルトラのことを知ったのはパパさんの日記だった
ウルトラってこんなに楽しいの?ならわたしも出たい!と思ったのだ

それが、今は一緒にレースとか行っちゃうんだからねぇ
シミジミ





IMG_0945.jpg





そしてお互い「明日は仕事なのにねぇ」とか言いつつ、ニンニクのしっかり入ったギョーザを食べながら反省会?をして帰ったのであった

また来年も!
機会がありましたらご一緒してください!

奥三河パワートレイルに興味の出たかたもぜひご一緒に!





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m




OPTボランティア参戦記 5 〔レース当日 昼の巻〕

装備を整えたら出発~




鳳来寺パークウェイ駐車場まではワゴン車で送ってもらえるものの、そこから先は歩いて向かう





101.jpg





↑ほら皆さん山ヤでしょ(笑





往路はひたすら登り
石の階段あり、鉄の階段あり、前日からの雨でぬかった道ありでとにかく登る
帰りはココを下るのか。コワイな~



ここでついていけないようではハナシにならないので、山ヤの皆さんに必死でついていく



それにしても、ランシュー滑る
ズルッズルに滑る
↑アンタか悪い







夜に備え、赤く光るフラッシュライトを看板に取りつけながら進む





102.jpg





闇夜に輝くフラッシュライト、キレイだろうなぁ
指定場所にひとりずつ取り残されながら配置完しながら進むので、隊列は徐々に短くなっていく





どのくらい登ったんだろう?
わたしの配置場所マダー


体力が尽きかけたころようやくマイ配置場所到着





木の根がうねうねと這ってる





103.jpg





皆さん、サヨナラ~





まずは配置場所付近を自分の目で下見してみる

選手目線で言うと、急な斜面を下ったところで木の根が行く手を阻み、スピードを落としながら立ち木を回避しながらゆるく左カーブを切る
勢い余って曲がり切れないと右下は急峻な崖になってて落ちたらジ・エンド


怖いトコだなぁ





一般ハイカーもけっこう通過する
家族連れやカップルなど、軽装のハイカーが多い


トレイルのレースだから完全規制はせず(できない?)、このあたりはウルトラのレースに通じるところだ




ただし、エイドの数はレース全体で4ヶ所、このほかに給水所(水のみ)が2ヶ所

4~5kおきにエイドのあるウルトラとは格段の違いがある





これは厳しい
ウルトラだとエイドだけが心の拠り所&唯一の楽しみだもの





そいえばパパさん今ドコかなー
ゼッケンNo.は事前に聞いておいたけどアップデートがないので意味がない orz
パパさんから発せられるLINEの情報しかない




ひとまず第1関門は通過したようでホッ






ハイカーさんはレースについて興味があるようで、わたしがボランティアとわかるといろいろ質問を受ける

こちらもレース運営に関わってる端くれとして、知ってる情報は提供する




早朝、茶臼山をスタートして湯谷を目指している、というと一様に



えぇぇぇぇ~ (゚Д゚)



という顔になる




このあたりの山を知らないわたしは、それがどのくらいスゴイこのなのか今いちピンとこなかったが、ハイカーさんの反応からそれはそれはとてつもないチャレンジだと知る(←今さら?




とくに厳しいのが第1関門と第2関門のあいだ、
岩古谷山と鞍掛山らしい




東海自然歩道なんてのんびりしたネーミングとは裏腹に、厳しい登り下りの連続で、難所中の難所らしい



マジか…(゚Д゚)
パパさん大丈夫ですかー
早く無事なお姿を見せてくださいー






さて、トップ選手が通過するまでにはまだ時間がある

ではではお楽しみの弁当タイム♡





104.jpg





ベンチを陣地に一休み
(まだ仕事してないのに





105.jpg





知人の応援に来たというハイカーさんとお話しをしつつ、トップ選手の登場を待つ





106.jpg





マダかな~
無線機から発せられるとぎれとぎれの情報によれば
大会主催者が予想していたトップ選手通過時間よりも遅れ気味らしい



やはり…
難所中の難所が選手の行く手を阻んでるのか?





IMG_0940.jpg






そしてお待ちかねのトップ選手がやってきた



続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m




OPT ボランティア参戦記 4 〔レース当日 朝の巻〕

深夜2時半…



スタートから配置に就く人たちが起き始める
起床時間がバラバラなのは事前にわかっていたので気にせず二度寝


そして3時半…
次に配置の人が起床…
気にせず三度寝



そして4時半…
次の次に配置の人が起床…
気にせず四度寝…



…って、できるかゴルァ (゚Д゚)

いいかげん目が覚めてしまうわ


わたしの配置箇所はゴールに一番ちかい場所だから集合時間も一番遅い
朝遅くて一見ラクそうだけど、夜は一番遅くまで残ってるんだよ
もすこし快眠させてくれないかな(ムリ




ということでなんとなく横にはなったものの快眠できるはずもなく夜は更けた





たーはるパパさんから”いよいよスタート!”の画像を受け取り…エールを送る
わたしの配置場所まで元気で走ってきてね





IMG_0935.jpg





この時、実はまだ宿舎でウダウダしていた(笑




着替えを済ませ、朝の弁当を取りにいくと…そこに案内係はおらず無人のセルフ方式
そうね…ボラの相手をするスタッフなんて無駄だもの



そこには朝の弁当のほか、昼用の弁当、水のボトル、ボランティアTシャツ、無線機などが段ボールに入れられ無造作に置かれている


あのぅ…
ボラTの箱にはなにもはいってないんですけど…


先行の誰かが必要以上に持っていったのか、そこにはあるべきハズのTシャツはなかった
(だから任務完遂後に受け取ることになったのね




そして無線機…前日、あれほど



”無線機は高価です。絶対に返してください”


と繰り返してたずなのに、ただ箱に並べて置いてある
出し入れのチェック表、あるにはあるが、たいして意味をなさない簡素なものだ





IMG_0938.jpg





おおらかというかなんというか…

大事なモノは手から手へ、じゃないの?
それとも、ボラの自主性を重んじてくれているの?


仕事上、無線機をつかう場面があるが、それこそ情報は命
大事な無線機は人の手から手へが鉄則だ
こんな状態で無線機を保管してたらシバかれるわ…



前日の説明とのギャップに戸惑うM…




ま、いっか
それだけ信用されてるってことかな?
一見さんだけど大丈夫ですかー?





朝食として支給された弁当





IMG_0934.jpg





定価298エン
チョット量が足りないようですがー(泣






集合場所であるロビーに行くと、前日にも増してさらに山ヤ度を増したスタイルの面々が集まっていた




(゚Д゚)(゚Д゚)




続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m





プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ村