丹後ウルトラ2015 参戦記 7 〔80k地点からゴール   編〕

80k地点を過ぎたとこから


ここからは高低図には現れない地味~な坂の連続だが、丹後も3回目となれば心の準備もあるので多少の坂には凹まない


それに飛騨高山のラスボスに比べたら丘みたいなもんだ(笑


80kを過ぎ海岸線に出て、果てしなく続く坂を目にしたランナーが隣で


ラ:「うっそ~~ん」


とつぶやくのもムリはない


そぅなんです

丹後の終盤は坂道ばっかりです(キッパリ



そして暑い



ここへ来て日差しがキツク感じる

でも日本兵キャップから通常のキャップに替えたことは後悔してない


お父さんと一緒なら大丈夫


たんたんと6分~6分半で刻む

マジで?


やればデキル(のか?


80kを過ぎるとエイドの間隔も短くなり、80k~90kの間に4ヶ所もある

エイドには必ず立ち寄りバナナを1~2本


ポカリを1杯

軽くストレッチしてすぐ再スタート

滞在時間は2分程度だと思う
毎年毎年、終盤はエイドでダラダラする癖みたいなものがついていたが、今回は違う


裏目標達成のためなら…(略


確かに脚全体が痛いしカラダは疲労感に包まれている
歩きたいけど歩いたらダメな気がする
普段の生活では、いつもいつもダメな自分にガッカリするばかり

そんなダメダメな自分に少しでも打ち克つため、ここは頑張りどころだと思った
そんな中、コースの傍らにじぇーてぃーさんを発見
アレ?第2応援ポイントもあるのか?

↑知らなかった
じぇ:「あと3kくらいで右側にエイド出してますから!」
そっか!またブログ村エイドがあるんだ~♪

じゃぁ、最低でもそこまでガンバロ
あと3分くらいって言ったよね?

じゃ、もうスグじゃん



3分走ってもエイドがない(アタリマエ

アレ?3分じゃなかったっけなぁ~
車で3分か。じゃあ、もう少し先だな


ないよ~ん



「聞いて理解する」という分野の脳がお休みしてるようで、何分だったか何キロだった理解できてない(汗
マダ~マダ~と何度も繰り返せど、エイドは現れず


コース、間違えたのかしらん

(そんなワケない



諦めかけた時、ようやくコース右側にエイド発見!
3分→3kと聞き間違えてた模様(笑
ここでもさんざんもてなしていただいた
確かお茶を何杯かゴクゴク飲んだ

メイドさんのスカート姿に癒され、元気チャージ(女子なのに
さて出発、と思ったところ、えーかわさんがしばし伴走してくれるという!
マジか!


(゚Д゚)

伴走サービスを受けるなんてランナー人生初(嬉


できればゴールまで…
ではなかったけど、旧三津小学校手前の坂を一緒に走ってもらうことに

ここはキツイ坂なので毎年歩く(笑
しかし豪華伴走を得ては歩くわけにもいかず(笑)、走って上る
つかず離れず、適度なペースで伴走してくれるえーかわさん

キロ6分半程度なのにはぁはぁしながらついてくM…


そして…

アノ坂をついに走って上りきったよ!嬉

ありがとうございます


これが走力以外の最終ロケット

こうなればラストラン


調子に乗って走る走る~

90k地点通過時はゴールが12時間ギリギリな感じだったが、ここから驚異のキロ6維持(自分比


90k以降はほぼ抜かれた記憶がない

信号待ちでも最前列まで進み、青に変わった瞬間、一番でGO!


90k~ゴールの間にもエイドは頻繁に設定してあり、4ヶ所すべてのエイドに立ち寄って補給&給水
お腹も痛くない、腸の調子も絶好調


ウルトラで心配な脱水や脚攣りといったトラブルが出ないといった強みがわたしにはある


間人の街で応援の人に手を振って応える余裕も出てきた
行ける!行ける!12時間!



90k以降はあまり時計を見てない
自分を信じて走った


お父さんのキャップからもチカラをもらった
ラスト1キロ



ようやく12時間切りを確信
しかも、50分台前半?


マジで?
おそるべし、えーかわロケット(笑


MCが名前を呼ぶのが聞こえた
なにより、お父さんのキャップと一緒に12時間切れるのが嬉しかった



最後の角を曲がり、まだ明るい時間帯に…



WS000347.jpg





感極まった
そして12時間斬り達成



あと1回、全体を振り返ります





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

↑ランキングは抜けてますが、押していただいた数値は(自分だけ)見えます。
ありがとうございます
スポンサーサイト

丹後ウルトラ2015 参戦記 6 〔碇高原管理事務所から80k地点まで 編〕

碇高原管理事務所に到着したとこから




あ、その前にエイド直前にあるコテージ風のトイレ
毎年ここは利用する
キレイだし、広い多目的トイレがあるし
ふっふふ~ん♪


…と思ってたら多目的のほうは使用中だった…orz



同じ考えの人もいるんだなーとボンヤリ考えながら和式トイレにin
70kを越えてからの和式はツライ…ツライ…でた(笑



今回の丹後ではコース上のトイレに3回行ったけど、3戦3勝
3回とも常設トイレで3回とも大…(略




碇高原管理事務所エイドは第3関門であり、預けた荷物が受け取れる大規模エイド
関門時間は午後2時55分、到着は午後1時10分ころだったと思う
予定では午後1時43分到着だったから約30分速い



しかし、最大のボス碇高原攻略に2時間以上を要したことになる


んん~ここをもっとしっかり走らないと、タイムの短縮はありえないなぁ




預けた荷物は弥栄公民館とほぼ同じ


補給食(ジェル、塩熱サプリ、スポーツようかん、アミノ酸)、鼻拭きタオルの替え、タオル、ペットボトルのお茶(緑茶)



あと、これ





遺品





ここまで日よけつきの日本兵キャップ(cw-x)をかぶってきたけど、ここでチェンジ


午後からはさほど日差しがキツくないだろうしね
日よけも必要ないでしょ、との判断だった




キャップをキュッと深めにかぶり、気持ちを入れ直す
お父さん、チカラをください


アミノ酸を補給、終盤も粘れるようガンかけ(笑




エイド滞在は約10分
再出発しようとしていると、えいたろうさん発見


えいたろうさんを仮想13時間ペーサーと見立てていたので、えいたろうさんよりは先に行かねば!と思う
もう一人の仮想ペーサー、ラピ夫はドコ行った?笑




ここからは約10k続く下り坂
ここをしっかり走って上りでロスした分を取り返さないと…と必死に坂を下る
(もちろん自分比





そんな中、ちょーみんさんの奥さまに撮っていただいた写真(と思う)





IMG_1682.jpg





キロ6で必死に下るの図(笑



手に鼻拭きタオルを握りしめてる時はキツイ時(笑





下り坂の途中にある縦貫林道左待避所エイドでは賑やかなオバちゃんボランティアに迎えられる





オ:「お!ぐわぁまた来た。また来た♡」

オ:「5~6人目やでぇ」





5~6人目?
もうそんなにたくさん通過したんだ


し~やんさんとやべっちさん、リンさんはわかるけど、あと誰?だれやねんさんか?




脚を動かす部分以外の脳が働かないから、もぅ誰が通過したんだか数も数えられないw





M:「あと数人は同じTシャツの選手が来ますから、うんとサービスしてあげてね!」


と言い残し、エイドを出発




オバ様は「ぐわぁ~~~♡」と嬉しそうに手振りつきで送り出してくれた





このエイドを過ぎたら80k地点はもう少し




下り坂は心肺的にラクだけど、脚には優しくない



早ょ終われ~早ょ終われ~~と念じながらバスンバスンと靴底で音を立てながら下った
靴底から音が出るのはよくない傾向だけど、もぅ歯止めが利かない感じ


ようやく坂道終了~




80k通過がスタートから約9時間半経過の午後2時ころ…





えぇっと…
12時間斬りを果たすには残り20kを2時間半かぁ…
するってぇと、10kを1時間15分ね(アタリマエ



キロ何分で行けばいいんだ?


疲れた脳ではなかなか計算ができない…orz



デキタ!
キロ7分半ね♡


7分半かぁ
しかも休憩込みで



やれそうな気もするし、無理っぽい気もする
遅くても走ったら達成できそうだけど、歩いたらアウト(っぽい


これが残り3時間くらいあれば余裕ブッこいて失敗しそうだし、残り2時間なら完全にあきらめただろう
終盤にキロ6なんてムリ(キッパリ


ここへ来てこのギリギリ感~


ちょっと~なんなの~

わたしを試してる?笑





でも終盤あきらめてしまい、12時間切りを果たせなかった飛騨高山では終わってから悔いが残った
悔いを残さないためにも!ガンバロ!
できるトコまででもいい!



それに、もう一つ温めていた裏目標があった


もし12時間切りに手が届きそうなら!



アノ人のアノ記録を超える!
(↑リンクではない



アノ人のアノ記録ってのは丹後で実際にお会いした数人には話したけど、ホントどぉ~でもいいような小さな小さなプライドに関わる記録



自分の器の小ささに自分でもあきれてしまいそうなので、ココでは書けないので秘めておく(笑




そんな裏目標達成のため、80kを越えてからの闘いが始まった!




続きます








本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m



↑ランキングは抜けてますが、押していただいた数値は(自分だけ)見えます。
ありがとうございます








丹後ウルトラ2015 参戦記 5 〔弥栄地域公民館から碇高原管理事務所(73.8k)まで 編〕

弥栄地域公民館に到着したトコから





預けた荷物を受け取ることができる大エイド



ここに預けた袋の中身は

タオル、補給食予備(ジェル、アミノ酸など)、ペットボトルのお茶

これだけ




過去2回は替えのTシャツやシューズを預けてたけど、時間的にさほど余裕がないわたしとしては着替えてるヒマはないことがわかったので預け荷物は最小限


中でもことし初の試みとしてはペットボトルのお茶を仕込んでおいたこと




ふだんの練習でも自販機でお茶を買って飲むことがある
スポドリよりスッキリとした口当たりが好き




ここでお茶をグイグイ飲んで気分スッキリ
残りをボトルポーチに差し込んだ





特製ばら寿司





IMG_1622.jpg





ど~せエイドで提供するモンだから…

といった手抜き感は一切なく、この地の名物をそのまま再現したな彩りと味覚




おいしく頂きました~




ここでも2杯3杯と欲張ることなく、バナナを補給
今までバナナで失敗したことがないのでいつでもバナナ、飽きずにバナナ


ウルトラはバナナで始まりバナナで終わる!


おかげでゴール後は1週間くらいバナナを食べたくなくなる






弥栄公民館を元気に出発



ここから碇高原までの間に、ブログで事前に発表があったかおりんさんたちのエイドがあるに違いない





今、ばら寿司食べたばかりだけどな~
参ったなぁ~



とかデレデレ想像しながら走れども走れども、しあわせの黄色いTシャツはなかなか見えてこない




あれれ~去年はこのあたりだったハズ…という見覚えのある地点も通過





事前にエイドがどこに現れるかわからなかったので(情報はあったと思いますが)探しながら走った





←60k 100k→

の分岐点にさしかかってもエイドは現れず。。。。





あぁぁぁぁぁまさかの見落としかぁ~?





60k通過が6時間30分





いよいよキツイ上りがはじまったころ…それは突然現れた





しあわせの黄色いぐわT!





IMG_1692.jpg





まず目に飛び込んできたのは超かわいいメイド姿のかおりんさん



ちょ、どこで買ったのそのウェア(笑

超お似合い~~~





さっそくスカートをめくらせてもらう(爆

ちぇ、下はランパンか






準備して頂いたエイドはそれはそれは素晴らしい品揃えだった





IMG_1698.jpg






牛丼食べる~?


ぎゅ、ぎゅーどん!?
ちょ、それは今はぁ…



そんなモンまで準備してたんや~ビックリ




牛丼はちょっと食べられそうになかったのでフルーツとお茶をいただく
とっておきのスイカ(だっけ?)、さっぱりしておいしかった~




そしてマメに働く白い人がおるな~と思ったら…





IMG_1694.jpg


じぇーてぃーさんではアリマセンカ!





サプライズには違いないけど完全になじんでたのでなかなか気がつかなかった~

ロボちゃてぃー練ではお世話になりましたm(_ _)m




そしてなんだか動きがカタイなぁと思ったTHさん、腰の調子が悪かったのですね

そんな厳しいコンデションの中、ありがとうございました


えーかわさん、見るだけで癒されます。そして終盤に助けてもらいます


はじめましてのちょーみんさんおっとーさん、ありがとうございました




勇気&元気満タン!

これが走力以外のロケット③




いよいよ、コース最大の難所、碇高原に突入





33476f.gif





約10kで400m上るんだけど、上り一辺倒でなく一旦下りもあってとにかくキツイ
ここまで順調だったけどここからはそうも行かなさそうだ


こんな細い道もあり徐々に高度を上げていく…





IMG_1629.jpg





こんなん、走るのムリ





IMG_1632.jpg





今までとは違い、相当の時間を要した


飛騨高山より累計標高が少ないからイージーなコースかと錯覚してしまうけど、ここ碇高原の坂は別問題
千光寺の坂はキツイけど2k弱でサクッと終わるしね…




一方碇高原は上れども上れども…まだ坂(泣


カブトムシさんが激闘したトンネルを越えたころ、走れなくなってついに歩いた


以後、ゆるい坂も上れなくなって歩きメインに


弱いなぁ~自分の弱い部分が出てるわ
自分の弱い部分と向き合い、もくもくと歩く(時々走る





ようやく70k通過、時間は確か8時間ジャスト





IMG_1633.jpg






70kから第3関門はすぐのイメージだったが3.8kもあった
この距離がやたら長く感じる





IMG_1636.jpg






ようやく碇高原管理事務所エイド到着



時間は午後1時20分


60kから74kまでの14kに2時間20分も要した計算になる



長~ぃ時間、山ン中にいた気がしたけど、長いわけだわ(汗









続きます







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m



↑ランキングは抜けてますが、押していただいた数値は(自分だけ)見えます。
ありがとうございます




丹後ウルトラ2015 参戦記 4 〔海山園から弥栄地域公民館(56.0k)まで 編〕

第1関門(海山園)を通過したトコから





第1関門~第2関門の間が丹後ウルトラ最大の豪華エイド密集地帯



なにせ


44.4k 浅茂川漁港 特製うどん
51.8k 食のみやこ 特製パン
56.0k 弥栄地域公民館 ばら寿司


…と、20kあまりの区間に楽しみな炭水化物が次々に現れる豪華エイドの嵐
こりゃーたまりませんワ♡




まずは復路の七竜峠にさしかかる前、tenkoさんの応援ポイントを楽しみに進む

あ、ここは確かだれやねんさんと併走区間だった




一瞬、強い雨がザーッと降ってきたので、てんちゃん居るかなぁ~雨だったから避難してて欲しい…でも居て欲しいという複雑な心境でゆるゆる進んでいると…発見!



往路と一緒の場所で応援してもらいました!

そして約束の(?)ハグ!

汗くさいし雨で濡れてるのにご迷惑かけましたm(_ _)m



てんちゃんに応援していただくの、実は3回目(フフフ




一昨年の丹後ウルトラ、ほぼボッチ参加だったわたしが目にしたのは応援のチカラ
フルでもそうだけど、長丁場のウルトラなら一層応援のチカラを感じる
以後沿道で応援してくれる人の声援はすべて自分に向けられてると思って進むことにしている


実はこれが今回の実力以上に走るロケット1段目




今まで横断幕や幟に自分の名前があったらテンションアガルだろうなぁ~
と横目で見ながらウラヤマシク思ってたのも事実…



それが!
こんな立派な幟に見守られて走れるなんてシアワセ!





IMG_1687.jpg



この場を借りて御礼申し上げます
ありがとうございます!





てんちゃんと熱い(クサイ)ハグを交わし、浜詰駐車場エイドを補給のみで通過
ここには常設トイレがあるが、次の小天橋のトイレを狙おうと思った




丹後も3回目ともなれば、常設の(キレイな)トイレがどこにあるか頭に入っている
フフフ…苦手とする仮設トイレを使わずにすむんだよ(知らんわ



少なくとも前半に5ヶ所、後半3ヶ所を把握しているのでまずトイレに困ることはない(緊急時を除く




狙いどおり、小天橋のトイレは空いていてキレイだった
しかも狙ってないまで完了
(聞いてないわ





身も心もスッキリして復路の七竜峠へGO!


七竜峠は往路より復路のほうが傾斜がキツイと思う(M比)けど、復路だって走って上るぜいっ





多少のゼイハァはあったものの、スンナリ頂上到着~
アレ、ホントに七竜峠って小っさ…(略





展望台エイドで黒糖以外を補給し、リ・スタート
休憩時間は1分もないくらい
好調を維持している



復路の七竜峠もはじめ上って一旦下る、そしてまたチョット上って下るんだけど、このチョットの坂にさしかかった時、どこかのランニングクラブの応援の人がチーム員と思しきランナーに



「上りは歩いていいよ!温存するつもりで!」

と声をかけていた





これをチラ聞きしてしまったM、なぁんだ~歩いていいんだぁ!とアッサリ歩く




0aa9a993.jpg




せっかくここまで一歩も歩かず走ってきたのになんという意志の弱さ
(他人に流されやすいとも言う



テクテク歩いていると2段目の坂なんてアッちゅー間だからすぐに下り登場




下りは苦手だしぃ…とかドタドタ下っていると42.195k地点通過


タイムは4時間25分
マジか (゚Д゚)



去年の京都マラソンより速いやん
今さらながら、京都はなんだったんだ…



え~っと、このペースだと50kはどのくらいで通過できるかな?



……




疲れを感じてはいなかったがやはり40k以上走ってきた脳ミソは正直


ん~よくわからん!

という結論に達する(爆





とにかく前に進んでさえいればゴールできる
いしきちさんプレゼンツ!




今回特に意識したわけではないのだが、距離について考えるとき残り距離をあまり考えずに走れたことが良かったように思う


つまり40k走ったらあと60kなんだけど、残りの距離を考えずに次の41kに向かって走るカンジ



引き算でなく足し算
ウルトラでは加算方式のほうが精神的にラクなように感じる
(わたしのバアイ





さて浅茂川漁港エイド到着~


ガードレールにはアレ





IMG_1689.jpg




俄然パワー出ますワ






地元学生がハイタッチで迎えてくれる Yeah~



楽しみにしていたうどん♡





IMG_1619.jpg





ザ・素うどんなのだが、これがウマイ!






調子に乗って2杯3杯…は自粛して鉄板のバナナを補給


今回の補給計画として20kごとに摂取しようと思っていたアミノ酸、やっぱり最初の20kは飲み忘れた



やや遅きに失した感があるがここで1回目のアミノタイム!




袋の上部を切ろうと思ったらうまく切れない
仕方なく縦方向に破ることにした



すると…チカラの入り加減がマズかったのか、袋がパーティあけ状態に…ジャァァァ



当然、内容物のアミノ酸は3割ほどが地面に落下(アアアア…




やはりフル以上の距離を走るとふだんの何でもない行動にも支障が出るようだ(笑


仕方なく残った顆粒をスポドリで流し込んで再スタート




…の前に、ストレッチしてたらえいたろうさんにパスされる




むむっ
13時間斬りが目標のハズのえいたろうさん


ここで一緒になるってことはまだまだわたしも大丈夫だな、うん
(↑ペース表忘れたなんて知らない




浅茂川漁港を出て視界の端にえいたろうさんを捉えながら走る


追いつきそうでなかなか追いつかない




島津エイドあたりで補給してるえいたろうさんをパス

この後も抜きつ抜かれつのバトル(?)を繰り返すことに…笑





50k通過が5時間20分


え?マジ

わたしの非公認50kベスト5時間13分




それからすれば、上出来じゃない?
七竜峠を往復したのに

豪華エイドも楽しんだのに



これなら13時間、イケルかも(フフフ




欲が出そうだったがここはガマンガマン



そんな夢、一瞬気を抜けばフッ飛ぶことくらいは学習済みだ
淡々と次の1kを目指す




丹後王国「食のみやこ」への入り方が変更となり、選手のすれ違い区間がなくなった

これはこれで…ワンウエィでいいかも…





ここでトイレ②

またもや完了~
(誰も聞いてない







特製パン





IMG_1702.jpg








特別提供のDNSドリンクをいただく
あ…赤い…



味はいいけど、名前がチョットね
ランナーウケを狙うならマズイんじゃね?とかいらぬ心配をしてみる





身も心もスッキリしてエイド発





50kをすぎてもまだ行けそうなら碇高原手前までキロ6維持
これが第2プラン


脚は疲れてきてるものの、まだまだイケそうだ


ここで走力以外のロケット第2弾


名づけて”富士山DNFロケット〝




8合目
頂上が見えてるのに引き返した悔しさを思い出せ!


アンタ富士山に嫌われ、丹後にも嫌われていいのか?




自らを奮い立たせる


ゆるゆる歩きたいけどガマンして走る





このロケットは強力!




…なのはいいけど、チョット暗いのがネック(笑






いつもウルトラ後半は甘えが出て歩く場面が増えるのだが、今回は自分の限界を越えるつもりだったので、逝けるとこまでイク、そう決めていた




果たして限界はどこ?
自分でも限界値はわからない
今まで限界まで行ったことないから



レース中、脚が攣るほど追い込みたい




けど、攣らないなぁ
塩分豊富なのか?笑
塩熱サプリは2ヶ飲んだだけなのに…






そして弥栄地域公民館到着~





IMG_1624.jpg





ここまで6時間8分
順調スギル



次に控えるは丹後最大の難所、碇高原
気を引き締めて中盤もガンバロ






続きます







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m



↑ランキングは抜けてますが、押していただいた数値は(自分だけ)見えます。
ありがとうございます




丹後ウルトラ2015 参戦記 3 〔スタートから海山園(30.1k)まで 編〕

いよいよスタート




スタートロスは約2分
これは想定内
まっ暗闇の中をシューズが地面を蹴るザッザッザッという音だけがあたりに響く



そして毎年のことだが、スタート付近は早朝にも関わらず多くの人が応援してくれる



”行ってらっしゃ~ぃ”
”がんばって~”



応援はすべて自分に向けられてると思いこむ
そしてすべてを前へ進むチカラに替える

もちろん、応援の人にはできるだけ手を振って進む




去年までは序盤から選手をかきわけるように縫って走ったが、ことしは違う(フフフ



焦って前へ出て行かなくても周囲のスペースに余裕のある時間帯が必ずくるからね

それを焦らずじっと待つのだ~大人になったなぁ(知らんわ




丹後はスタートしてすぐ、約2k付近から上りが始まる

飛騨高山ウルトラでいえば古い街並みが現れる前に美女峠がそびえてるイメージ
(↑伝わる?




上りが始まっても当然まだあたりはまっ暗だ

まっ暗な中を徐々に高度を上げていく




確か去年は往路の七竜峠も歩いた覚えだけど、今年はひと味違うぜいっ
ゆっくりでいいからとにかく往路は走ろうと思った



丹後は3回目の参戦だからコースも覚えている
1度上ってすこし下る、そしてまた上るだったよね~


とか思っていると早くも最初の磯エイド到着





この磯エイドの手前左側に広めの空き地があるんだけど、毎年男性ランナーの立ちションが見られる
しかも大勢の


スタート前に済ませられなかったのか(あえて済ませなかったのか)知らないけど、マナー違反だし地元の人に失礼だわ




飛騨高山の時に炸裂した立ちションバスターズを発動しようと思ったけど、いかんせん人数が多すぎる



立ちションヤロー全員が束になって

ナニが悪いんじゃ
悔しかったらテメーもしてみろゃ ゴルァ


とかスゴまれたらヤなので泣く泣くスルー




大会関係者の皆さま、アレなんとかなりませんか?
毎年必ずいますから、立ちションヤローが
見張りを立てるとか対策をお願いします m(_ _)m





磯エイドはスルーして七竜峠頂上の展望台エイドを目指す


ふたつみっつ、キツイ上りをクリアすると…あっけなく頂上到着


マジか…七竜峠、こんなあっけなかったっけ?
まさか標高が小っさなった?んなワケない




エイドで定番のバナナ、それと…
黒糖のカタマリ見っけ!


黒糖、好きなんだよね~♪



一つ、口の中に放り込むと…
この日に治療したトコに黒糖がビッシリと貼り付いてしまった


マジか…(゚Д゚)
治療して仮埋めしてあるとこはザラザラになってる
そこにくっついちゃうとは…


気持ち悪いわ ゴルァ
↑アンタが悪い




前歯の裏にくっついた黒糖がザラついて気持ち悪くて、ああぁ~もぅ…ガッカリ…と思っていたら下り終了
マジか…七竜峠、小っさ…(略





IMG_1688.jpg





徐々に明るくなるのがこのあたり






浜詰駐車場エイドあたりのコースが変わり、海岸線を走れるようになったのはステキ(一瞬だけど
このあたりでノンビリ写真を撮ってたラピ夫をパスしたのはナイショだ


いいリズムで走ってる時には写真など撮らないのだ~(意味不明





七竜峠をクリアしたら夕日ケ浦の温泉街


tenkoさんの横断幕を探しながら走っていると…  


あった!





IMG_1687.jpg





tenkoさん、ことしもありがとうございます!
元気&勇気が出ました!


そして復路はハグするんだもぉ~ん♪






浜詰駐車場からくみはまSANKAIKANへと向かう途中、前方を走るだれやねんさんをロックオン


元気そうに沿道の応援に手を振ってる
走力からして一緒に走ることはまずないと思ってたのだが、調子悪いのか?
しかしその正装で走るのって大変そうだなぁ



しばし併走させていただく
30kまではガンバル、と伝える
これは正直なところ、本大会最大の目標だから
30kまで順調に行けば、あとはなんとかなると思っていた


併走して思ったこと…
正装のメリットとしては、常に見られてる感じがするので手が抜けない(笑
ましてやブアイソーな顔なんてできない
だってプーさんだから


デメリットは…
雨が降ったら水を吸って重たくなることかな




実際だれやねんさんと併走中、わりあいしっかりした雨が降ってきた
雨粒がバチバチとカラダに当たるのがわかるくらいだ




雨で濡れた路面を走っている時、ふだんなら何でもない道路の凸凹でシューズの中で足がすべった
アッと思ったが遅かった
どうやら右親指のツメが逝ったかマメができたようだ
幸い、痛みはない


このあたり、痛みに対して耐性ができたのかツメ1本くらいどーってことないと脳が割り切ったのか、痛みが出ないのはありがたい




走るのに支障はないのでペース維持
30kまではキロ6維持が目標だった


まさか雨パパ襲来…と思ったが、雨雲は徐々に去ってひとまずはホッ





30kまでエイドでの休憩は1分以内、と決めてたのでトイレに行っただれやねんさんとは別れてひとり旅


ここまでトイレにも行かず順調だ




去年は足が痛くて靴ひもを締め直した磯辺神社エイドもバナナだけ補給して即出発





IMG_1623.jpg





自分で撮った写真は食べ物ばっかだ(笑





第1関門の海山園(30.1k)到着は7時38分ころ
到着予定時間が7時47分だからほぼ予定どおり
30kからはエイドでの滞在は2分に延長♡
ブラボー



次なる目標は50kを6時間以内
これをクリアすれば終盤歩いても13時間切りが見えてくる


幸い脚はまだまだ動く



イケルトコまで逝ったるがゃ~





続きます







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m



↑ランキングは抜けてますが、押していただいた数値は(自分だけ)見えます。
ありがとうございます





プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ村