スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹後ウルトラ2014 参戦記 4 「スタートから七竜峠展望台エイド(6.9k)まで」 編

いよいよスタート



ことしはスタート地点が変更となった
昨年はアミティ丹後前の広場からスタートだったが、ことしはアミティに接続する一般道路からのスタート




参加者が増加したうえ、スタートゲートの幅が狭いのでなかなか選手の列が動かない





770f2876-s.jpg


(提供:たーはるスポーツ)




黄色いぼんぼりがスタートゲート
明らかに狭い…




ゲート付近のひな壇から大会ゲストのはるな愛が手を振ってる
ガラガラ声で「行ってらっしゃ~いぃ」とおねぇらしく愛想を振りまく





46a1ba8e.jpg





はるな愛とハイタッチを求めるランナーが集中するため渋滞を引き起こし、なかなか前へと進まない


あの…皆さんわかってると思うけど、あの人は男だよ、オトコ




オトコ(おカマ)とハイタッチを熱烈希望?



ないわ~
さっさと前に進めばいいのに、鼻の下伸ばしたランナーがいちいち止まるもんだから、渋滞がなかなか解消しない




見た目はかわいい?かもしれないけどさぁ…皆さんとほぼおなじの男だしさぁ…




男(大西賢示)に群がるランナーを横目で見ながらスタートマットを踏んだ





さぁいよいよダ


スタートロスは約3分





最初にある程度心拍を上げた方が走りやすいので、やや速めのペースで入る

速いと言ってもキロ6をすこし切るくらい




最初のうちはランナーも多くて走りづらい
ウルトラだから交通規制はされてないはずだが、京丹後の中心街を道幅いっぱいに広がって走る


スタートは朝4時30分にも関わらず、沿道にはたくさんの応援の皆さんがいる
声援を受けて気持ちよく走る



「がんばって~」
「行ってらっしゃ~い」


この瞬間がスキだ



応援に手を振りながら進む




エイドのスタッフや応援してくれる人にはできるだけ笑顔で応じる
これも今回の丹後に臨むにあたって決めていたこと



声援を送ってくれる人には目を見てあいさつ

すると必ず笑顔が返ってくる




岩本コーチの本にもあるように、サポーターは自分を写す鏡
目の前の相手を笑顔にすることで結果的に自分も元気になれる
エイドのボランティアスタッフなどが元気なさそうに見えるときは自分の元気がない証拠



できるだけ周りの人も元気になってもらえるよう声をだしながら走った






スタートしてすぐ思ったこと…


コースを覚えている!




昨年は悪天候のうえ走りきることで精一杯で、景色なんてほぼ見てないと思ったが、意外とコースを覚えていた
カラダで覚えるってこうゆことかな



これは終盤までかなり役に立った



坂道が終わるように見えてマダマダ続くぞ、とか
ここを過ぎたらエイドだ、とか





静の里を通過して、さっそく七竜峠にさしかかる


往路はゆっくりでいいから走って上がろうと思った



ランナーのシューズが着地する、ザッザッザッザッという音だけが響く世界





七竜峠をえっこらえっこら上がっている時、女性の声で「まちゃさん!」と声をかけられた




誰?と振り返ったら、なんとゆるりんさん





きのうからずっと熱望してたのになかなかお目にかかれず…
なぜか、こんなところで念願かなう


前日とは打ってかわって、軽快なゆるりんさん!




水を得たサカナのように喜々として走りゆく姿がまぶしかった




不意をつかれたのでマトモなご挨拶ができず、





WS000451.jpg





↑ うーぱぱさんに応援していただいたチャレ富士の時とおなじ




コチラがのっしのっし坂を上がってるにもかかわらず、ゆるりんさん(とたぶんbgさん)はさっそうと坂道を上がっていった


そして見えなくなった




あの…
ここ坂道ですよ


と教えてあげたくなるほど、軽快な走りだった



序盤とはいえ、こちらはえっちらおっちら上るしかない坂道
それをさっそうと平地のごとく上っていく…



これがUTMFフィニッシャーか



走力の違いってこうゆことね、と妙に納得した





このすこし後、キーキさんにもブチ抜かれる



キーキさんは「坂はまだあるの~」とか不満顔…でも速い
坂は展望台のエイドまで続くはずだから、あと2~3kあるはず



ここでもコース把握は役に立ってる



コースを知っていると、無駄に期待しないし冷静でいられる




ドンドン抜かれても気にしない

いいさいいさ。ドンドン抜いて行ってくださいよ、の心境





自分のペースを守ってたんたんと走るだけ


煽られて(?)ペースアップしたり、走れるのにズルして歩いたりしないのが今レースの一つの目標




自分自身をコントロールする
決めたプランをきちんとトレースする



そんなことを自分自身に言い聞かせながら七竜峠展望台エイドに到着





ここまではどこも痛くなく順調だった

でもどこも痛くないのはここまでだった



七竜峠展望台エイドまでが約7k

…ということは、残りの距離(約93k)は痛いキツイツライの連続だった







続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

はい。お察しの通り前を走って
引いてました。
坂しか得意じゃないので。笑
  • 2014-09-27│19:25 |
  • bg URL│
  • [edit]
初コメです。私も丹後ウルトラ完走しました。
で、スタート時の渋滞が、はるな愛渋滞と知った時、いらんと思った一人です。
男として、全くをもって分かりません!
どうせなら、アイドル連れてきてほしいです。
ないなかぁ〜
  • 2014-09-28│00:49 |
  • らぴゅたびと URL
  • [edit]
>bgさん
この時は、なぜか視界にbgさんを捉えられなかったんです。
それだけゆるりんさんに夢中で♡
走ってる姿を目にできたのはこれが最初で最後のチャンスでしたね~残念
しかもゆるりんさんは同伴ゴール…マジ?
ウラヤマシス
今後わたしの走力がもっと向上するようなことがあって迷惑をかけずに走れるようになったら、前を牽いてください♡
  • 2014-09-28│19:30 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]
>らぴゅたびとさん
はじめまして まちゃです
tenkoさんプレゼンツの幟なかまのらぴゅたびとさんですね!
完走おめでとうございます。
大会ゲストがはるな愛と知ったとき、「あ~これはみんなスルーだから(渋滞とか)心配しなくていいな」と思っていたのです。
それがそれが…あの大人気(笑
ウルトラならではの特別なテンションと夜明け前というシチュエーションからあの大盛り上がりだったんでしょうか…?
オトコに群がる男性ランナーを見て笑ってました。
アイドルかぁ~
ランナーズウェルネスの大会だからそれはないかもですね~
それか、大会ゲストが豪華でエイドがショボイとか。
エイドがショボイのはカンベンですね。
今後ともよろしくお願いします!
  • 2014-09-28│19:36 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]
No title
レースでようやく、
元気にご挨拶出来てよかった(´∀`)

まちゃさんのレースプランを、
冷静にこなす姿勢は見習いたいです!
私のプランはかなりざっくばらんで、
周りのランナーにしょっちゅうつられてます(笑)
たまにそれが予想以上のパフォーマンスを発揮することも!?

「サポーターは自分を写す鏡」
すごく共感しましたヽ(´▽`)/

  • 2014-09-29│07:47 |
  • ゆるりん URL│
  • [edit]
>ゆるりんさん
前日からのゆるりんさんへの熱烈コールがようやく届いたみたいで(笑
レース序盤でようやくお会いできたのもつかの間、
ビャーと走って行かれたので一瞬しかお姿を拝見できず、残念でした。
しかも終始bgさんと同伴ラン?
ウラヤマシス
今回はだいぶ声をだして走ってたので、まわりの人を元気にできたと思ってます。
ニッコリ返ってくる笑顔がたまんないです。
  • 2014-09-29│15:22 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。