丹後ウルトラ参戦記 5 【碇高原管理事務所から第4関門まで】

碇高原管理事務所では、預けた荷物に見向きもしなかった。

どのみち靴も靴下もすぐベタベタになるし、補給食は予備をたくさん持ってたので。
少しだけストレッチをして出発した。


ラップは
70k~80k 1:30:36
80k~90k 1:30:04


ほぼ下りの70k~80kとほぼ平坦の80k~90kのラップがほぼ同じw。



次の丹後庁舎まで制限時間内にたどり着けば、あとは全部歩いてもゴールできるとどこかのブログにあったはず。

ならば!

ということで、下り坂を走り出す。
体重移動だけで走って行けそうな坂道が続く。
前モモが痛いのでブレーキをかける走りになり、さらに前モモが痛くなるという悪循環にハマル。
しかも下りの傾斜が続くことで足指がグーの形のまま走り続ける状態になってしまい、足つめをこれでもか!と地面に打ち付けたもんだから、足つめが何本か逝った。

なんとかだましだまし走っていると、少しずつ調子でてきた!
どのくらいのペースかな?と思ってガーミンで確認すると





7’11/km





遅っそ…。


下りでこんなペース見たことない、とぶつぶつ言いながら下る。
右足裏のマメに加え、ここの下り坂で左足裏にもマメができてしまう。

右着地 イタタッ!左着地、イタッ!
右着地 イタタッ!左着地、イタッ!

の繰り返しで逃げ道なし…。
こんなんでどこまでいけるだろうか…。不安になる。





…と、縦貫林道左待避所のエイドに到着。
バナナに手を伸ばそうとするとボランティアさんが


「あ、ぐわ来た!ぐわ!」


と、ぐわぁT見て喜んでくれた。

どうやら、わたしの少し前にパパさんと井出さんが通過していったらしい。
それを聞いて元気になる。
よぉし、下るゾ。





痛いのに慣れたw。






レース中、散々に悩まされてきたが、ここで一つの大きな転機が訪れる。

丹後のレースは完全な交通規制がなされていないので、コース脇を大会関係車のほか、一般車も通る。
交通量の少ない碇峠の下りと言っても、時々は選手の脇を車が通過していく。
地元の皆さんも心得ていて、ランナーの脇を通過する時には、速度を最大限に落とし車間を大きくとって通過していく。
本当にありがたい。


そんな時だった。


わたしの脇を1台の大会関係車がゆっくりと通過していった。
大腸から何の予告もなく、圧力が抜けた(*゚Д゚*)ェ…

シマッタ!とあせったが、車に乗っている人には聞こないはず。
エンジン音やタイヤの走行音もあるから。

しかも、後方を走るランナーにも同様の理由で聞こえないはず!





開眼





車の通過にあわせてHeをすりゃOK




というわけで、お腹の圧力が高まってくると、後ろばかり気にして走った。
後ろから車来ないかな~と思って。

さしずめ、ゴール前で後方を気にする川内優輝気分で走る。
レース最後方に位置しながら後ろを気にして走る姿は滑稽である。
一つくらい順位が上がり下がりしても、たいして(というか全く)関係ないのに。

でも、わたしに今重要なのは通過していく車にあわせてお腹の準備をしておくことだった。


手順としては、接近する車の速度にあわせて→すこし前かがみになりつつ→腹圧をコントロールして→自分の真横を車の前輪が通過した時点でFire!→すばやく元の姿勢に戻る



一瞬、カラダが「くの字」に曲がって見えるかもしれないが、疲れてきて「腰が落ちた」ってことにしておこう。
(誰も気にしちゃいないし)




この作戦を遂行するようになってから、これまで悩まされたトイレ問題と遂にオサラバできたのであった…!
腹圧を逃がすことで腸にスペースができたのか、腸からの「出せサイン」がなくなった。
ヨカッタ~!



完走が見えてきたゾ。









87k地点の丹後庁舎に到着したのは、
16時15分ころだった。




ちょっぴり余裕が出てきたので、地元中学生のマッサージサービスを受けることに。



どの子のこの子もかぁわいい~。
素朴な感じの美少年がこの時ばかりは選び放題。
ウイメンズの時の、イケメン隊を選ぶ時より真剣に選んだ。
どの子にお願いしようかな~。としばし悩んで…
スポーツ刈りの童顔君に決定!
髪が短くて奥手な感じがどストライク!


M :「おねがいしまぁす(ハート」
少年:「どこが痛いですか?」
M :「あ~っと、カラダ全体かなぁ。そのかわいい手で強めにヤッテ!」

少年:「ハイ、強めですね!覚悟しといてくださいよ!」
M :「ヤダー!モーゥゥゥ」








……という展開は一切なく








少年:「………ハァ?」


M :「……ハッ(゚Д゚)…(アレ、引いてる?)
    ゴメン。フクラハギお願いします…」


本当は前モモやって欲しかったけど、間違えてオーダーしてしまった…。


困惑顔の美少年をよそに、しばし至福の瞬間をかみしめていた…





本当はそんな余裕かましてる時間はないのに…







(続きます)


ちょっと、ここガス漏れてない?
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m



毎回毎回、大とHeのレポしか書いてない辺境ブログへようこそ。
丹後効果により?普段より倍増のご訪問数が続いております。


WS000125.jpg



丹後参戦記が終わったら定位置に戻りますが、時々覗いて頂けると更新意欲も倍増です。
丹後に興味が出てきた方がありましたら来年参加しませんか?
走力がこんな人でもなんとかなる、と参考になりましたら下↓のアレを押してくださると嬉しいです。



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

爆笑
面白すぎます!
美少年にマッサージされてる最中にheじゃなくて良かった(*´Д`*)
  • 2013-09-24│17:28 |
  • proceed2600 URL
  • [edit]
No title
なんか、終始heですね。

よく完走できましたね(笑)
下剤飲んでなかったら、
1時間は速かったのでは。
  • 2013-09-24│21:23 |
  • 井出浩一 URL
  • [edit]
No title
私も屁にフィーチャーした記事を書こうかと思ってたんだけど、
まちゃさんが思う存分書いてくれてるので、
もう書かんでいいような気がしてきた。
  • 2013-09-24│22:39 |
  • あやた URL│
  • [edit]
No title
はじめましてrioと申します。
レポ楽しく読ませていただいてます。

やはりマッサージ中にカマして欲しかった。
そんな展開をすごく期待して、マッサージのところで
既に笑ってしまったのに。
来年期待しています。

あっ肝心のレポ。レースのきつさや緊張感が
すごく伝ってきます。来年走ろうとする人には
とても参考になると思います。
  • 2013-09-24│22:48 |
  • rio URL│
  • [edit]
No title
Heについてはですね、実は帰り道にあやたさんとちゃららさんと3人で談義があったのですよ。
しかし、ここまで見事に書き上げられているので、もう我々は書かなくても良いかな…と
と言うか、これ以上面白く書けませんから(笑)
そうそう、あじわいの郷の坂道で先行して行ったまちゃさんが、トイレに入っていたことを知らなかった私と井出さんは、ゴールするまでずーっとまちゃさんの方が前を走っていると思っていました~(笑)
  • 2013-09-24│23:40 |
  • たーはるパパ URL│
  • [edit]
No title
そうそう、車でhe談義を繰り広げました(笑)

まちゃさんの屁レポの完成度には参りました。
丸投げしますね!(笑)
  • 2013-09-25│01:51 |
  • ちゃらら URL│
  • [edit]
>proceed2600さま
毎回Heばかりでスミマセンm(_ _)m。
事実、こんな展開だったのです。
雨→次第に暴風雨だったんですけど、そちらは「あ?降ってた?」てくらいに気がつきませんでした。
それだけお腹に集中。みたいなw。
あちらの中学生はですね~それはそれは純粋ちゃんでしたよ(ポッ。
前日の説明会でもファイテンの人が言ってましたが。
恥ずかしがりで言葉は少ないかもですが一生懸命なコたちばかりです、と。
実際そのとおりでした~。
参加して良かったことの一つです。
  • 2013-09-25│08:09 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]
>井出さん
ほんと、終始Heです。
雨が暴風雨に変わったことすら気づかないくらい、お腹に集中してましたw。

> 速かったのでは。
それはないわ~。
途中から歩き倒してましたし、制限時間めいっぱい楽しもうって決めたので。
制限時間ギリなのに、中学生ちゃんと楽しく交流してたらますます時間ギリでした。
  • 2013-09-25│08:12 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]
>あやたさん
いえいえ、Heもいろんな視点で語って欲しいと思ってるハズなので。
ぜひあやたさん目線のHe記事が見たいです。
男性の場合はどうなのかな~とか興味ありますし。
立ちションする人、しない人の違いはどこにあるか、とか。
ぜひお願いします。
  • 2013-09-25│08:16 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]
>rioさん
はじめまして まちゃと申しますm(_ _)m。
毎回Heばかりでスミマセン。
マッサージ中、今レース一番の必死さでガマンしました。
前途ある中学生に悲劇を与えたらイカンので。
あ、レポは伝わってますか?
まさかHeばかりが目立つのでは、と心配でした。
↑自分が悪いくせにごめんなさい。
楽しかったんですよ~本当に。
こんなに長く走ることと向き合えるウルトラってステキ、とずっと考えてました。
今後ともよろしくお願いします。
  • 2013-09-25│08:21 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]
>たーはるパパさん
あじわいの郷へ続く坂道は、Heへの坂道でありましたw。
OPPではない分、緊急性はないのですが、確実にお腹を締め上げてくるという…。困ったモンダ。
あら、先行してたと思ってたのですか?
私は置いてかれたのがわかったので必死に追走したのですが、何度かのトイレに阻まれ追いつけませんでした~。
Heもいろんな人に違った目線で語ってほしいハズなので、ぜひパパさんもHe記事をお願いします。
男性からのHeへの思い?も是非見てみたいです。


  • 2013-09-25│08:27 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]
>ちゃららさん
やはりあったのか!He談義(乙
いろんな目線で見たHeレポが気になるので、ぜひちゃららさんもHe記事をお願いします。
ここにまちゃ版をさらしたので次をぜひ!
  • 2013-09-25│08:31 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]
No title
妄想内容見ておお!と思って、オチみてずっこけた。
He話はおもしろい♪
踏み込みたいけど、デリケートな内容だしな~と思ってました。
妻も今週末にアップする記事書いていまして、少しHeネタ絡ませていただこうかな~って言ってました。
  • 2013-09-25│08:40 |
  • マッスルゴリ URL
  • [edit]
>まっするゴリさん
デリケートだからこそ、皆さんがどう思っているか知りたかったです。
ほかのランナーさんもHeが出るみたいで安心しました。
丹後の中学生はね…!それはそれはピュアな瞳をしてましたよ。
おそらく貴重な日曜日にボランティアで駆り出されて制服(ジャージ)着てマッサージ…。
都会のコなら(゚Д゚)ゴルァてなりますよね。
そーじゃないんだよねー。とにかく一生懸命で。
それ見ただけでも丹後の価値ありました。
奥様に「Heネタ楽しみにしてます(ハート」とお伝えください。



  • 2013-09-25│20:05 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ村