スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹後からの帰り道 【第2のウルトラ編】

丹後ウルトラのゴール後、普通なら

「その晩はホテルに泊まり、翌日は少々観光して帰りました」

と1行で済むはずでした。

ところが…接近していた台風18号が…



WS000128.jpg


日本列島を直撃!


台風から遠く離れているはずの丹後にも間断なく雨が降り続いていました。
夜のお天気ニュースでは
『徐々に速度を上げ昼ごろには天候が回復…』
の報道があったので、のんきなわたしは
明日の昼まで待って、高速が元に戻ったら予定どおりに帰れるだろう
と思っていました。




翌日、目を覚ましたのは携帯のアラームではなく災害エリアメールでした。


えええええぇぇぇぇ。


帰れない!



と一瞬心配になりましたが、すぐまた眠りにつきました。
ここはホテルだし避難するほどのことはないと思って。
(後で京都に特別警報が出たと知るのですが)





朝ホテルを出発したのは10時30分。雨もほぼ上がって雲の切れ間から太陽が覗いていました。
やっぱりな~。出発を遅くしてヨカッタ!と思ったのです。

ホテルおすすめの土産物屋で自宅や職場へのお土産を買って、まずは帰りのルートをナビにセット。
与謝天橋立ICを出発点に設定しますが、入り口が×表示になっています。


ん?まだ通行止め解除になってないか。
ナビが反応してないだけかな。

と甘い考えで、与謝天橋立ICを目指しましたが、入り口でガードマンに
「通行止めで~す」
と進入を阻止されUターン。
宮津天橋立なら開通したかも、というあやふやな情報をもとに宮津天橋立を目指します。

なんと。ここでわたしが目にしたのはIC手前で通行止め解除を待つ長い車の列。
仕方ないので、ICすぐそばのコメリで通行止め解除を待つことに…。


ようやく入り口ゲートが開いたのが午後1時30分ころ。
しかも目的地途中までのICまでしか行けないとか…。

ま、途中まででもいいから前へ進もう、と決めて一路自宅を目指します。


結局は綾部ICまでしか開通しておらず、国道を経由して敦賀を目指すことに。
延々2時間以上一般道を走ったところでトイレ休憩。

うみんぴあではこんな絶景が




9月15日 035



いい天気~。
おだやかな海。気持ちエ~ナ~





9月15日 036



波で打ち寄せられたゴミが気になりますが…




ここで、ふと道路インフォメーションのおねえさんに尋ねてみました。

「名神、開通しましたか?」

おねえさんは、iPadを操作しながら

名神どころか敦賀までの国道・県道網がズタズタで、とてもじゃないが敦賀までたどりつけないこと

を丁寧に教えてくれました。


情報がないってコワイ…そう思いました。
思いこみはマズイ、情報を集めなきゃ、とようやく気がつきました。
ふと立ち寄った道の駅でおねさんに教えてもらわなかったら…。
通行止め表示を無視してずんずん進んでいたら…。

iPhone買おう、そう思いました。
↑そっち?








インフォメーションのおねえさんに案内された別ルート、
題して「どうしても今日帰るんだぜ弾丸ルート」…





WS000126.jpg

コレダ!

予定では青のルートを通って米原JCTから一路一宮ICを目指すはずが、オレンジ色の超々遠回りルート!


コレだと、ほぼ通行止めが解除されているらしい…。



行こう!


ルート変更を決めたのは午後4時30分だった。


2時間分走った一般道を再度京都方面へと戻る時は脱力感が襲いました。
ようやく舞鶴西ICにたどり着き…
教えてもらったオレンジ色のルートをひた走って草津JCTまで到着(ここで午後9時ころ)


ここでまた大問題発生。

名神の八日市→彦根間がまだ通行止めというのだ(゚Д゚)



WS000127.jpg


そこで、仕方なく新東名へ迂回して…

さらに東名阪を経由して三重県内をひた走り…





各地で発生していた渋滞を一つずつクリアしながら自宅に着いたのは…










日付が変わった午前0時10分でした!






3日間で運転した距離はトータル780k。
遠回りして余分に運転した距離はおよそ250kでした…。




長い長い、第2のウルトラ運転でした。







情報は大事ね
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m




別に意地を張ってる訳ではないのですが、未だにガラケーです。
メールと通話だけならコッチが便利、という人も周りにおりますし…。
今回の件で、情報がないって怖いわ~と実感しました。
ガラケーでもインターネットにつながるらしいって?
やったことないから知りません。

ゼイタクを言えば、タブレットとガラケーの2台持ちが理想です。
そうなったら一気に今時のヒトになるな~( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!





そろそろガラケーやめたら!と思ったら下のアレ↓を押して頂けたら幸いです。





にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
いやはや大変でしたね。

私は丹後軍団のアフターを急遽止めて速攻帰ったので、何とか通行止めは回避できました。

確か敦賀はちょうど日付が変わる頃に通過したのかな。それでもやっぱり50km/規制で、ちょっと仮眠しては進むの繰り返しで何とか12時間かけて帰宅しました。

家に帰るまでがウルトラですからね(笑)
  • 2013-09-27│20:22 |
  • リンガンガー URL│
  • [edit]
大変でしたね(^^;
なれてる人ならともかく、初ウルトラで車遠征は本当に不安でしたでしょうね。
私は一時間の渋滞でこりごりです(笑)
無事に帰られて何よりです☆
お疲れ様でした!
  • 2013-09-27│21:45 |
  • むーみん URL│
  • [edit]
>リンガンガーさん
家に帰るまでがウルトラ。いい言葉です。
さらに、睡眠3時間で迎えた次の仕事もウルトラでした(ノД`。)
なのにリンさん今週末またウルトラ!
高低図を見ただけでビビル白川・白川郷ウルトラ、ガンバッテください!
  • 2013-09-28│07:16 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]
>みぅさん
途中、中国道とか西宮とか神戸とか通過して…遠くまで来ちゃったなぁ…と反省しました。
でも、高速がスイスイなら大阪まで近いんじゃない?という距離感の麻痺が起こりました。
総合的には車遠征は便利でした。
下見にも行けたし一晩お世話になったし。
それに、なぜか帰宅するまでは足がむくんだりカラダが動かなくなることはなかったので。
帰るまではっ!と体も緊張してたのでしょうか。
帰ったらグッタリで足ぱんぱんでしたが。
  • 2013-09-28│07:23 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]
No title
ウルトラ走った後にこれは強烈でした。
苦労された方多いですよね。
無事帰ることができたのが一番のお土産かも~

あっ、Heジョガーネタちょっと拝借しましたよ♪
  • 2013-09-28│07:32 |
  • 美ジョガー(?)妻 URL
  • [edit]
No title
そのお時間でしたら、
縦貫道通れたはずですので、
少なくとも京都市へはもっと早くつけたかと・・・。
私、15時くらいから縦貫道通って
京都市の自宅に戻れたの、
17時すぎだったような・・・。

まぁ、その先の渋滞に関しては
一緒でしょうから、
結局同じような時間になってしまったかもしれませんね。
  • 2013-09-28│12:31 |
  • 井出浩一 URL
  • [edit]
>美ジョガー(妻)さま
ほぅほぅ、どんなHeネタですかい…とブログ開けてみたら…。
ものすんごいカミングアウトが!
残念ながらHe女ガーにそんな瞬間はおとずれないですわ~w。
呼吸とペースがマッチしてどれだけでも(距離を)走って行けそうな(イク)はあるかもですが。
4人目、近々ですか。もしかしてw。
  • 2013-09-28│19:31 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]
>井出さん
縦貫道、てのは道路案内のおねえさんも言ってましたが、舞鶴から縦貫道に抜ける道が×だったようで、選択肢は残されてなかったのでした。
そのまま丹後に留まってたらそっちの道が通れたかもです。
何も知らずに2時間ほど一般道をずんずん進んだのがアダとなりまして(汗。
西宮~とか宝塚~とか神戸とか…聞いたこと(だけ)ある地名を通ってときめいてました。
中国道の利用は初体験で、「チャイナチャイナ~♪」とナメてたら、片側3車線もある超立派な道路でビビッテ一番端っこを走ってました。
  • 2013-09-28│19:38 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。