丹後ウルトラ2014 参戦記 10 「交通規制ゲートから碇高原管理事務所(73.5k)まで」 編

交通規制ゲートを越えると本格的な上りがはじまる



走って上れそうなところはできるだけ走る
ツメの調子もよくないので無理はせず、積極的に歩きも混ぜる
ただしダラダラ歩いるとメリハリがないので、どこかで読んだことのある電柱ランを試みる
電柱1本分走ったら次の1本分は歩く、の繰り返し


これは結構いい気分転換にもなった
これは1本分に該当するかなー、とか
ここの区間は距離が短いな、とか


ツメの痛みは上りのほうがマシ
これからおとずれる下りを思うとゾッとする





集落が途切れ、本格的な激坂が現れる
こうなると電柱ランも無理


歩きに切り替えて少しずつでも前へ進む



歩きながらの1枚





1 026





ここはまだまだ緩斜面





碇高原は丹後ウルトラ最大の難所であり、歩くのもキツイ激坂の連続である



60kを過ぎてからここを迎えるのだから
ツメのが痛いのはもちろん、カラダじゅうに疲れが出てきて
痛い、キツイ、苦しいの連続

なのに、レポとして書く要素が少ない(残念




痛いキツイ苦しいって繰り返し書いてもなかなか伝わらないしなぁ

文章力のなさがもどかしい


あぁもどかしい(笑






激坂もラストに差し掛かると、わたしレベルのランナーで走ってる人はほぼいない

1列になっての行軍が続く





9月15日 024





昨年の下見時に撮影





どうにかこうにか縦貫林道合流手前のエイド到着




ここが最高点


碇高原管理事務所までは下りだ




上りでさんざん脚を使ったので走りたくはないが、仕方なく走りだす



やはり下りだとツメが痛む…
どうしよぅ…
この先ずっとくだりなのにぃ…泣





エイド手前のログハウス調トイレに到着




ことしも利用させていただく
(本レース4回目
ふぅ~~~
ホッと一息


下りに立ち向かう英気を養う




コース上にあるキレイで空いてるトイレは全て把握しているから、仮設トイレの利用はいちどもなかった




碇高原エイドに到着は午後2時過ぎ





弥栄庁舎では関門時間まで約1時間の貯金があったのだが、これを上りで消費してしまったので貯金は40分くらいに減っていた




制限時間が背後から追いかけてくる
昨年と同じ展開
またか‥





続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ村