スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹後ウルトラ2014 参戦記 7 「七竜峠展望台エイドから浅茂川漁港エイド(44.3k)まで」 編

復路の七竜峠を攻略し、やっとこさ下り区間に入って間もななく
痛かった左足のツメに加えて、右足親指のツメも故障リスト入り



右足親指はチャレ富士で痛めたところ
ようやく古いツメの下から赤ちゃんツメが生えてきたところだったのに




マジか…




赤ちゃんツメも殺すのか?
丹後ウルトラって容赦ないな…

生えかけなのにまた死んだらどうなる?
次、下の下からまた生えてくるの?



新たな痛みと不安に襲われる




昨年は復路の七竜峠下りで、左足裏に巨大マメをこしらえ、以後のレースで苦しんだ
ことしは早くも両足のツメに大ダメージ




やはり無傷では完走させてくれないようだ






走りながら脳内観察

左足が重傷、右は軽傷の模様





踏み出す一歩ごとに痛みが突き刺してくる




下りはラクだけど、早く終わらないかなぁ、と願いながら進んだ

痛くて下りでも走れなかったので、気晴らしに1枚





1 019





雄大な日本海が美しい

イルカいないかなーと目をこらしたが発見できなかった






下り坂の途中で42.195kの表示を通過



ツメは痛いけど、全体的にはまだまだ元気


なにせ42.195kなんて@いう間







ようやく念願の浅茂川漁港エイド到着



その前に巨大横断幕前で応援していたえむさんを探す




発見!



「えむさんですよね、応援ありがとうございます!」



元気にあいさつ






そしてついに見つけた!



tenkoさんプレゼンツ 大横断幕





1 021





ありがとうございます!
元気出ました!










大エイドだけに、ランナーもいっぱい
マッサージサービスもあった





1 024








楽しみにしていたうどんをいただく





IMG_0428.jpg





WS000511.jpg





単なる具ナシうどん(失礼すぎる)なのにメチャうま





かぶり水コーナーに人が群がっている

ここまで不思議とまったく暑さは感じなかった
汗はかけているので体温調節に失敗してるというわけでもない


この日の最高気温は24.2°
37°の炎天下で練習してきたので、この程度なら暑いと感じない


8月の暑い中練習してきた成果があったな、と思った



暑さについては終盤までほぼ感じず

皆さんのマネして数回腕に水をかけてみたりしたけど、特にこれがなければ進めない、というほどでもなかった





やはり暑さには強い








フルの距離を越えてきたので丁寧にストレッチ

和式トイレストレッチも忘れずに、と





ここまで持ってきたジェルは手つかずで残っている
エイド食で間にあえば、それでヨシ

昨年はジェル重視だったが、ことしはそれをやめてみようと思った
エイドでの食べ物が受けつけなくなったらジェルに移行する予定だった



結局ゴールまで胃腸はなんともなく、エイドでの食事をずっと楽しむことができた





足ツメは気になるが、シューズを脱いで確認する気にはなれない



想像以上に、トンデモナイ状況になってたら‥

ゴールまで知らないほうがいいこともあるさ、と言い聞かせた



幸い、シューズにしみ出るほどの出血はないようだ






まだ行ける、そう奮い立たせてエイドを後にした





続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m
スポンサーサイト

丹後ウルトラ2014 参戦記 6 「第1関門から復路の七竜峠展望台エイド(39.1k)まで」 編

第1関門を余裕でクリアし(←自分比)復路の浜詰駐車場エイド(34.8k)到着


ここでもトイレ(小)



補給、給水、ストレッチ

ストレッチは早い段階から念入りにやった
わたしの場合、ウルトラ後半では前太もも、股関節の筋肉がカッチカチに固まってしまう


あと、50k走の時にわかったのが背中と腰のハリ



前モモ、股関節、背中、腰の筋肉を一度に伸ばせるストレッチとして考えたのが…




1 まず道路脇のガードレールや標識、なんでもいいので固定されたものを探す
2 足は肩幅よりちょっと広めに開き、腕を伸ばしてガードレールなどにつかまる
3 その状態から足裏が地面から離れないようヒザを曲げ、ついでに肩、腰、背中をぐぅぅぅーと伸ばす



ホラ、なにかにつかまって和式トイレでがんばる姿に酷似…






名づけて






WS000616.jpg






これだと、いきなり膝屈伸をするより膝にかかる負荷が少ない
ついでに背中や腰も伸ばせて気持ちいい



ただ、やってる格好はイマイチ(残念




仕上げに何回か立つしゃがむを繰り返せばリセット完了





これはエイドで止まるごと、信号待ちごとにこまめにやった

後半まで太ももを温存するための作戦
割と効果があった気がする






そして復路のtenkoさん応援エイドに到着





わたしは気づいてなかったが…






2014092022081080e.jpg





こんなステキな写真を撮ってもらった
(右側の黄色いほう


本当にありがとうございます m(_ _)m




tenkoさんと本日2度目のご挨拶
またまた元気をもらい、ラップもアゲアゲで七竜峠の復路へ向かう





復路の七竜峠は走る・歩くをまぜながら進む

ここでもまたパラパラと雨が降ってきた…




雨パ……

じゃなかった、ひよパパさんもまだ七竜峠だろうか…




上りに備えてお腹にチカラを入れてたら…


入れたら?








Heが出た(プッ






これはマズイ…



まわりはランナーでいっぱい


なんとかHeに気づかれないよう、あらかじめ考えてきた対策を打ちだす






まず、わざとシューズをズッた走りをして、音をかき消す準備をしておく

機が熟してきたら、シューズの音に合わせて ブッブップッププー





ふふふ…

そう、ことしは1回分のHeを数回に分ける術を身につけたのだよ
(なんのハナシ?





それと、久見浜湾の周辺では空砲のような乾いた音が不定期に鳴り響いていたのでこれを活用
(鹿よけだろうか?


パァ~ンという乾いた音




コレに(できるだけ)あわせてプッププー
ブッブップス〜





Heをするにもあらゆる技術と工夫が大切(キリッ





昨年はHeに悩まされた丹後であったが、バージョンアップした今年は腹圧の調整に悩むことなく調子はバツグンだった






ただ、まわりのランナーは迷惑だっただろうなぁ…
音は消せてもニ○イまでは…ねぇ…
ゴメンナサイ m(_ _)m








峠を越えて下ったら、
うどん♪うどん♪うどん♪うどん♪





浅茂川漁港のうどんサービスを楽しみにがんばる




ツメの痛みは忘れようがないけど、どうやら下りよりはマシのようだ



峠道ではなぜか選手が右へ左へと蛇行しながらコースをたどる

でも何も考えずに道路左側を愚直に走る
あっちへこっちへと進路変更するのが足つめに響く、ってのもあったけど、コース取りを決めて走ってる方が考えることが少なくていい


端っこを走るのがスキ♡





そもそも、本レースは左側走行が基本なんだけど(汗






ようやく復路の七竜峠展望台エイド到着(39.1k)




ここからは下りダ!


左足親指のツメは痛いけど、走れるところはきちんと走らないと!
痛いのは気のせい!






元気よく走りはじめた…
そしてすぐ…











右足親指のツメが逝った……




マジか…




アンタ(右足)もか!





続きます







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

丹後ウルトラ2014 参戦記 5 「七竜峠展望台エイドから第1関門(29.8k)まで」 編

七竜峠展望台エイドに到着



ここまではどこも痛くないし順調そのもの
いつもの練習でも、この程度の距離でどこか痛くなるようなことはないからマダマダ痛みに対する不安もない






展望台エイドを越えたら浜詰駐車場エイドまでほぼ下り





ee8a3c59.jpg


(提供:たーはるスポーツ)





下りは元気よく走る
できるだけ太ももにブレーキをかけないよう、注意しながら

終盤、太ももがバカになるのはわかっているので、できるだけ太もも温存ラン


着地の静かなネコのような走りを心がける


でも一部上り区間もあったりして油断はならない
走れない坂でないからゆっくりでも上る




七竜峠の下りで異変発生



どうやら爪が逝ったっぽいのだ



しかも今まであまり経験のない親指


黒ツメはさんざん経験してるから驚くようなことではないけど、今回のはチョット様子がおかしい感じ




足つめの2本や3本、持って逝けや 
ゴルァ (゚Д゚)
無傷で完走できるなんて、始めっから思っとらんわ ゴルァ (゚Д゚)


と最初は威勢よかったが、徐々に痛みが増してくる









ズキズキ…ズキズキ…




から始まって




ズキズキ…ズキズキ





ズキズキ…ズキズキ






ズキズキ…ズキズキ







もう無視はできないレベル



左足の靴ひもの締めが甘かったのか、シューズの中で足が動いてる気がする

親指がマトモにシューズの先に当たってるのだ





マジか…



こんなところでもうこんなに痛いの?

この先どうなんの?汗



残り距離をこの痛みとつきあうのかと思うと、げっそりする




なんとかかんとか痛いのをやり過ごしながら往路の七竜峠を越えた

ここまで約10k 1時間4分





ほぼ予定どおり





tenkoさんの最初の応援ポイントは夕日ケ浦の温泉街だったはず…と思い出しながら走っていると…




発見!


ドナルドのかぶりもの、手に応援うちわ


間違いない、tenkoさんダ




チャレ富士ではスルーしたんだった(汗



今回はガッチリ握手


「まちゃです。応援ありがとうございます」


と元気で言えた!





立派な幟、ありがとうございます





20140907220850a52.jpg



(提供:tenkoスポーツ)






ホントに応援ありがとうございました。元気でました
わたしにもうちょっと走力があったら、この幟を背中に差して足軽みたいに走りたいくらいです






tenkoさんと別れ、得意の(?)平地が現れたのでしっかり走る
キロ6を少し切るくらい



平地と上りではあまり痛みを感じないが、ちょっとした下りでも足つめに激痛が走る


着地を変えてみたりするも痛みの改善には至らない


どうしたものか…と思案しながら走る




浜詰駐車場のトイレが空いていたので立ち寄り(小)


スポドリ補給、軽くストレッチ



再スタートにかかる時間は1分程度






昨年はトイレでお世話になったくみはまSANKAIKANエイドは補給のみ

コンソメスープ?だったかな
あたたかいスープをいただく


ここにはポテチあったっけ?
記憶が定かでないが、エイドのポテチが最高だった


絶妙の塩気と食感



油で揚げてあるのも全く気にならない



エイドでポテチを見つけたら、必ずいただいた




ここでもエイド滞在時間は1分程度

元気にリスタート





おだやかな久見浜湾の周りをたんたんと走る





8896dfe4.jpg





昨年はこのあたりからもう本降りだったなァ…

爪が痛いけど平地だからまだマシ




心肺はまったくツラクない



快適走行速度のキロ6巡航だから、なにも考えずオートマチックで走る



でもツメの痛みが気になる



靴ひもを締めなおしたら多少よくなるのでは?という思いがよぎる
しかし、靴ひもを一度ゆるめて締め直したら3分くらいはかかるはず


これをロスとみるか、残り距離を考えて締め直すのが得策か‥





しばし逡巡しながら磯辺神社エイド到着


3分を犠牲にしてでも今後の走りが改善する方を選んだ






道ばたに腰をおろし、靴ひもを締め直す





やはりさっきまでは緩かったようだ
締め直したことで、シューズが足にしっかりついてくる感じがする



もそもそと動く感じがしない




行ける!そう思った






第1関門である旧大阪府立臨海学校跡地(29.8k)到着はスタートから3時間17分


50k走ベスト時には及ばないが、想定の範囲内だった




続きます






本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

丹後ウルトラ2014 参戦記 4 「スタートから七竜峠展望台エイド(6.9k)まで」 編

いよいよスタート



ことしはスタート地点が変更となった
昨年はアミティ丹後前の広場からスタートだったが、ことしはアミティに接続する一般道路からのスタート




参加者が増加したうえ、スタートゲートの幅が狭いのでなかなか選手の列が動かない





770f2876-s.jpg


(提供:たーはるスポーツ)




黄色いぼんぼりがスタートゲート
明らかに狭い…




ゲート付近のひな壇から大会ゲストのはるな愛が手を振ってる
ガラガラ声で「行ってらっしゃ~いぃ」とおねぇらしく愛想を振りまく





46a1ba8e.jpg





はるな愛とハイタッチを求めるランナーが集中するため渋滞を引き起こし、なかなか前へと進まない


あの…皆さんわかってると思うけど、あの人は男だよ、オトコ




オトコ(おカマ)とハイタッチを熱烈希望?



ないわ~
さっさと前に進めばいいのに、鼻の下伸ばしたランナーがいちいち止まるもんだから、渋滞がなかなか解消しない




見た目はかわいい?かもしれないけどさぁ…皆さんとほぼおなじの男だしさぁ…




男(大西賢示)に群がるランナーを横目で見ながらスタートマットを踏んだ





さぁいよいよダ


スタートロスは約3分





最初にある程度心拍を上げた方が走りやすいので、やや速めのペースで入る

速いと言ってもキロ6をすこし切るくらい




最初のうちはランナーも多くて走りづらい
ウルトラだから交通規制はされてないはずだが、京丹後の中心街を道幅いっぱいに広がって走る


スタートは朝4時30分にも関わらず、沿道にはたくさんの応援の皆さんがいる
声援を受けて気持ちよく走る



「がんばって~」
「行ってらっしゃ~い」


この瞬間がスキだ



応援に手を振りながら進む




エイドのスタッフや応援してくれる人にはできるだけ笑顔で応じる
これも今回の丹後に臨むにあたって決めていたこと



声援を送ってくれる人には目を見てあいさつ

すると必ず笑顔が返ってくる




岩本コーチの本にもあるように、サポーターは自分を写す鏡
目の前の相手を笑顔にすることで結果的に自分も元気になれる
エイドのボランティアスタッフなどが元気なさそうに見えるときは自分の元気がない証拠



できるだけ周りの人も元気になってもらえるよう声をだしながら走った






スタートしてすぐ思ったこと…


コースを覚えている!




昨年は悪天候のうえ走りきることで精一杯で、景色なんてほぼ見てないと思ったが、意外とコースを覚えていた
カラダで覚えるってこうゆことかな



これは終盤までかなり役に立った



坂道が終わるように見えてマダマダ続くぞ、とか
ここを過ぎたらエイドだ、とか





静の里を通過して、さっそく七竜峠にさしかかる


往路はゆっくりでいいから走って上がろうと思った



ランナーのシューズが着地する、ザッザッザッザッという音だけが響く世界





七竜峠をえっこらえっこら上がっている時、女性の声で「まちゃさん!」と声をかけられた




誰?と振り返ったら、なんとゆるりんさん





きのうからずっと熱望してたのになかなかお目にかかれず…
なぜか、こんなところで念願かなう


前日とは打ってかわって、軽快なゆるりんさん!




水を得たサカナのように喜々として走りゆく姿がまぶしかった




不意をつかれたのでマトモなご挨拶ができず、





WS000451.jpg





↑ うーぱぱさんに応援していただいたチャレ富士の時とおなじ




コチラがのっしのっし坂を上がってるにもかかわらず、ゆるりんさん(とたぶんbgさん)はさっそうと坂道を上がっていった


そして見えなくなった




あの…
ここ坂道ですよ


と教えてあげたくなるほど、軽快な走りだった



序盤とはいえ、こちらはえっちらおっちら上るしかない坂道
それをさっそうと平地のごとく上っていく…



これがUTMFフィニッシャーか



走力の違いってこうゆことね、と妙に納得した





このすこし後、キーキさんにもブチ抜かれる



キーキさんは「坂はまだあるの~」とか不満顔…でも速い
坂は展望台のエイドまで続くはずだから、あと2~3kあるはず



ここでもコース把握は役に立ってる



コースを知っていると、無駄に期待しないし冷静でいられる




ドンドン抜かれても気にしない

いいさいいさ。ドンドン抜いて行ってくださいよ、の心境





自分のペースを守ってたんたんと走るだけ


煽られて(?)ペースアップしたり、走れるのにズルして歩いたりしないのが今レースの一つの目標




自分自身をコントロールする
決めたプランをきちんとトレースする



そんなことを自分自身に言い聞かせながら七竜峠展望台エイドに到着





ここまではどこも痛くなく順調だった

でもどこも痛くないのはここまでだった



七竜峠展望台エイドまでが約7k

…ということは、残りの距離(約93k)は痛いキツイツライの連続だった







続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

【勝利の美酒】

2014丹後ウルトラマラソンに参加するブログ村の仲間たちの間で、グループ対決が実施されました。
対抗戦の詳細はコチラ

両チームが死力を尽くした闘いの結果…

ウチ(チームB)が勝ちました 
( ゚∀゚)ワハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


勝利チームには罰など必要ないのですが、有志で負けチームの罰ゲームにのっかることにしました。
皆様のブログ村をお見苦しい文章でお騒がせしまして、誠に申し訳ありません。
どうか寛大な心をもってご覧頂ければ幸いです。




はじまり ↓ ↓ ↓




Mといえば…低出力にも関わらずウルトラマラソン3戦してすべて完走


しぶとくウルトラを走りきる秘策をずぅずうしくも披露する




今回、はるばる丹後までサプライズ応援に駆けつけてくださったえーかわさんの分析によれば、




丹後100kmを完走するにはフルをある程度のタイムで走れるスピードがあるか、もしくは超長距離に特化して強い走りのどちらかが無いと駄目だという気がしました。

前者でいえばフルでサブ4。しかもギリギリのサブ4ではなくて何があってもサブ4は切れるというぐらいの走力が必要。

後者で完走を目指すなら1回あたりのランニングの距離を増やして月間走行距離もかなりの距離を走って距離適性で勝負する。






わたしの場合、どちらにも該当しない気がする…



サブ4は獲ってるけどギリギリだし京都は撃沈だし



月間走行距離に至っては、公表するのも恥ずかしいレベル…
長距離適正ってあるの?ってカンジ




そんなMが恥ずかしげもなく語る、ウルトラ完走の秘策…


多少 だいぶ上から目線の部分の記述があるかもしれない
それはそれ、まぁ今回は勝者なので…お許し…ください …m(_ _)mスミマセン


但しこのプランはあくまで制限時間内完走が目的のランナー対象であり、サブテンや10時間台を目指す方にはまったく参考になりません。アシカラズ








1 月間走行距離 250k


ウルトラ前の3ヶ月で1000kの走り込み(キリッ
そんな基準をときどき目にする


わたしの場合、とてもじゃないがそんな距離を走ってない
今回の丹後ウルトラの場合、月間走行距離は250k程度×3


内訳は50k走1回、30kが3回で計140k
あとは10~20k程度をなんどか走れば250k程度なら無理なく達成



できれば5kとか8kとかをチョイチョイ走るのではなく、ゆっくり長い距離を走る回数を増やした方がウルトラ的には効果的かも




ここでフト思い出したこと…


「チョット10kだけ走ってきた、って言ったらアカンでぇ~He○taiに思われるw」


丹後の応援に来てくださったかおりんさんにクギ刺されたんだった…(汗



10kってチョットじゃないっけ?




走る回数は月15回程度で、週5とか毎日は走らない
だってヒザは消耗品だから


まさに名言


無理して月間走行距離にこだわらなくてもいいのでは、と思う



…と書きながら次レースでは心配になってコッソリ距離を伸ばすかもだけど




あくまで「もうチョット走りたい」ってとこで練習を終えておくことで、次もまた走りたくなる(ハズ








2 快適走行速度を見つける


ウルトラランナーなら理解できると思うが、この速度ならどれだけでも走れそう、という快適走行速度がある
季節外れさんの受け売り(←サブテンの偉人


心肺も脚もツラくない、どこまでも走って行けそうな至福のオートマチック感
実際は永遠に走り続けられず、途中で失速するのだが


この「快適走行速度」で延々走り続ける練習をする


レースペースもこの快適速度をベースにする



わたしの場合、快適速度はキロ6
今回の丹後では前半のラップがキロ6弱
終盤も歩き区間を除いて、キロ6分半程度を維持することができた




…じゃあ、なんでそんなにゴールタイムが遅いの?



理由はカンタン




中盤、終盤とレースが進むにつれ、エイドでの休憩時間が長くなるため



補給やストレッチ、気分転換など、エイドでの作業項目は多い


終盤はとくに、一旦脚を止めると次に走りだすのに時間がかかりがち


これは裏を返すとエイドでの滞在時間を短縮できればもうすこし記録短縮できるのでは、という可能性を秘めている



レース終盤、エイドでの休憩は長くなりつつも、走れる区間ではキロ6を切ってたので、この快適速度の維持ってのはレースを組み立てる上で重要だなぁと思った


ウルトラだから、ってことでキロ6で走れるのに故意にキロ7とか7分半とかに落とさなくていいのかな、と思う
わたし程度の走力でもキロ6維持で100kまで行けるから
(ただし、坂道は除くw




走行速度が遅ければ、それだけエイドでの休憩時間が削られる
復活する前にリスタートを余儀なくされるので、疲労が蓄積する


速めで走って(あくまで自分比w)余った時間はエイドでの復活時間に当てられるし、休憩不要ならもっと先へ進める








3 気持ちを切らさず走る練習


30k走る、と決めて家を出ても、途中で辛くて歩いてしまったり距離を短縮して帰りたくなる



そこを我慢してスピードが落ちても走り続ける



我慢我慢我慢我慢…



…てなんの苦行ですか?と思うときもしばしば





でも不思議

ゆっくりでも走り続けたら、少しずつ走れるようになるんだな



ウルトラでは復活がある、というけど、まさにそれを体感する時
レースではこの粘りが生きてきて、少々キツイ場面でも走り続けるとしばらくしてまた走れる区間がやってくる



これをなんどか繰り返しつつ前に進んだら、完走が見えてくる(ハズ)










とまぁ、秘策にもならない秘策だった…





今回のチーム戦は



チームA 13時間19分29秒
チームB 12時間43分03秒


みごと我がチームBが勝利したわけだが、じぶんのタイムではチームの勝利に全く貢献できず、平均値を押し下げる役割にしかなってない…





来年こそ気持ちよく勝ちますゎ






敗者的勝者にも関わらずエラソーなことを語れないのは重々承知だが、この秘策がウルトラ参戦を迷ってるえーかわさんの背中を押す材料になれば!との願いを込めてアップします




えーかわさん、一緒に感動の涙しましょう
丹後でね♡







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

アクトスリレーマラソン レポ

丹後参戦記の途中ですが、6日(土)に参加したアクトス6時間リレーマラソンのレポです





職場の走友会に加入しているが、この会最大にして唯一のイベントがアクトス6時間リレーマラソン
名古屋ウイメンズのスタート&ゴール地点でもあるナゴヤドームの敷地内に設定された1周2kのコースを襷をつないでリレーする





WS000613.jpg





我が走友会からは3チームがエントリ
1チーム3~10人までの参加が認められていたが、ウチのチームは7人構成だった




はじめまして、の方がほとんどの中、同期入社の友人(ジョシ)も参加
この同期は、同じく6日前の丹後ウルトラに参戦し、見事60kを完走した Hentai ツワモノである




おなじチームで走るメンバーに、「速く走れません宣言」をしたのだが、
「大丈夫、大丈夫♡」
と言われますます不安になる


こうゆ時の大丈夫って、たいがい大丈夫でないことが多い(汗






今回のリレーマラソンは16,204名(2,120チーム)が参加、広いナゴヤドームがほぼ人で埋まっている





昨年の参加者に聞くと、コース上もさることながらリレーゾーンは大混雑するらしい
各チームのタスキリレーはゼッケンに表記されたアルファベットのエリアで行う
ウチはBゾーン
これを覚えておかないと、次走者が見つからず迷子になる
実際、迷子になって館内(ドーム内)放送がなんどもかかっていた…






更衣室にも行かず、ジョシの前で堂々と着替える参加者たち




こちらも遠慮なくみさせてもらうょ(パンツのガラとか






あの…



着替え終わった参加者たち…





ほとんどランパン&ランシャツ姿なんですけど (゚Д゚)





WS000614.jpg





こうゆうの







ヤル気だ…この人たち、マジでヤル気だ






一瞬、間違えたとこに来てしまった!とも思ったが、「大丈夫」って太鼓判も押されてるので、こちらはできる範囲でがんばることに





午前10時 レース開始
わたしは最終走者の7番手
しばらくはヒマである
ドーム内の観覧席にどっかり腰をおろし高見の見物といくか
それともなんか食べるか…
なんて思っていたら




アッというまに第1走者が帰還



マジか…タイムは…?




ハァハァ…5分40…ッス





は?

あの、1キロじゃないよね。1周(2k)ですよね、当たり前だけど




わたし、キロ5分40ならなんとかなるかもですが…





世の中には速い人ってたくさんいるんだネー



今までキーキさんやらあやたさんを見ては
速ぇぇぇぇ
と思っていたが、さらに異次元の人たちがおるんですな





かつて我が社には実業団駅伝にも参加する強いチームがあったらしい

その名残?
今もなお走る伝統が息づいているのか






…実業団?

そら速いワケだわ






感心しているうちに、アッという間に自分の走る番がキタ




前走者を必死に探し、タスキを受け取る




必死のパッチで脚をうごかす
アゴがあがる
息もあがる



サマーナイトランのコースはアップダウンのコースで苦戦したが、それがないだけでもありがたい

なにせドームの敷地内コースだから、傾斜がほぼない





屋内なのでGPSを掴まないから、ラップペースがわからない




どうにかこうにか1周を走り終え、次走者にタスキリレー


ピッ



ガーミン風ストップウォッチを見ると9分40だった





第1走者からすれば4分も遅いわけだが、コレが今わたしの最大出力
コレ以上はムリですゎ




次々と行われるタスキリレー


アッという間に次に走る番





マジか…速ぇぇぇよ(いろんな意味で




この時気がついたけど、前走者が






IMG_0405.jpg


またもや季節外れさんみたいなイカツイ風貌にもかかわらず、なんだかカマっぽい




クネクネとリレーゾーンに近づきながら
「次、おねが~いぃ♡」
とか言いながら満面の笑みでタスキを渡してくる



一見クネクネしているように見えるが、ホントに速い


しなやかな走りというべきか…




走りとカマっぷりに見とれて、スタートダッシュ不発




そもそもコース設定に急カーブが多いので、スピードに乗って走るのが難しい





丹後のあと、爪のことで精一杯で気がつかなかったが、お尻の下の筋肉が張っていることに走りながら気がついた



まだ疲れが抜けてないや…




そんな今さらな事実に気がつきながら必死で走る







どうにかこうにか6時間終了~




お疲れ様でした





この後は、風呂にも入らずアフターへ(臭





結果 :


600チーム以上が参加した男女混成の部で、なんと100位以内

1ページ以内に結果が載るという強豪っぷり(汗




速すぎる皆さんに囲まれて、楽しい1日を過ごしたのでした








本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m





きょう正午、ブログ村新着記事欄がこんなことに…





IMG_0411.png




たーはるパパさんの分だけ記事反映が遅かったみたいだが…



敗者全員分が揃ってるみたいだな(ウム!




敗者にはこんなツライお仕置きが待ってたのか(笑




ツライわぁ~




よかった~勝って(高笑






本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

丹後ウルトラ2014 参戦記 3 「レース当日朝・スタート」 編

午前1時15分起床



前の晩は午後8時には就寝したから、約5時間の睡眠時間を確保
レース前だろうがなんだろうが、スイッチ切ったように眠れる体質に感謝



もそもそ準備をしながら朝食を摂る


この日はおにぎり1コ
カステラ1本
バナナ



おにぎりとカステラを半分ほど食べたところで満腹

以前はレース前に予定していた分を摂れないと心配で仕方なかったが、これだけ食べたら20kくらいまで補給不要で行けるはずなので問題なし



20k以降は、エイドでの食べ物を少しずつ摂ればいい





レースウエア


CW-Xのスポブラ、ファイントラック、ぐわT、しろくまのきもち
kappaアームカバー
CW-X スタビライクスロングタイツ
R×Lソックス TRR-300G(ロボ子さんアリガト♡)
みそらさんオススメの勝負パンツ





シューズ


GT1000 LADY





1 005


相変わらずのむっちむち








集合出発時間は午前2時30分
社会人だから、5分前には集合場所に到着(キリッ



集合出発だから、この時間には出発できる体勢で集合するのよ(フツー






ロビーに行くと、カブトムシさんとリンさんしかいなかった (゚Д゚)





……





30分を過ぎると、続々と選手が集まってきた




おおかたのメンバーはちゃららさんが来ない、ってあせってるけど、じつはゆるりんさんもまだ姿を現さない…






ちゃらら(殺)…とイラだつメンバーを尻目にゆるりんさんを探す






来ない…マジか…
寝坊か…





と心配しているうちに刻々とスタート時刻が迫るので、やむなくリンさんを残し会場へと向かうことになった








あ~~~ゆるりんさ~ん





前日からお会いするのを楽しみにしていたゆるりんさん
こうして朝も会えなかった(残念







車で丹後入りしたにも関わらず、会場までは井出さんの車で連れてってもらう



ゴール後の状態がどうなってるかわからないので、わがまま言ってお願いしたが、快く応じてくれた


井出さん、ありがとうございます!






井出さんのマイカーはナビがついてるのになぜかスマホのナビを起動している
ゴール地点にアミティ丹後を設定している


昨年もそうだったが、アミティをゴールに設定すると走行距離の短い山岳コースを指定してくる
山岳コースは道幅もせまく、アップダウンも結構ある




「ナビは山岳コースを案内したがるから」なんて話していると、ホントにヤマ方面へ行け!と指示してきた (゚Д゚)




くねくね道をドライブ



スタート前に井出さんとドライブ


これも楽しい♪





途中で雨がパラパラと降ってきた  


マジか…これが雨パパの威力か!
(失礼だわ





ワイパーを動かしながら車は進む
きょうも雨予報を覆して雨レースか…


ま、それも仕方ないことだ





途中、車の直前を鹿が横切った


なんかイイコトありますよ、とうかれる





ようやくA駐車場に到着するも、既に満車
B駐車場へと迂回する車の列についていく
スタート時間に間に合う…のか?



心配になったが、なんとかB駐車場到着




荷物を預け、ステージで記念写真を撮る





493e52dd.jpg




なぜか寝坊君がセンターを張っている






ステージをおりていしきちさんを探す





前日、ろくなご挨拶ができなかったのでガッチリ握手してエール交換





WS000612.jpg





なぜかもうウルウルッとする
走る前からもうウルウル



ウルトラはときどき感情がおかしくなる




いしきちさん、朝から妙なテンションでご迷惑をおかけしました m(_ _)m




スタート場所が昨年とは変更となり、大会会場の広場ではなくアミティ前の道路から出発となった




スタート地点では仲間と別れひとりでならぶ




ここからはどのみちひとり旅だ



直前までわいわい皆といっしょだったので、よけい孤独感が際だつ




これもウルトラならでは



これからのレース展開、カラダに現れるであろう痛みやしびれを思うとゾクゾクする





この頃になると、雨はパラパラどころかザーザー降りになっていた…
カッパを着込んでいる選手もいる




遠くの空を見ると、雲の切れ間が広がっている…
いま、雨雲は 雨パパ アミティ丹後の上空のみにある模様…



スゴイ威力だ…






やや肌寒いけど、スタート時は我慢してカッパは着ずにスタートすることに
走って温まれば寒くないだろう、と思って


タブン…やんでくれるだろうし…





シューズ写真が撮ってなかったので、おひとり様で





1 015





スタート間近




逝くぞ ゴルァ (゚Д゚)







続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m





丹後&リレーマラソンの疲れがすっかりとれ、体調が完全回復



そしてラン再開♪


ことしの丹後Tで走ってみた
玄関先でゆるりんさん風に写してみる。。。





IMG_0408.jpg





太い足が際だってるだけで、ぜんぜんゆるりんさん風にカワイク撮れない…




しかも、なぜこんなに前のめり?






どこも痛くないことを確認しつつ、ひとり de やだリバー 17k






本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

丹後ウルトラ2014 参戦記 2 「レース前日・ゆるりんさんを追え」 編

アミティでの選手受付を終え、前夜祭会場の王将に到着



集合時間までにはまだ時間があり、誰もいない
多くのメンバーはホテルへチェックインしてから王将へと集合してくるらしい


わたしの場合、出発が遅かったので既にこの時点で遅れをとっている



遅れを取り戻すべく、王将の駐車場でせっせとレース準備




ゼッケンを準備したりシューズにチップをつけたりしていたところをじぇーてぃーに目撃される


「なぜ、こんなところで (゚Д゚)」の表情…



だって…ホテルに戻ったらすぐ休みたいじゃん…





続々と集まってくる丹後参戦メンバー
あゝ昨年はほぼボッチ参戦だったのに、ことしはなんて心強いんでしょう


チラチラとゆるりんさんを探す



到着はまだのようだ




ゆるりんさんはまだか…





受付がわたしより後だったらしく、すこし遅れるらしい






レース前だからがっつり補給
チャーラー&からあげの最強コンボ





IMG_0368.jpg


なぜかタテのまま…直せない…







おなじテーブルは


はじめましてのTHさん
2回目ましてのきんきんさん
いつものカブトムシさん井出さん(笑




関西のかほりがテーブルに漂う中、食事がすすむ…



あれ?
カブさんがビール飲んでないぞ (゚Д゚)
マジか…今回はヤル気だ…


チャレ富士の時とは違うゾ






ゆるりんさんはまだか…





ほぼ食べ終えようとしたころ、ゆるりんさん登場





雨パパなる汚名まで着せられたひよパパさんと一緒に登場…

(↑アンタのせいだわ





ん???



もうひとり誰かいるぞ (゚Д゚)

ザワつく王将‥




マサカのbgさんダ!
生bgさんにお会いするのは初めて!





これがうわさのbgさんか…カコイイ
せっかく名古屋へ来ていただいた時、都合がつかずあえずじまいだったのダ!



もちろん目が ♡♡ 



やっぱ華がある(ウム



ローラさんあってのチーム中部!
bgさんあっての2014丹後ウルトラ!



おなじくらいの存在感!ワォ








…アレ




ゆるりんさんは?









ひよパパさん、bgさんと現れたゆるりんさん、完全に気配を消している…



どうした!どうしたというんだ~!






わたしの一方的な思いこみ


ヨガの先生は常に元気でなければならない
ヨガの先生はどことなくお香の香りがしなくてはならない
ヨガの先生は終始おだやかな笑顔をたたえてなければならない





きょうのゆるりんさんは違うぞ







ハテ?疲れているのか?





それとも



あすに向けて戦闘モードに入った?





まさかわたしをライバル視して視線も合わさないとか(ナイナイ







ゆるりんさんと再会した暁には、


UTMFやら六甲キャノンボールランのとやら
ふだんの練習のことやら
ヨガの仕事についてやら



いろいろ聞きたいことが満載だったのに…





近づくなオーラが出ていたので、ここは我慢することとした…残念








あとで知ったが…







実は腹が減ってたらしい。。。

知らんガナ








それを知るよしもないこの時のわたしの心境





WS000611.jpg






仕方ない。気持ちを切り替える




ホテルにチェックインし、ロビーでtenkoさんへの寄せ書きをする時にも接触のチャンスをうかがう…フフフ



大がかりな幟と横断幕で応援してくださったtenkoさん、ありがとうございます!



感謝の気持ちをお仕えする手段…ナニカナイカ…



色紙メッセージはグッドでしたね


しーやんさん、ナイスアイデア
カブさん、グッジョブ





IMG_0399.jpg







寄せ書き中も、ゆるりんさんから人を寄せつけないトゲトゲのオーラが出ていた







レース前だし‥



ピリピリするのも無理はない…か





ゆるりんさんは後泊しないらしい


ということは、残るチャンスはワンチャンス





あすの朝、ほんの一瞬しかない!


その一瞬にかけることにした!





続きます




本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

丹後ウルトラ2014 参戦記 1 「前日・受付」 編

きょうからぼちぼち丹後レポを書いていきます





スタート前日、わたしは朝10時まで仕事だった
丹後参戦メンバーのLINEはすでに早朝から盛り上がっていた
もう出発したとか、どこどこ通過とか


は、早く出発したい…
ココロはアミティに向かっていたが、冷静に仕事をこなす




どのTV局のお天気お姉さんも「3連休中は安定した晴天が続くでしょう」って笑顔で言ってくれてるのに、○○では雨が降ってきた、と予想外の情報が入る


マジか…
また雨なのか…




ようやく仕事を終え急ぎ足で自宅へ戻る
はやる心を抑えつつ荷物の最終点検
前日までに荷造りを終えたバッグには雨対策グッズを一切入れてなかったが、レース用ゴミ袋カッパと折りたたみ傘をそっと押し込み準備完了




数々の雨レースを演出してきたこの人この人が参戦することしの丹後ウルトラ



まさかことしもこのふたりによって雨雲がはるかフィリピンから呼び寄せられたのか…



と思ってたら、関西にはこの両名の上をいく大物がいるらしい


マジか…


そんな大物が参戦するなら、雨雲を丹後に連れてくることなんて、たやすいことに違いない…


と思っていると、綾部宮津道路に入ったとたん、ホントに大粒の雨が降ってきた (゚Д゚)



LINEで思わず雨パパなんていう新語を口走ってしまい反省…


あゝサエてるなわたし



…じゃなかった




…お会いするのは2回目なのに…第2印象を悪くしてないか?わたし




と心配と雨雲に包まれながらの2回目の京丹後入りとなった





与謝天橋立ICで高速を降り、一般道でアミティをめざす
ここが地味に距離があり交通量も多くて時間がかかる
ICから40~50分ほどか?




途中のコンビニで雨パパの襲撃を受けビビる




ご、ごめんなさい。悪気はないんです
ほんとです



雨パパはものすごい勢いで近づいてきて

「まちゃさ~~~ん!」

とか叫んでいる…





ふつうに信号待ちしてただけなのに、よくわかったなぁ~
マサカわたしのファン?ナイナイ






そしてA駐車場到着
ことしも来たぞ、丹後





1 008





半分ほど車で埋まっている
去年は車中泊した思い出の地







ゴールゲートを見て、いよいよだ!とテンションが上がる
あすはここまでぶじ帰ってこられますように






1 002







来た道をもどり前夜祭会場の王将へ






IMG_0370.jpg





ここでわたしはひとつ楽しみにしていたことがあった



ふだんはお会いできない関西方面のランナーと交流することはもちろん、一番お話してみたかったのはゆるりんさん




実はゆるりんさんにお会いするのは2回目だ
ことしの名古屋ウイメンの打ち上げ以来




アフター会場の山ちゃんで必死に話しかけ、「ファンなのですよ」のアピールをしたにも関わらず



フン



てな感じで相手にもしてもらえなかった(マジカヨ





ゆるりんさんに悪気はなかったと思うが、ホントに「フン」対応だった 
(゚Д゚)





今回こそは!



鼻息荒く王将に乗り込んだのであった






続きます







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

【おそ報】 アクトス リレーマラソン

職場の走友会のメンバーとリレーマラソンに参加してきた



会場は、名古屋ウィメンズでもおなじみ名古屋ドーム






1 001






IMG_0402.jpg






丹後の疲れが抜け切ってないことを実感。。。



太ももが思うように上がらずなかなか前に進まな~い



でもすべてのラップでキロ5切ってた
マジか (゚Д゚)




職場内の走る人と交流できて楽しい1日でした





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

ブログ村的グループ対決  ルールと勝敗とごほうび

丹後ウルトラにはグループトライアルというものがある
3人以上でチームを結成し、完走者の上位3人の合計タイムで順位を競うもの


ことしはブログ村から多数の選手が参戦することになったので、どうせならこれにもエントリしましょう、ってことになった



結成されたチームはふたつ



昨年結成された丹後三兄弟を中心とするチームと、SKE48から発展したチーム


チーム編成には事前に様々な勧誘作戦が展開されたが、そこはあえて省略(笑




大会HPのグループエントリページには全メンバーのゼッケン番号や氏名がバッチリ載ってるのでここは正式チーム名ではなく仮にチームAとBってことで表記

名前バレして自宅にプレゼントとかドンドン届いたら困るし(ナイナイ



チーム編成



チームA


たーはるパパさん
あやたさん
井出さん
リンガンガーさん
だれやねんさん
いしきちさん
じぇーてぃーさん
きんきんさん
やべっちさん
山ちゃんさん





チームB



ひよパパさん
ゆるりんさん
ちゃららさん
し~やんさん
キーキさん
THさん
メガネくんさん
新横の雅さん
カブトムシさん




均整のとれたメンバー構成
これならどちらが勝ってもおかしくないな ウン




本来のルールならば同一種目でメンバーを揃えなければならないが、ブログ村独自のルールを決めることで60k参戦のきんきんさんと山ちゃんさんを加えた10対10のガチ対決となった




公式ルールはチームの上位3位以内に入らないと完走してもチーム戦に貢献できないが、ブログ村独自ルールとして完走者全員のタイムを合計し人数で割った平均タイムで競うことにした



さらに独自ルールとして


・60kの部はタイムを1.8倍
・DNFは1名ごとに平均タイムに30分加算


と決まった



上位3位以内に入らなくてもチーム全員のタイムを合計するので遅いランナーも他人事では済まされない
完走へのモチベーションをさらに強くした






さて、レース終了

カブトムシさんプレゼンツによる集計結果は




チームA 13時間19分29秒
チームB 12時間43分03秒




でチームBの圧勝!





いやぁ~、チームB勝利ですよ

チームの勝利に貢献できてよかったですゎ








じゃなかった…


わたし的にはチームの平均タイムを押し下げる役割しか果たしてなかった(汗

申し訳ありませぬ m(_ _)m






ま、そこは勝負事ってことで、ね

ルールにのっとって決めた勝敗ですから(キリッ






じゃあ、負けチームは勝ったほうにナニしてくれるんだっけ?



bgさんによるお姫様抱っこだっけ?
bgさんとスポーツグッズのお買い物に行ける権だっけ?
bgさんにMyコースを案内してもらえる権だっけ?



あ~夢が広がるわぁ…(ホンワリ







…違った


bgさんはそもそも参戦じたいがサプライズだったから、どっちのチームにも入ってないし(残念







じゃあ、現実的なところで…



名古屋ウイメンズの応援隊に仮装で参加し、ブログ村関連のすべての美女ガーを死ぬ気で応援



かなぁ~



もしくはTシャツ欲しいからそっちお願いできないかな~



手間がかかるからムリかなぁ~




あれ?



そもそもわたしには決定権なんてなかった (゚Д゚) 残念





敗者のみなさんからなにかプレゼントが届くのを待ってます♡







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

爪下出血っぽいもの 〈続編〉

爪1枚でまさかの3部作(笑
最終章です



病院嫌いのM…

しかし、ここで意を決して病院に行くことにした





行く気満々になったはいいが、さて何科へ行けばいいんだ?
外科?内科?整形外科?
婦人科ってことはゼッタイないわ~(笑


本当は爪下出血の権威のDr.がいる病院を探そうと思ったが、近所の病院にすることにした
先生に「毎日通ってください(キリッ)」とか言われても遠かったらメンドウだし
近所の医者が爪下出血を取り扱ったこともないヤブ医者で、大病院への転院を勧められたらその時は家族と相談しようと思った



ここでもグーグル先生に頼ったところ



”皮膚科または整形へ行け”



となってる





皮膚科ァ?
わたしが痛いのは爪だよ、ツメ
皮膚専門のセンセが爪見てわかるの?



とさんざん失礼なことを考えながら近所の皮膚科を検索…


あった!
自宅からほど近い、ランコース沿いにその皮膚科のクリニックはあった



そういえば、キレイなクリニックができたな~と思っていたのだ
何科だったかなんて今まで興味がないから知らなかったけど




皮膚科なんて、小学生のときヤケドをして以来だから何年ぶり?


さっそくケッタでクリニックへ向かう(もちろんスリッパ


皮膚科だから大して混んでないよね~
患者が自分ひとりだったらドウシヨ?
サミシーけど、まぁいいや



…と根拠のないすいてる感を抱きながら診察開始時間とほぼ同時刻にクリニック到着


ギギギとドアを開けると…



……




すでに待合室が満員なんですけど (゚Д゚)





世の中にはこんなに大勢の方が皮膚関係で困ってるの?
これが通常?
きょうはセールの日とかじゃないよね?マサカ




混雑ぶりに少々戸惑いながら、初診の問診票を書きこむ
どうやら患者は子どもが多いようだ
しっしんとかかぶれとかそうゆ関係?



受付ナースに「1時間は待ってください(キリッ」と言われ、若干ヘコむ




待合室でたびたび子どもに足を踏まれそうになるのを必死でガードする
万一、ここで痛いほうの指を踏まれようものなら号泣では済まない…
クリニックの待合室が狭いので、なんどか踏まれそうになる


みなさん穏やかに順番を待ってるのに、ひとりだけ足を引きずって歩くヘンな人…


「この人、ココ何科か間違えてな~ぃ?ザワザワ」
「足が痛いンなら整形か外科でしょ」



ママ友トークのネタにされてる気がする(ナイナイ




いろいろ妄想を巡らせるがまだ名前は呼ばれない…






ほんとに待つこと小1時間…
ようやく名前を呼ばれる





Dr.に足指を見せる(エイッ



「マラソンで…こぅなりまして…」



と聞かれる前からモゴモゴ言ってると、Dr.はわたしの書いた問診票をチラッと見ただけで



「あ!コレね~♡」



と言いながら先端の尖った何かとガーゼを手に説明もなく治療を始めようとした





「おい!チョット待てコラ」




とは言わずに




「それ、穴開けるんですよね。痛いことする時は、痛いって言ってくださいね」
「麻酔とかないんですか?わたし痛いのにメッポウ弱いんですけど」




と必死のパッチで伝えると、



「ハイハイ、痛くないですよぉ~♡」




と伝わってない感満載にも関わらず、Dr.は爪の方を向いた




は、はじまる!

身構えた



Dr.が軽く爪の先を押した時に激痛が走った
なんとか声を出すことなく我慢した


そして例の尖ったやつで爪からはみ出ている血豆の一端をプチッと切った





切り口から黄色っぽい濁った液体がブシャーと出てきたのでDr.がそれをガーゼで押さえた




「ほぉら、こんなに出てきた♡」



見た目は切れ味鋭い季節外れさんのようなシャープな印象なのにどこかカマっぽいDr.…



だ、大丈夫だよね、先生。コレ知ってるヤツ?やったことある?



爪下出血の権威かもしれないDr.に対し、失礼なことを考えている患者ともつゆ知らず、Dr.はわたしの爪を押す、黄色い液体を絞り出す、を数回繰り返している




爪をギューギュー押されて一瞬痛かったが、黄色っぽい液体が抜けていくごとにラクになった(ホッ





振り返ったカマ先生が「ホラ♡」と見せてくれたガーゼには、大さじ1くらいの液体が染みこんでいた



あ~これで15gくらいはヤセタかも…

じゃなかった




コレでラクになれるかも

と思ったら嬉しかった





マサカ、Dr.は爪下出血の権威だったのですか?
大病院へ行くまでもなく済んでヨカッタです


カマ先生に後光が差してみえる




しかも診察時間は一瞬
血豆を瞬殺


今後、特にかわったことがなければ、通院する必要もないらしい。。。





てっきり爪に穴を開けるもんだと思って覚悟して病院へ行ったが、わたしの場合は血豆が大きすぎたのが幸いして、そのはみ出た部分に穴を開け、中に溜まった体液を出しただけのカンタン治療で済んだのだった



こんなカンタンなら自分でもできたな…



とは思わずにいられないが、これも経験値が上がったってことで、次回からは自分でできるからヨシとしよう





ナースにガーゼを貼ってもらい、テープで固定して診察終了
わずか5分足らずの治療であった





よっし!
これでリレマラ走れますゎ



皮膚科体験記おわり






本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

爪下出血っぽいもの

左足親指を襲った爪トラブルの続編です



ひとまず爪を固定して多少はラクになった(ホッ
いや、待てょ。まだジンジンするやないかぁ~ぃ

ということで、引き続きグーグル先生に教えを請うと

コレって爪が剥がれたというより、爪下出血(そうかしゅっけつ)じゃね?ということに気がついた
だって実際にはまだ爪は剥がれず残ってるし




このサイトの説明によると




ランニングでツメの間に血液が溜まってしまうことがあります。これも爪下血腫です。
ランニングをしていると、一歩走るたびに足に圧力をかけているのと同じことになります。
車のドアに指を挟むほどの圧力でないにせよ、継続的に圧力を加えていると出血をすることがあるのです。






お~~コレだコレだ。コレっぽい(嬉


爪の下にたまった血液が爪の1/3以上だったり、あまりに痛みがひどいようなら血液を抜いたほうがラクになるし、再生する爪にとってもイイらしい


わたしのヤツは爪面積の1/3どころか、1.2倍くらいあるぞ、爪からはみ出てるんだから…(マズイナ




…対処法について調べてみると



”ゼムクリップなどの先端をライターの火であぶり、爪に穴を開けて中に溜まっている血液を抜く”



とある (゚Д゚)


ほかにも電動ドリルで穴を開ける方法もあるらしい (゚Д゚)(゚Д゚)


マジか…




さわっただけで痛いのに、自分で爪に穴開けるなんて荒技はできんわ ゴルァ




ということで、じぶんで爪に穴開け戦法はヤメ(アッサリ



ほかにラクしてハッピーになれる方法がないかしつこく検索するも、結局は



病院へ行きましょう!



ってことだった





マジか…
わたしが大の病院嫌いって知ってのことか(知らんわ
足つめごときで病院送りか(大げさ



電動ドリルを手に「ちょっと痛いですよぉ~我慢してくださぁい」ヒヒヒ…
と笑うDr.を想像して恐怖におびえる

ムリだ。痛いのにはメッポー弱いのダ




しかし、こう爪が痛くては日常生活に支障がある
もしかして、Dr.が神の手で痛くないよう処置してくれるかもしれないし



しかも今週末はナゴヤドームでリレーマラソンを走るのだ



それまでに治してもらわないと困る(勝手だわ






ということで、痛くない処置を受けられるよう祈りつつ、重い腰をあげて病院へ行くことになったのです






続きます(マサカの3部作 笑





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

丹後ウルトラ ことしのダメージ

丹後からぶじ帰ってきた

帰る日も昨年のような悪天候や高速道路の悲劇に見舞われず、すいすい帰れたので運転ストレスはなし
3連休最終日だったのに、幸い渋滞にも巻き込まれなかった


ホテル近くの土産物屋から自宅まで3時間10分!
舞鶴若狭自動車道が開通したおかげで、丹後がますます近くなった


やっぱ、チャレ富士よりぜんぜん近いわぁ~
ね♡ローラさん





ゴールから2日たった今、カラダに現れてるダメージについて





1 筋肉痛


筋肉痛は前モモがメインでほかは腹筋、ふくらはぎが少し
階段の下りがツライ程度で日常生活には問題なし
腹筋が痛むということで、すこしは腹筋が使えるようになったのかな


去年の丹後はゴール後まともに歩けず、階段は横になって一段ずつしかおりられなかった
それに比べたら、今年のはぜんぜん楽勝


50k走×2回分くらいのピリピリとした痛み
あ、これは当たり前か


これは2~3日でよくなりそうだから心配なし





2 眠りが浅い


ウルトラ翌日は眠りが浅いのは今回も同じ


全身のホネや筋肉がギシギシ鳴ってるから寝がえりで目が覚める


ゴール後はアフターしてホテルに帰って寝る支度ができたのが午前0時すぎ
眠りにつくのは瞬殺だったが、目が覚めたのが午前4時…


以後、悶々として眠れず orz



レース前ならいろいろ心配事が次から次へとわき出てきて悶々と悩む時間も有用かもしれないが、レースが終わった夜はレースについて悩むこともないのでただ眠れないことに悶々とする

あ~眠りたいのに眠れない
無駄な悶々時間を返せ~


ま、レース後よく眠れないのもウルトラ3回目にしてようやく慣れたかな
ふつうはレース前緊張して眠れないのにね…


ちなみにレース前日はホテルでいただいたコレ





WS000607.jpg




はじめて使った





封を切って目に当てるだけ。一度使ってみたかった♡


あゝじんわり…あたた…かい…わぁ


と感激してる間に瞬殺(ハヤッ



午後8時には眠れたので約5時間の睡眠時間を確保できた





3 足つめ


今回最大のダメージが足つめ。まとめて3本の足つめが逝った
とくに左足親指はいつもの黒くなるタイプのでなくて、本格的にバッサリ逝った
剥がれたってやつ?たぶん


ほかの2本はいつものやつだから、さして問題なし(笑
時間がたてば生えてくるでしょ、的なやつ




左足親指のヤツはやっかいっぽい


グロすぎて画像は載せられないのでつたない文章で表現すると…


爪の全周をぐるりと血豆のようなものが取り囲んでいて、爪自体は血色が悪く死んだ色をしている
一見、縁取りのように見える血豆を観察すると、爪の下全体を覆う巨大血マメのようだ
おそるおそる爪を触ってみると、抜けそうな乳歯のようにグラグラしている…



要するに爪と皮膚のあいだに巨大な血腫ができていて、爪ぜんたいを押し上げてる感じ
かろうじて爪は乗っかってるけど、わずかな衝撃でふっ飛びそう…



そして何よりやっかいなのが





WS000608.jpg





レース後ランシューを脱いでから、いちども靴を履いてない
よくもこんな痛いのにゴールまでシューズ履いていられたな…

帰るときも左足だけスリッパで運転
果たしてぶじ社会人に戻れるのか?



いつものクロツメさんなら、これほど痛くはない(笑





しかし今回のは


履いた靴下がスレて痛い
寝返りした時に布団があたって痛い
軽くでもなにかにぶつけようなら激痛…イタタ



さらにコイツは常時痛いわけではなくて、まるで陣痛のように(経験ないけど
ザワザワワ~~とやってきて、指先をジンジン襲う



マジか…これは病院に行ったほうがいいのか?(゚Д゚)



必死でググったけど、ふつうのクロツメと尋常じゃないやつの違いについてはどこにも書いてない(当たり前)ので、爪が剥がれたってところを参考にすると



”膿んでなければ病院行ってもやることなし”



とあったので、ひとまずこれを参考にする(ヨシ




Myつめの容態をうかがってみると、幸い膿んではなさそうだ(ホッ





そして


”爪はむりやり剥がさずバンソウコなどで動かないよう固定すべし”


とある


もっとも、最初っから無理矢理ツメを剥がす勇気なんてない
それこそホラーかゾンビの世界(ムリムリ



じゃ、さっそく固定だってことでなるべく大きめのバンソウコを探してきて固定してみた
大きめじゃないと、粘着部分が爪に貼りつき、剥がすときの衝撃でショック死しそう…




慎重に慎重に…と





ひ……いぃぃ‥っっっっ!!
痛ででででで痛ででデデデ…




貼るときにさっそく失敗

うっかり爪に触った


バッキャロー、そっとやれよ(怒

左手にキレる





そっと、そぉ~っと
やさぁしくね




‥‥



ようやく固定完了(ヨシ




果たしてこんなんでラクになるのか?




……







固定したら多少はラクになった(ホッ



あとは爪の再生を待つほか治療法はないらしい(膿まなければ

そりゃそうだ
ギプスで固定とか、縫ったりもありえないし、湿布もいらんわ







…和らいだといっても痛いのでさらにググリ続けると




コレって爪が剥がれたっていうより
爪下血腫(そうかけっしゅ)じゃね?


ってことに気がついた



そうだよね?




続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

【おそ報】 丹後ウルトラ完走報告

丹後ウルトラ2014 


ぶじ完走しました


13時間は切れなかったけど、昨年のタイムを大幅更新


100kのPBだった‥
 



応援いただいた皆さん、ありがとうございました


レボは後日ボチボチ書きます







本日は応援ありがとうございます。
完走お祝いで
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

丹後へ向け、出発 なう

丹後への準備完了!



いつもながら、大量の荷物





1 001





2ケ所の預け荷物もパッキング完了
着替えやシューズは置かないつもり


時間がないからそんな余裕ナシ…(残念




体調は、過去2回参加したウルトラのなかで、一番いい
最高の状態でレースに望めそう




唯一の不安材料は、朝まで仕事だったから多少の寝不足かな



ま、これはいつものことで慣れてるから心配ないと思う


かえって、夜すぐに寝つけてよさそう




1年がかりで準備してきた丹後ウルトラ

あとはシミレーションどおりに動くだけ



夢のような時間が始まると思うとワクワクする





たくさんの応援コメントありがとうございます‼️



皆さんから勇気と元気をいただいてます




元気で走ってきます


ゴール後に少しずつコメントをお返しする予定なので、あたたかく見守っていただければ幸いです






本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際、完走祈願で
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたらゴールまで死ぬ気で走ります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

大会Tシャツを愛する人

大会Tシャツに関して

みそらさん
マッスルゴリさん

の記事がアップされてた



そうなんだ~大会Tシャツ、着ない人がいるのね




きんきんさんは、練習じゃ着てるってことかなぁ?







一方わたしはと言うと…





WS000603.jpg





レース経験が少ないので、持ってる数も少ないけど

京都マラソンの参加賞がBuffって知った時は倒れそうだった


だがしかし

アレはアレで使い勝手がよかった(爆
冬場の練習は毎回アレ使ってる気がする

オサレなマルさんともおっそろ~い♡



みのかもハーフの参加賞はフリースブランケット…

使えないなぁ…今度キャンプで使う…かな?







というわけで、わたしは大会Tシャツが好きだ(だいじだから繰り返す

大会に参加しないともらえない、プレミア感?
大会参加の思ひ出?

とにかく好きダ(笑







高橋尚子ハーフ&サマーナイトランの黄色ーズ
QちゃんTなんて、アシックス製なんだから!(だからナニ?





1 005







チャレ富士なんかは、Tシャツ欲しさにアーリィエントリしたほど
50k走など気持ちをいれたい練習の時には丹後T





1 003







一宮タワーパークマラソンのコレ





1 004





このデザインはチョット…と思わずにはいられないが、長袖なので春秋の練習で活躍中







唯一着てないのは昨年の名古屋ウィメンズT





WS000605.jpg





これはアカン
アカン以前に綿素材
では街着にするかといえば、チョット‥





いちおう、スポーツメーカのTシャツ持ってることは持ってる

けど練習では着ないなぁ~



例えばアンダーアーマーのコレ





WS000602.jpg





鎖骨がクッキリしてれば着てもカッコいいと思うが、鎖骨が埋もれた人が着てもダサいだけ?






大会参加歴が浅いMとしては、
「この大会、走りましたよ~」と周りにアピりたい
しかし誰も気づいてくれない(泣




普段着としては着ないけど
大会Tシャツをこよなく愛するMであった


あ、丹後本番はぐわT、アフターなどはチーム75です






一方…
ダサ大会Tを着て走るローラさん、やっぱ想像できんなぁ







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

応援をチカラに前進

レース中、名前の書いたウチワや旗をもって沿道で応援する姿を見かける


わたしの場合、オットが走らない人だし応援にも興味がなさそうだから一生縁がないモノと思っていた




リンさんのお導きで、てんちゃんの応援のことを知った
実はチャレ富士の時も横断幕への名前募集があった
しかしこの時は躊躇した


だって名前も顔もご存じない方に、「応援しろ」ってズーズーしくない?


次から次へと舞い込むてんちゃんへの応援依頼コメントを見ては

よくもまァ…恥ずかしげもない…

と一歩引いて眺めていたのだ



そんな奥ゆかしさもあって、チャレ富士はスルー


横断幕前もたんたんと走った
心の中ではウラヤマスィと思いながら…



転機が訪れたのはチャレ富士終盤
小雨の降る中、ドナルドをかぶって必死に応援してるてんちゃんを見て感激した



てんちゃんに駆けより

「てんちゃんですよね!応援ありがとうございます」

とグイグイ握手


てんちゃんも迷惑に違いないが、テンションのあがりまくったチャレ富士終盤
恥ずかしいリミットも解除されたようだ



今回も少々悩んだが、横断幕への名前入れをお願いした


わずかでも自分を知ってくれてる人が応援してくれてると思うと心強い




応援に応えるべく、できることはただ一つ





WS000604.jpg






立派な横断幕や旗の画像についてはてんちゃんの日記をご覧ください

ホント、自分にはもったいないくらいの出来映えです




走る前から嬉しくて視界がボヤケそう…




よし!決めた
応援地点までは死ぬ気で走るぞ




…ん?
最終応援ポイントがゴール付近?




…てことは、ゴールまで死ぬ気で走る!






丹後チャレンジャーへの応援記事も続々と…


るみオカンさん
マッスルゴリさん
季節外れさん


皆さん、ありがとうざいます!

応援をチカラに、前進します






本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

残念な足元

職場にはラン道具一式を常備している


幸い、シャワー施設が完備の職場なので、お風呂グッズも待機中
ちゃっかりランステがわりに利用することもある


唯一の難点は、出入口を走る格好で通過せねばならないこと
これさえ我慢すれば、職場ランステも利用価値が高い




きょうも終業後に走りに出ようとした



すると…

どんなに探しても…
…ない  


アレが…ない




そういえば、ジムに通っていたころもいろいろなモノを忘れたっけ
タオル、シューズ、着替え…
とくにパ○ツを忘れた時は一大事

濡れてベッタベタのパン○を履いて帰るか、ノー○ンか…
今なら間違いなくNP師匠の教えに従い、○ーパンで帰宅するが、当時は真剣に悩んだなぁぁぁ


…なんて感傷に浸ってるバアイじゃなかった





きょうの忘れ物はラン用靴下


仕方ない…代用するか…






IMG_0361.jpg






ゴム痕がさらにイタイ…



ナマ足ランは経験がないので、仕事用靴下(通称:おっさん靴下)で走ることに




色といい、長さといい、ラン用ソックスとは一線を画すこの靴下…

美女ガーなら決してこのカッコで走らないだろうなァ



ましてやローラさんならコマネチ以前にぜったいしない…とひとりロッカー室でゴム痕をさすりながら思う





以前、通勤靴下でリレー参加した井出さんを指摘してしまったのに、今回は自分自身がこの有様




ルーズソックス的にクシュクシュッと下の方にまとめてもダメ
ビシッと上まで伸ばしてもゲイターやパワーソックスのようには絶対見えない…orz




さて…どうするか…しばし悩む…




ええい、ままよ


おっさん靴下のまま、走りに出かけた




わたしのランコースにはけっこういるのよね、通勤靴下で走ってる人

荷物の節約か、はたまた忘れたのか
他人にはわからないと油断したか



ランナーがどんな靴下を履いてるか気になるMとしては、走ってる人の足元って結構気になる
今まで通勤靴下ランナーを見ては、残念だなーと思っていたがきょうは自分が残念な側のひと



ま、誰も気にしちゃいないと思うが、結構恥ずかしかったきょうの名城公園ランであった





井出さん
わたしも通勤靴下ランナーになったょ









本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

ラップ表完成

ラップ表の携帯方法については、みのかもハーフチャレ富士など、いろいろ試してきた



チャレ富士の方法はなくさないし落とさないのでとてもよかった

今回はザックを背負わないためくくりつける場所がない orz



昨年の丹後ウルトラでは、ラップ表を保冷ボトルに貼り付けた

これが度重なるボトルの抜き差しと豪雨が原因で保護フィルムのスキマから雨が入り込み、最後には数字が読めなくなるというハプニングまで登場



マジか…
保冷ボトル案、最高!と思ったがなぁ…




そこで今回はシンプルな方法を採用
硬質カードケースに入れる!
それをランパンのポケットにin!



カードケースのサイズはA8 手のひらサイズ




かんじんのデータについては、以前うーぱぱさんにいただいたエクセル表を駆使してプランを作成




今までのレースでは、幾通りものラップ表を持っていったのだが、正直言ってレース中に

「これがダメだからコッチにしよう」

なんてやってる余裕がない(残念




よって、今回はレースプランをひとつに絞ってみた






1 001






万一、設定ペースから遅れるようなことがあっても、関門時間だけはしっかりかいてあるから大丈夫♡




恥ずかしすぎて設定ペースは公開できないが、絶対に越えたい一つの目標は



昨年の記録更新



大きくでたな~






せめて前半だけでもラップ表のとおりに走りたい







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

宵の名城公園

仕事場のすぐ近くにある名城公園



いつもは日中しか走らないが、きょうは夕方から走ってみた






IMG_0359.jpg






そういえば、宵の名城公園を走るのは初めてかも

平日だというのにランナーがいっぱい

あゝローラさんの走ってる名城公園はこんな風かなぁ
と妄想してみる





公園の東側、シャワー施設の隣にあるロッカーって無料なのね
暗証番号式でリターン式ですらなく完全無料
鍵も持たなくていいし、空いてればラッキー♪
(数は少ないけど)

初めて知ったよ!







日が落ちる直前の名古屋城







IMG_0358.jpg





堂々とした姿に感激スルわぁ






丹後前に最後の30k…





…ではなく、控えめな距離で終了



お城に見守られ、丹後の仕上げとしてとても意味がある練習ができた






本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

覚悟をつくる

丹後ウルトラまであとすこし


本格的な調整期(?)に入ったため走る距離が短くなり、時間的余裕ができた





そこで、チャレ富士前に購入した

岩本能史コーチの


「100kmマラソンは誰でも快走できる」


を読み返してみた





WS000600.jpg





今さら練習メニューを見ると不安になる(笑)ので、アイテム関連やらメンタルマネジメントの部分を重点的にチェック



その中に「覚悟をつくる」ってのがある



詳細は控えるが、具体的な覚悟のつくり方なんてのは当然書いてなくて、突き詰めれば精神論みたいなものだ
日本人の好きな「気合いで乗り越えろ」みたいな



100kという距離への不安
カラダに現れる様々な痛み
制限時間との闘い


もろもろを乗り越えるための覚悟をつくることが重要、と





覚悟……ねぇ


ハテ?できたのかなぁ



心配事を挙げたらキリがない




でも丹後ウルトラにエントリしたのは自分の意志であって、誰に強制されたわけでもない



だからレースではどんなことに襲われても最後まで気持ちを強くもって
ゴールへ向かいたい


と改めて思う





スタートまであと7日


覚悟をもってスタート地点に立てますように






本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

ナゴヤ人的朝の風景

かっとび伊吹前夜、名古屋に来襲したアレキさん



一次会の前に0次会と称し、ローラ姫のべさんを従えて、聖地コメダ珈琲店へ行ったらしい…

ウラヤマスィ




そこで、小倉トーストを食べたアレキさんの感想…



ア : 「アレって、名古屋でも家庭じゃ食べないんでしょ?特別でしょ!」(ふッ




家庭じゃ食べないんでしょ
家庭じゃ食べないんでしょ
家庭じゃ食べないんでしょ…



文頭に「まさか」がついてきそうな発言
最後の「ふッ」も気になる‥



あら、なにか言った?





WS000601.jpg








1 001




奥に見える缶詰は、あんこ缶のストック





ウチのオットはこの表情




WS000508.jpg




シマッタ‼️唯一の誤算

あまりにふつうのあんトーストを写真に撮ってたら、ブログバレしそうになった‥


あぶないあぶない





正確には北ナゴヤ人の朝の風景でした







今朝も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

今後のレース計画

名古屋ウィメンズにエントリできたおかげで、冬のフルは確定


東京、京都もエントリしているが、まったく当たる気がしないのはなぜ?
当選したらもちろん走りますとも(キリッ

出された食事は残さず全部食べるタイプだから(違




残念ながら、名古屋ウィメンズが確定したため木曽三川ウルトラは見送り
第1回大会というのはとても魅力的ではあるけど…

やはりいびがわの2週間後ってのが一番のネック



ことし参戦した美濃加茂ハーフも今のところ見送りかなぁ
ウィメンズの休みをなんとしても確保しなきゃいけないから



もともとたくさんのレースを走るタイプでないから、このくらいの数がちょうどいいかも




今後のレースについてまとめると、


9月 丹後ウルトラ(100k
11月 いびがわ(フル
3月 ウィメンズ(フル
6月 飛騨高山(100k


レース間隔といい、走りたいレースばかりなので満足


なんたって丹後は近いから(笑





あ、ついでに書いてみた(笑

来年は飛騨高山ウルトラ走りたい
あの激坂(うっとり



そのためチャレ富士は見送りか?




今は目前に迫った丹後のことで頭がいっぱいなので、フルの目標タイムとか具体的に考えられないが、せっかく走る機会を得たのだから、いびがわとウイメンズもしっかり準備してレースに臨みたい







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

わき肉の存在に気づいた件

丹後の暑さ対策にこれを買ってみた


UVカット機能つきアームカバー





WS000599.jpg






アームホール付きで手の甲の日焼けも防ぐ
ことしはもう手遅れだけど、来シーズンは手のひらも美白(キラキラ



これなら今持ってるものより生地が厚くて丈がロング
紫外線防止効果とクーリング効果を期待しての購入




前のやつは使っててこんな目にあったからねぇ…





IMG_0266.jpg
   




Tシャツとの段差が日焼け…orz




ロング丈が嬉しくて肩の下ギリギリ、二の腕いっぱいまでグイグイ上げてみた
あー、いい感じ
これならTシャツとの段差も生まれそうにない(ホッ




走ってダメなら使えないのでさっそく試しに走ってみた




5kを過ぎたころから右の脇の下あたりがちくちく痛むことに気がつく
右だけってのはヘンだな?と思いながら進む





10kを過ぎるとちくちくどころの騒ぎでなく、サンドペーパーこすったような痛みが (゚Д゚)





やむをえず緊急停止

おそるおそる確認したところ、アームカバーの上端とわき肉がみごとに干渉していた




そう、わきのお肉とアームカバーのゴム部分がこすれあって、ヤケドのような状態になったのだ

腕振りがカラダのちかくでできてるのが確認できた







…じゃなかった


やせたかも♡と浮かれていたが、ふだん気にもしない部位にしっかりと肉があるという事実に改めて気がついた


マジか…(゚Д゚)






帰宅後、鏡でしげしげみてみると、わき肉が確かにある
そしてそれは痛々しいまでに真っ赤っ赤



わき肉もそんな人目をはばかるようなところにひっそりとしていないで、上半身方面に留まってくれたら胸の盛りつけに一役かってくれただろうに、と思うと残念




あゝわき肉よ
そんなとこで痛い痛い言ってないで、ちゃんと前に戻っておいで

と言ってもそれは無理っぽい




右だけ痛くなったのは、右の方だけわき肉と干渉する位置ま上げすぎたのが原因だった
もしかすると、右のほうがわき肉量多いかも…



左はぶじ(ホッ





本番は、上げスギ注意(キリッ





ひとまず…

アームカバー、本場前にちゃんと試しておいてよかったぁ
それだけは収穫であった







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

名古屋ウィメンズ 走ります報告

本日午前0時


名古屋ウィメンズマラソン
チャリティエントリ開始
いつもなら10時半には就寝だから、ネムネムになりつつ開始時刻を待つ‥



そして開始と同時にクリック!
このためにPCの回線速度を速いやつに変えてやったぜ~(大げさ





……











なかなかつながらず…





一度つながったがクレジットカードの番号を間違えてやりなおし orz




気を取り直して…






そして…ようやく…つながった!





WS000598.jpg




約40分の攻防が長~く感じられた
長く走る練習より疲れた…






300Mbps、役に立ったのか?







ひとまずゼロ関門突破♡





来年のウィメンズ、元気よく走ります







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

丹後ウルトラ用 ボトルポーチ新調

ふだんの練習では、アルティメイトダイレクションのボトルポーチを愛用している





WS000597.jpg





必要かつ十分な機能
ドリンクは保冷ボトルに入れているので、yurenikuiより抜き差ししやすい(と思う)コチラを採用




ふだんは自宅の鍵とモンベルの小銭入れしか持たないから、この小さなポケットでもぜんぜん問題ないんだな




丹後ではボトルポーチとSPIBELTを改良したゼッケンベルトの二本まきで行こうと思う





SPIBELTの収納部分は、とてもよく伸びる素材なのでモノをたくさん入れることができるのだが、重いモノを入れてしまうと走った時にブランブランする(泣
先日のやだリバーではSPIBELTにiPhoneを入れたのだが、この揺れる感じが気になった





丹後本番は、iPhoneかデジカメ、補給食、塩熱サプリ、小銭入れなどを持っていきたいのだが、ふだん使いのボトルポーチだとチョット収納力が足らない…






そこでロング走&ウルトラレース用を想定して買ってみた






1 001



TNFのエンデュランスベルト





ボトルを入れる部分のほか、大ポッケがふたつもある


そしてカラダと接する面がこんな幅広のベルトになっている




メーカーの商品説明によれば、



幅広でストレッチするウエストベルトの背面に4本のステーを用いるいことでコルセット機能を果たし、腰へのフィット感を向上させるといったような身体への負荷を極限まで減らせるアイデアを随所に凝らしています。ボトルポケットと大小2箇所のポケットに加え、シェルなどを留めておくことができるバンジーコードも設けてます







1 002






4本のステーがガッチリと腰をホールドしてくれそう


ポケットにはiPhoneもらくらく入る




試しに補給食などを入れてみた





1 003





なごやんもバッチリ(またかよ






さっそく装着して走ってみた




ぜんぜん揺れない
カラダに密着してるおかげで中に入れた補給食もバタつかない
ボトルを差し込む角度が今使っているものとは微妙に違うので慣れが必要かな


ベルトの締め直しもカンタン
ベルクロ留めなので無段階に調整可能




あえて難点をあげれば、幅広のベルトでウエスト部が蒸れやすいこと orz
汗荒れがこわひ‥




難を補って余りあるこのベルトポーチ




コレで丹後に望みます








本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

この靴下、どうやって脱いだらいい?

夏の紫外線は美肌の大敵(キリッ



四十路をすぎたが、いちおう対策はしている




ま、アームカバーって便利グッズに気づいたのは最近だけども…




首から上の最重要部分(笑)と白肌を印象づける腕への対策はぬかりなくやってきた(つもり




走る前には必ず日焼け止めクリームを塗る
金アネ教にも入信





WS000519.jpg





帰宅後はシャワーでクーリング
保湿&栄養クリーム投入…





まだアラビアンの境地には至ってないが…





WS000591.jpg


画像は借り物





これって走りづらそうだけどねぇ。
どぅ?








きょうから9月
朝晩の空気に涼しさを感じつつある





まさに秋ちかし



ふと何気なく足元に目をやると‥





ん?なんだこの靴下
生アシなのにおかしいな…

(注:変な画像が出てきます。スミマセンm(_ _)m













1 001





光の加減かと思いきや、



どう見たって、しっっっかり靴下型に日焼けしていたのであった





あゝ美女ガーの皆さまがた、脚のUVケアもなさってるの?


あたま隠して脚隠さず





半端UVケアの結末にガッカリした夏の終わりであった






本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。