奥三河パワートレイル 2016 ボランティア参戦記  4  『大会当日 後編』


配置場所に着いたとこから



配置完了は午前11時すぎ

トップ選手がやってくるまでにはまだ時間がある





まずはメシとするかぁ~♡



レース当日の配給品





IMG_2191.jpg







去年は弁当ひとつだったのだが、菓子パンとサンドイッチが追加になった


制限時間が伸びたせい?





ワシの配置場所はベンチがあるので座って休憩できるし荷物を置くこともできた




それに比べて…


アノ足場の悪い水びたしエリアに配置の人は今ごろどーしてるんでしょ?
あー、アレに比べたらワシは数倍恵まれてる…
小さな幸せを噛みしめよう…






サンドイッチと弁当を食べ尽くしてもまだまだ時間がある



じゃあ、配置場所付近のコース状況を把握しとくか

(メシの前にやっとけ





鳳来寺山直下


木の根がうねうねと這う下り坂







IMG_2196.jpg





木の根に足を取られそう




ここを選手は駆け下りて来るんだろーか?





無線でトップ選手の通過が着々と報告されてくる


距離が伸びてるのに、去年のタイムを上回りそうな勢いだ
トップはゼッケン2番の選手とか…




ん?
白パン王子は?2番?3番?





ドキドキしながら待つ



待つ…




待つ…







マダデスカー(泣







ようやく!

無線がトップ選手の鳳来寺山山頂通過を知らせる!




もうじき、いよいよダ!







現れた選手はゼッケン2番




ガンバレー!
声をかける




小さくうなずいてくれた(嬉






ことしのトップ選手は小さいザックを背負っていた
必携品のチェックを厳しくする、と前日の説明会で言ってたしなぁ
ハセツネ以降、ルールの適用が厳しくなったようだ




トレランって、ルールが厳しいのね


周りの人や他の選手からサポートを受けてはダメだし、食べ物飲み物をもらってもダメ



自然の中で行うスポーツだから、自分ひとりの力で進め!という意味か…





トップ選手が通過したあと、2番手がなかなかやってこない




30分くらい経ったころ、ようやく2番手登場~
3桁ゼッケンの一般参加(と思われる)選手だった


ガンバレ~





そして3番手4番手…





なかなか白パン王子は来ない…
(ワシは知らん間にファンになったようです 笑






トレランだと応援に応えてくれる人が多い印象
あ、トライアスロンでも応えてくれる人が多かった





ロードの大会だと、コース上に選手が多いから不特定多数への応援という感じになるのに対し、トレランだと一度にコースを通る選手が少ない(ボランティアも少ない)ので「あなたの応援してます」って感じになる


だから応援に応えてくれる率が高い気がする



あと、残りの距離○kはできるだけ言わないようにした




去年、どなたかのブログで

”(鳳来寺山のボラに)テキトーな残り距離を言われてうんざりした”


みたいなことを書かれてしまって、ハートが傷ついたから…


よかれ!と思ってやってる(言ってる)ことでも、受け取る人によっては迷惑なことかもしれないな



よって今回は数字厳禁の方針で

ネコさんとチャレさんには(ガマンできずに)、あと残り○K頑張って!って言っちゃったけどねぇ~





ずーっと深い山中でボッチで待ってて、たまに通過する選手には精一杯の声援を送ってるわけで、これに手を上げて応えてくれるだけで嬉しいモンなんです、はい。

ボランティアだって人の子ですから




一方
ボランティアが困っちゃう質問…例えば


○ ここからゴールまでの標高差は何㍍?
○ あとは下りだけだよね、ねっ?
○ どんくらいのペースで行けばゴール(完走)できる?



あのぅ…

もらっている資料に書いてないことは答えられないし
ここからは下り基調と思いますがその保証は…



あわあわあわ…

こうゅ質問は困っちゃいます
間違ったこと答えても、聞いた選手が困るだろーし







制限時間緩和により、去年と比べて多くの選手が通過してる気がした


去年はホントまばらにしか選手が来なかったからなー
(完走率30㌫






通過する選手の装備を見て研究する



ふむふむ。
今はこんなのが流行りなのねー





M的主観、トレラン選手の装備あれこれ(笑



○ 半袖でもなく長袖でもなくタンクトップでもなく、スリーブレスシャツの着用率が多い
○ パンツは短パン人気高し
○ 速い選手ほどタイツ着用率が低い
○ かと言ってゲイターも履いてないし
○ ショート丈のソックスが人気
○ ロードの大会ではよく見かけるのに、キャップ着用率が低い
○ キャップ派はパタゴニア率が多い
◯ 全体的にパタゴニア多くね?
◯ Tシャツ派はnikeだのadidasだのメーカーTシャツは少なく、大会Tシャツ着てる人が多い
◯ おんたけとかハセツネとか
◯ 膝にカラーのテーピング巻いてるとトレラン野郎ぽく見える(てか皆さんトレラン選手だし







そして次に気になるのが選手の持ってるグッズのメーカー



ザックはサロモンが一番多かった
それもザックというより着るタイプのベスト型のもの




次はアルティメイトダイレクション、続いてネイサンかな?




終盤になると(終盤と言っても完走してる猛者だけど)モンベルやノースフェイスがちらほら




ふむふむ…
勉強になりますなぁ




シューズは…
一生懸命見てるんだけど、動きが速スギてメーカーの特定ができない…orz

やっぱりサロモンとかモントレイルかなぁ
(雰囲気




adidasのランシュー履いてる人がいたわ(爆







さて
そろそろネコさんチャレさんの現れるころ




ドキドキしながら登場を待つ




スマホでアプデが見れるけど、データがロードレースに比べるとなかなか反映されないのと、次々と選手が通過するので真面目なボラとしてはスマホいじって遊んでらんない(汗




まだかー
間に合うのかー



そぅ思い始めたころ、ネコさん登場





IMG_2202.jpg


顔出しOKか未確認なので小さめで





薄暗くなりかけた山の上から颯爽とネコさんが登場したとき、胸がキュッとなった


朝の早いうちから走り始めて(ワシ寝とる時から)幾多の山々を駆け抜けてここまでたどり着いたんだよなぁ〜




スゲー感慨深い
泣けてきそう


(実際、チョビ泣き







続いてチャレさん


先を急いでるはずなのに、ズーズーしく写真を撮らせてもらうw







IMG_2203.jpg


おなじく小さめで





間に合います!イケます!


激励して送り出す
ア~ンもぅ。心配が尽きないわねっ

後ろ姿を見送る瞬間、まるで気をもむ母親の心境(笑



あぁここでもナミダが…(略









去年より制限時間が1時間延長になった関係で、作業時間が1時間延びたw


最後の選手がワシの陣地(もはや陣地になっとるw)を通過したのが確か午後7時すぎ





配置完了から8時間以上、山の中にいたことになる
不思議とトイレに行きたくならなかったなぁ





最後尾のランナーがスィーパーさんと通過




任務完了
まだだ。まだ下山が残っている


安全に下山して無事大会本部に帰還、それで本当の任務完了





へッドライトの明かりだけを頼りに、暗闇の中を慎重に下っていく




朝、上ってきた時とはまた違う難しさがある




慎重に、慎重に
滑って転んで怪我したら、それこそ多くの人に迷惑がかかる
(ボランティアのクセに





アノ滑りやすい配置場所の人も一緒になって下山




悪条件に文句ひとつ言うわけでもなく、黙々と任務を果たす、ボランティアの鏡のような方ダ






ようやく鳳来寺山パークウェイの駐車場まで下山






パパさんをかなりお待たせしてしまったなぁ
早く帰りの車に乗って帰ろう…






ねぇ…帰ろうよ、早く…






アレ?
迎えの車はどこ?














手違いなのか、迎えの車が来てないらしい

(゚Д゚) マジカ!





おい、まさか仕事の終わったボランティアを山中に置き去りか?
使い捨てかょ


あ、これは批判ではございませ…(略







はぁはぁはぁ…


落ち着け。落ち着け
まずは落ち着こう





車は来る。絶対に。
(大会本部まで山道で7~8kある



ココでキレたら負けだ
(負けってナニ?



キレたら後味わるいしボランティアとして失格



ことの顛末をあとでサラッと言うだけにしたほうが美しい







待った。ここでも待った







結局。

迎えの車は来ず、駐車場の門の施錠を確認しに来た役所の人(?)が不憫に思って車に乗せてくれることになり、ようやく大会本部まで帰還




装備品(無線機とビブス)を返却し、本当に任務完了!

(結局、ご意見せずに帰った。早く帰りたいしパパさん待たせてるし




迎えを待ってる間、文句ひとつ言ったりキレたりするボランティアはゼロ



ワシはキレソーだったけどね(笑





スゲーわ
やっぱり、この人たちスゲー





無償で(弁当はもらった)朝から晩まで山ン中で立ちっぱなしで仕事して、迎えの車が来なくても文句ひとつ言わない…



そんなボランティアに大会は支えられている




そんな事実を身をもって知ったのでした








よーやくパパさん、チャレさん、ネコさんと合流





IMG_2241.jpg





再会を誓ってお別れ









パパさんとワシは名古屋市内まで移動して反省会

ボランティアは立ってるだけで腹が減るw







IMG_2207.jpg



定番になりつつある王将でガッツリ補給




お疲れ様でしたー






また来年!
(ボランティアで



ボランティア参戦記、おわり







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m






通過するトレイルランナーを見て思ったこと

それは…皆さん



タフ






○ 厳しいコースに黙々と挑み続け
○ あらゆるアクシデントを自力で解決
○ 制限時間という見えない敵とも果敢に戦う



そんな姿がとても印象的で、その姿を一言で現すならタフだな、と思った



○ コースに文句言わず
○ 山が厳しいのなんのとグチ言わず
○ 己のチカラのみを頼りに深い山を進む


そんな姿が最高にカッコ良かった!

ロードでもトレイルでも、日々厳しい練習をしてるんだろうな
セルフレスキューの勉強もしているはず



置かれた環境に柔軟に対処しトラブルを自己解決
ロードでもトレイルでも速い!

…でもそれを自慢しない




そんなタフなランナーにワシもなりたい











スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
今年もボラお疲れ様でした。
そして色々とありがとうございました。
ワシもタフなランナーになって、来年こそ自分の足で湯谷温泉に帰りたいです!
また試走行きましょうね。
そしてまちゃさんも、いつかの日かエントリーを!
  • 2016-05-06│19:51 |
  • たーはるパパ URL│
  • [edit]
>たーはるパパさん
今回は(も)いろいろありましたねー。
腓骨まで捧げたんだから、来年こそ完走ですね!
やっぱり、あのコースを13時間設定ってすごいことです。丹後の比ではなく。
いつかあそこをサクサク(練習してないフリして)完走してみたいです〜。
では!ふたりで!
目指せタフ!
  • 2016-05-07│07:34 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016-05-07│07:45 |
  • [edit]
>秘密コメさん❤️
こうゆ大会本部批判(的なこと)を書くと、「それがどーした」「被害者ヅラして」とかの反撃を食らうから、実はビビっていたのですよ。コメント欄を開く時、ドキドキするぅ〜。笑
ボランティアはトータル3回目ですが、皆さん無償でよーやるわー、という印象です。
フルやウルトラの大会に参加した時、そんな皆さんに支えてもらってるんだなーってことを忘れず、一言でも声をかけて感謝の気持ちを表したいと思います。
  • 2016-05-07│23:06 |
  • まちゃ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ村