丹後ウルトラ2016 参戦記 3 〔スタート~第1関門まで〕


見ず知らずのおっさんの一言で完全に点火したとこから



火のついたワシ、最強
怖いモンなし


ウェルネス坂本さんの「完走するぞ~」のかけ声で「オ~!」と雄叫びをあげる



いよいよスタート
長い一日の始まりだ



渋滞もなくスタートラインを踏むまでのロスは1分くらい




はるな愛が特別ゲストで来てた年は渋滞しまくって2分くらいのロスだったっけw
愛ちゃんとのハイタッチを求め押し寄せるオトコランナーで混雑してたな
(大西賢治、オトコですよ


今年はそんな迷惑渋滞もなくスムーズなスタートだった




静の里あたりで完全に雨がやむ
ゴミ袋ポンチョを脱ぐかどうか悩んだがしばしこのままで行くこととする
そのうち、また雨が降るんだから
降ってきたらカッパ着てるワシの勝ちだから(フフフ…
(意味不明




七竜峠の上りが始まる
心拍が上がりすぎないよう、たんたんと。


かっとび伊吹に向けたトレーニングが生きてるのか、坂は苦でない


七竜峠はしばし上りが続き、ようやく上りきったかと思ったら一旦下り、さらにエグい上りがあってようやく頂上


上りの途中、カッパの内側がものすごい結露してるのに気がつく



そらそうだ
透湿性ゼロのビニールかぶって走ってたらこうなりますわな




仕方ない
カッパ脱ぐ



脱いだカッパをボトルポーチのベルトに括りつけるが、案の定かさばって走りづらい
…orz




むむー
コレなんとかならんもんか



捨ててしまいたいが、また雨は絶対に降ってくる
捨てたいが捨てられない


悩ましく思っていると頂上エイド到着



あっさり上りきった



エイドでは景気付づけにバナナを一切れ

きょう一日つきあうであろう、ヴァームを一杯



ま…マズイ…
これ何の味?


まぁいい
脱水するよりは




あれ?
そー言えばボトルに詰めてきたアクエリアスを一口も飲んでない
6k以上無給水で来てしまった

普段の練習でもそんなことはないのに
多少は緊張してるのか?


いかんいかん
脱水になったらアウトだでね
意識して給水を多めに摂ろうと思った





元気よく下っていって10kの計測マットを踏む


予定 1:02
結果 1:03

ほぼ定刻で進んでいる



確か前年までは坂を下りきったら右折だったが今年は直進



すると
前方に幸せの黄色いTシャツを発見!


ハマーさんダ!



ひたひたと後を追いハマーさんをロックオン!



走力が同じくらい(と勝手に思っている)ハマーさん、ここにおったんやー

ウルトラ一年生と言いながら、しっかり走れてる様子!

じゃ、ワシのペースもまぁまぁだ、と勝手に判断




しかし、ハマーさん
ありえんくらい汗かいてるわ

ぐわTからなんから、汗ビッショリですやん




そんな暑い?
そー言えば蒸し暑いかな?



周りを見てみたら、全身汗ビタのランナーで埋め尽くされていた
(゚Д゚)



きょう暑いんだ(今さら



ワシは暑さにめっぽー強いので、汗のかき方もごく普通
極度の暑さも感じず、むしろ時々吹く風が心地よかった





ハマーさんと言葉を交わしながらしばし並走するも、一緒に走ってくれそうな気配はなかった(残念




今までウルトラで結成されてきたスペシャルなペア…

たーはるパパさんと井出さん
ロボ子とプロ子…
カスさんと山ちゃん…
しょうじさんとどっかのおっさん…


…最後のはチョット違うな(笑



でもワシ、
並走→からの~手つなぎゴール

いっぺんやってみたいんだけどなぁ



ハマーさんと併走していると保冷ボトルが手から落ちた



優しいハマーさん
拾ってくれた♡



あ、ハートはダメだわ
マッキーさんにボコられる(反省



優しいハマーさんを置き去りにして夕日ヶ浦へ
↑結局おいてく




ここには毎年応援していただいてるtenkoさんの幟がある




ドナルドをかぶったtenkoさん発見!

熱い(暑苦しい)ハグ①


幟も年々立派になるような…



応援、ありがとうございます!






久見浜湾の周回路に入ると、中規模エイドくみはまSANKAIKANはすぐそこ


ここでちょっと早いがトイレタイム

次のキレイなトイレは小天橋だが、大問題と女子問題を抱えながらのレース、早め早めの対処がカギと思った




……






ふぅ…
無事にミッション完了(詳細略




そして本日最初のアミノ酸を飲む
(あぁ予定どおり

コレが効いてくれますように、と。




レースに復帰


去年はこのあたりでだれやねん(敬称略)をロックオンしたんだったな


今年もなんやかや言いながら参戦してるはず



ワシはだれやねんを勝手に13時間ペーサーと思っている
だれやねんより先行できれば12時間台、それより遅ければ13時間台もしくは完走ギリギリ(汗



よって、このあたりでだれやねんを見つけられないと死活問題
(大げさ



探せども探せども、だれやねんは居なかった
(そんな時、後ろのほうで大変なことになってたのね…





第1関門 海山園到着は7時35分ころ

ここの関門時間が8時40分なので65分の貯金
ここから大会が設定した関門ペース(最遅ペース)で走り、なおかつ各関門間で15分余分に費やしても完走できるペース




余裕♡







…では決してない


安心してはダメ
長い道のり、ウルトラはなにがあるかわからないから




一方、ウルトラの序盤(って30kまでのことね)は完走する上で一番大事な区間だと思っている

この区間をいかに疲労なくダメージなく、たんたんとこなしていけるか




ワシ程度の走力ならばキロ6分+エイド時間少々で30kを走れることが完走への第一歩





…まぁ
ここまでは順調




暑いのは暑い(みたい)だけど、
ワシ30kならこれ以上暑い時期に6回やったから
30kまでは自信ある(ウム




アレ、練習不足って言ってませんでしたか?



えぇ、それは残り70k部分のことなのです







そして
エイドを出発するとすぐに30kの計測マット


予定 3:09
結果 3:11




(ほぼ)予定調和ブラボー♪
ワシも予定調和の喜び組です






続きます









ご訪問、ありがとうございます。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
まちゃさん、カッコいい・・・(惚)
すんばらしいペース管理ですね!
なるほど、30kmまでが重要と・・・
メモメモ。
予定調和愛好会、結成します?
いしきちさん、会長で(笑)
もちろん、私も入会希望♪
レポ、続き、楽しみにしております。
  • 2016-09-30│19:50 |
  • おぐら URL│
  • [edit]
>おぐらさん
30kまでキチンと走れたウルトラは、あまり後半大崩れしないですね。
走力に難のあるワシがキチンと走ろうと思うと、写真撮ってるヒマがないのが残念ですが。汗
30kを3時間5分くらい、50kを5時間15分くらいで通過できたら後半もっとラクできるのになぁ〜と思います。
予定どおりに進む、って快感ですね!
性格的に、あまり大胆な計画が立てられないのですが。汗
  • 2016-10-01│22:02 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ村