スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペース配分を考える

丹後ウルトラで実感したのは、ペース配分の重要性。
それと、関門時間の正確な把握。

レース本番で実力以上のモノは出せないので、
今ある走力のすべてを結集し、しかも100k先のゴールまでたどり着けるよう
配分する必要がある。


トライアスロンをやってる菊地弁護士が
「体力を限界までうすーく伸ばして使っている」
と表現していたが、とても共感できる。
HPに余裕があるならペース配分を少々間違ってもゴールできるであろう…。
貧弱なHPしかもたないヨワランナーのわたしにとっては、レースペースを考えることは練習以上に重要なのだ (゚Д゚)
もっと練習したら



調子がいいからと言って、前半に飛ばせば後半もたない…
かといって、温存のしすぎでも関門突破すら危うい…

関門時間を比較的余裕をもってクリアでき、かつ
後半になっても進める余力を残したペースで




丹後の結果もふまえながら
チャレ富士のレースペースを弾き出してみた。





WS000407.jpg




紙媒体なり







ん?んんんん!!





オカシイ。
12時間台でゴールできることになっとる (゚Д゚)







そんなハズはないので、もいちど計算…。






エクセル 電卓と格闘すること数時間…






ようやくたたき台程度のモノ完成。
大会本番までに、もすこし考えて作り直したい






それと、参加案内についてたコレ

WS000406.jpg




丹後でもらったペラッペラのコース表(ザラ紙だったと思う)ではなく
シッカリした肉厚の紙でクオリティ高い。
これなら予備で持ってもいいかも。









ラップ表の携帯方法については考え中

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
いやぁ丹後余裕で完走できてますから
12時間台は余裕でしょ。
はるか後方から応援してますね。
  • 2014-04-03│23:59 |
  • だれやねん URL
  • [edit]
>だれやねんさん
だれやねんさんにそぅ言われたら走れそうな気がしますわぁ。
もしかしてホメ上手?
ありがとございます!
わたしこそ、再後尾からドタドタ追いかけますよぉ。
  • 2014-04-04│18:04 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。