競歩に学ぶ歩く技術

マイコースでときどき競歩の選手とおぼしき高校生が練習しているのを見かける



競歩って、アレね。つい最近日本人が世界記録を出したアノ競技



両足が同時に地面を離れてはならないとか前足は接地の瞬間から垂直の位置になるまで真っすぐに伸びていなければならないという厳しいルールのもとで行われるこの競技



歩くというふだん誰でもやってる行為、速さを追求するとこういうフォームになるんだなーと感心



しばし併走しながらその動きを見てみる




腕振り、脚の動き、などなど速く歩く技術がそこには集結しているように思える



どうやら人とくらべて歩くのが遅いワタクシ
ふだんの生活やウルトラのレースで歩く場面に活かそうと思い、その動きをつぶさに観察
もちろん練習してるひとに不快感を与えないよう、ガン見はしない(笑




その動きを見ていて一番印象的なのは、どの選手も腰の位置が高いこと
もちろん脚が異常に長いためそう見えるのではなくて、腰の位置を高く保った状態でスッスッと歩を進めているという点



ジムに通っていたとき、ヨガの先生が


”腰の位置を高くするイメージで~”

と言ってた意味が今わかる気がする




そして骨盤の動き


前後左右はもちろん、ナナメにも動いてるじゃないかというかのような複雑な骨盤の動きにより、スムースに脚が振り出されている

フムフム…可動域が広そうな動きだなー




しばし併走しながらフォームチェックをさせてもらったのだが…

選手の動きが止まったと思ったら…




本気で歩き出した (゚Д゚)




今までのはアップだったのか (゚Д゚)(゚Д゚)





…そして本気練習に突入した高校生は、いちおう走ってるMをあっさりチギっていった




そりゃそぅだよね
世界記録をもつ選手はサブスリーランナーでも追いつかないスピードで歩くらしいもの

どんだけ速いんじゃ





まずは動きを見てマネてみることからはじめようかな





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m




スポンサーサイト

トラックバック

コメント

マチャさん、競歩の選手は「歩いて」いるんじゃありません。あれは私の「全力疾走」状態です。先日、陸上競技場の脇を通ったら高校生の競歩の競技会をやっていてタイムを言っていましたが、キロ換算すると4分半よりも速かったのでビックリしました(@_@)
  • 2015-04-02│19:53 |
  • シーラカンス URL│
  • [edit]
No title
そうそう
歩いてる方が速いんだから
いやになっちゃいますね(笑)

今後とも宜しくです・・・
  • 2015-04-02│22:16 |
  • し~やん URL│
  • [edit]
>シーラカンスさん
そぅですね~アレの選手は歩くという概念を超越してます。
4分半なんて、1kTTでも無理っぽい…笑
脚さばきとか腕振りとか、参考になるトコだけ取り入れていきたいです。
  • 2015-04-03│18:49 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]
>し~やんさん
わたし、両足が浮いてるし少なくとも走ってますからね。
なのにカンタンに置いてかれます。笑
シューズはターサーより薄いのを履いてたなぁ。
ソーティか?
丹後の歩きの場面で、アノ速度で歩けたら無敵だと思いません?
脚の動かし方や腕振りなんかを取り入れて今より少しでも速く歩けたらと思います。

  • 2015-04-03│18:55 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ村