飛騨高山ウルトラ参戦記 7 〔85k地点からゴールまで編〕

背後から近づく足音




しかし足音はわたしを抜き去ることなく、ずぅーっと後ろをついてくる


なんだろう…抜くのにジャマかな?
道路幅も広いし抜けないはずはないけどなぁ…




と思っていると、ハタと気がついた



まさか、わたしペーサーにされてる



そうだ、間違いない
一定の距離を保ってわたしの後ろを走るランナー
つかず離れず、かつ抜いていかずw
ウルトラ人生初のペーサー役を賜ったようだ(笑
あ、ウルトラ人生どころかランナー人生初だわ


タッタッタッタッタッタッタッタッ…
と刻む一定のリズム

シンクロするふたりの足音



よっし!
こぅなったらペーサーしまっせ!



なぜか張り切る初心者ペーサーM




しばし後ろのランナーと併走
(これ併走って言うの?



平地はキッチリキロ6、多少傾斜がある場面ではキロ6分20程度を維持しながら進む



85kを越えて脅威的なスピード
(あくまで自分比



どぅやら被ペーサー(つまり牽いてるひとね)はふたりいるみたい



編み笠姿の白ゼッケン女子とトライウェアらしきピンク色ウェアの緑ゼッケン女子のふたり



まさに両手に花♡



……



こう見えて(どぅ見えて?)、ワシもいびがわマラソン事務局公認の女子でっせ
(脳がスポンジ化して前々回から一人称がワシになってます



初ペーサーに指定され(なぜか)浮かれながら走っていると、八日町新鮮野菜エイド到着~



ここでリンさんだれやねんさんに遭遇




なんでこんなところに? (゚Д゚)
おふたりは確かアーリィスタート組だよね
しかも豚足Mとは別格のウルトラ鉄人たち




なんでなんで~なんで~
またまた頭ン中で疑問符がぐーるぐる


今回のレース、「なんで?」が多いな(笑




聞けばリンさんが脱水でたいへんな状態とか



スポンジ脳のわたしはこれを聞いて


「じゃあ、水を飲んでくださいね」


と意味不明なコメント(笑
スポンジ脳だから気の利いたコトが言えるハズない




エイドでリンさんがゴキュゴキュ飲んでた紙パックのコーヒーがあまりにうまそーだった
ワシもアレ飲みたいな~とエイドを探したけど、見つからない orz


…後で知ったけど、アレは買ったヤツだったのね

見つからないハズだわ(笑




ペーサーとしての自覚がでてきたスポンジM、早々にリンさんたちに別れを告げエイドを出発




ついにラスボスとの対決を迎える


エイド出発時間を打ち合わせたわけでもないのに、なんとなく編み笠女子とピンクウェア女子と合流し、引き続き着かず離れずの距離で走る



あ~初めて感じるウルトラでの一体感



コレ、イイね!





そしていよいよラスボス突入
高低図からその傾斜は3~5㌫程度だと思っていたが、道路脇の注意標識には「上り坂7.5パーセント」の表示




こんなの…
走って上がれるワケないや…


ごめん編み笠女子とピンクウェア女子…




と思ったらふたりともペタペタ歩いてた


そぅだよねー
この期に及んで、上れんわコレ



終盤に来てこの坂はキツイ
敵を寄せ付けない、まさにラスボスの風格



説明会で聞いたとおり、一瞬頂上かと錯覚するニセのピークを越え本ピークを過ぎたらようやくラスボス攻略




下りになったらゆるゆると走りだす




メガソーラーエイドを過ぎたら今レース最大のお楽しみと言ってもいいエイド到来~
飛騨牛の焼肉が提供されるという夢のエイドだ



ひだぎゅ!ひだぎゅ!ひだぎゅ!

脳内に鳴り響く飛騨牛コール




超楽しみにしていた公文書館エイド到着



ここで完走はほぼ確信
13時間カットもほぼ手中に収めたから、時間を気にせず食べてやる~


今レースで初めて椅子にどっかり腰を下ろした





IMG_1084.jpg





飛騨牛の焼肉、豚汁、清見サイダー、白玉汁粉、バナナなどなど魅力的な食べモンがいっぱい♡


期待値MAXの飛騨牛焼肉、2㌢大に切ったモノがつまようじに刺してあった(ちっちゃ!
これをボランティアさんが「ハイど~ぞぉ」と手渡してくれる
腹が減ったし固形物でも問題ないので、トレイに並んでるヤツを端っこからぜんーぶ平らげてしまいたかったが、このあともランナーが続くので自粛



サイダーは「おとなのサイダー」みたいで甘さひかえめ、キリッとした味、という宣伝トーク





IMG_1083.jpg





豚汁、サイダー、お汁粉…
どれもンマー



けど…
なんしか食べ合わせ、悪くね?笑




お腹も満たされ、あと残りは7k
この時、たぶん4時半



重いお腹を揺すりながら走ったり歩いたり、歩いたり歩いたり…
つまり歩きがメインのラストロード
あゝ制限時間に追われないウルトラってステキ♡

みんなドコ走ってるのかな~
たぁのしいなぁ~♪
ウルトラって余裕があればこんなに楽しいんだ♪


……

はい、余裕ブッこいてます





信号待ちで編み笠女子にはチギられたので、姿は見えなくなっていた





ふと前方を見るとピンクウェア女子だ
チームの仲間だろうか、ローディ女子と話しながら歩いている




ゆるゆる走りながら近づくと、ピンクウェア女子が




あっ!(゚Д゚)



という表情になった



ど~もぉ~という感じであいさつを交わした



ピンク:「ずっとTシャツの背中の文字を追いかけてました」
M:「そうですかー(って知ってるけど)。あとチョットだし最後、一緒に走りませんか?」


と誘ってみた
こんなこと、今までのレースでは一度もない


というか、毎度毎度レース終盤は制限時間と戦ってるのでひとを気遣う人間らしさはゼロ





ピンク:「そぅですね~走れるかな~」
M:「大丈夫ですよ、一緒に逝きましょう!」
「走ってゴールしたほうが気持ちいいですって」


さっきまで歩き倒してたMが生意気に意見する



わたしの営業トークに釣られてピンク女子がゆるゆると走り出す

Mが先行する形で牽く




やや遅れる感もあるがしっかりとした足取りで後方をついてきてる



よしっ!こぅなったら最後まで歩かずピンク女子と完走するぞ




信号待ちでしばし停止
ピンク女子は明らかにキツそうだ


M:「もうチョットです!がんばりましょー」
ピンク:「…はい……強いですネ」



初ペーサーのくせに、ホント生意気(笑





そしてビッグアリーナのでっかい屋根が見えてきた
いよいよゴールだ



会場へと続く上り坂をゆっくりと、しかし歩かずに走りきった
これで坂も最後だ、と思ったら嬉しくもありサミシクもあり



左に折れたら、そこはウィニングロード




MCが


「Mさんおかえりなさ~ぃ」

と名前を呼んでくれる




前のランナーが切ったゴールテープをボランティアさんが元に戻したのを確認して




WS000347.jpg




12時間12分
目標だった13時間を大きく切った





続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m




↑ランキングは抜けてますが、押していただいた数値は(自分だけ)見えます。
ありがとうございます




スポンサーサイト

トラックバック

コメント

いびがわ事務局公認女子って笑った〜(笑)
素晴らしい記録の完走おめでとうございます。
次は野辺山ですかね。
  • 2015-06-21│12:47 |
  • らぴゅたびと URL│
  • [edit]
>ラピ夫さん
もぅ、なんたっていびがわ事務局公認の女子ですからね。
誰にも文句言わせないわよっ!
ふだんから間違われた時用に携帯しとこうかな?
ところで↑ラピ夫さん↑にしてみました(勝手に。
  • 2015-06-22│20:52 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ村