疲れない首の角度を考える

ふだん走ってるときはさほど気にならないけど、大会となると知らず知らずのうちにチカラが入ってしまうのが首



いつも大会後は首や肩が重た~くなってしまうのだ
ふだんはほとんど肩こりを感じないのに、だ


その原因を考えていて、走ってる時の首の角度と関係があるんじゃないかと気がついた


大会の時って…つい先を急ぐあまり(笑)水平線よりもっと先を見てる気がする
アゴが上がってるというか、つい遠くまで見ようとして視線を上に上げてる感じ




そっか、アゴが上がるから首が疲れるんだな



ということで、首の疲れない角度について走りながらいろいろ試してみた





結果を数値で表せないのが残念だが、わたしの最も首がラクに感じる角度は…




座ってパソコンを打ってる時の首の角度

つまり、座って本を読むときの角度ともいう




机の上に平置きした新聞を読む時の角度は下を向きすぎていて疲れるし、水平より上を向く角度は首の後ろに負担がかかる感じ



やや下を向いた感じがイチバン疲れなかった



この脱力した首の感じで100k走れたら、翌日の首の疲れもほとんどないに違いない
(そんなワケない




首の角度を意識することで、首から肩にかけて余計なチカラを入れず、疲れない走り方になった(気がする




この「気がする」ってのが大事と思うのよね~







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m



↑ランキングは抜けてますが、押していただいた数値は(自分だけ)見えます。
ありがとうございます




スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ村