スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹後ウルトラ2014 参戦記 10 「交通規制ゲートから碇高原管理事務所(73.5k)まで」 編

交通規制ゲートを越えると本格的な上りがはじまる



走って上れそうなところはできるだけ走る
ツメの調子もよくないので無理はせず、積極的に歩きも混ぜる
ただしダラダラ歩いるとメリハリがないので、どこかで読んだことのある電柱ランを試みる
電柱1本分走ったら次の1本分は歩く、の繰り返し


これは結構いい気分転換にもなった
これは1本分に該当するかなー、とか
ここの区間は距離が短いな、とか


ツメの痛みは上りのほうがマシ
これからおとずれる下りを思うとゾッとする





集落が途切れ、本格的な激坂が現れる
こうなると電柱ランも無理


歩きに切り替えて少しずつでも前へ進む



歩きながらの1枚





1 026





ここはまだまだ緩斜面





碇高原は丹後ウルトラ最大の難所であり、歩くのもキツイ激坂の連続である



60kを過ぎてからここを迎えるのだから
ツメのが痛いのはもちろん、カラダじゅうに疲れが出てきて
痛い、キツイ、苦しいの連続

なのに、レポとして書く要素が少ない(残念




痛いキツイ苦しいって繰り返し書いてもなかなか伝わらないしなぁ

文章力のなさがもどかしい


あぁもどかしい(笑






激坂もラストに差し掛かると、わたしレベルのランナーで走ってる人はほぼいない

1列になっての行軍が続く





9月15日 024





昨年の下見時に撮影





どうにかこうにか縦貫林道合流手前のエイド到着




ここが最高点


碇高原管理事務所までは下りだ




上りでさんざん脚を使ったので走りたくはないが、仕方なく走りだす



やはり下りだとツメが痛む…
どうしよぅ…
この先ずっとくだりなのにぃ…泣





エイド手前のログハウス調トイレに到着




ことしも利用させていただく
(本レース4回目
ふぅ~~~
ホッと一息


下りに立ち向かう英気を養う




コース上にあるキレイで空いてるトイレは全て把握しているから、仮設トイレの利用はいちどもなかった




碇高原エイドに到着は午後2時過ぎ





弥栄庁舎では関門時間まで約1時間の貯金があったのだが、これを上りで消費してしまったので貯金は40分くらいに減っていた




制限時間が背後から追いかけてくる
昨年と同じ展開
またか‥





続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

丹後ウルトラ2014 参戦記 9 「あじわいの郷から交通規制ゲート(60.0k)まで」 編

あじわいの郷から、ほどなく弥栄庁舎(55.7k)到着


時間はうろ覚えだが、11時過ぎだったと思う
ここの関門が12時21分だから、まだまだ時間に余裕がある
(もちろん自分比




まずはばら寿司をいただく

さっきうどんやパンを食べたばっかのような…
キニシナイキニシナイ





1 025





酢飯がウマイ





パンやポテチも補給
昨年までは苦手だった炭酸もOK

コーラをグビグビいただく





預けた荷物を受け取り、汗拭きタオルの交換
汗拭き用のタオルを新しいものに変えると、気分がリフレッシュするので20kごとに交換できるよう準備していた



新しいのをランパンのポケットに入れ、使ったのをまとめて袋に入れる
さらに乾いたタオルで髪の毛をガシガシ拭いたら荷物返却




ジェルは手つかずなので補給せず
塩熱サプリだけ、食べた分を補給した




さて、出発…
60kの部の速い人たちがすでに到着



は、はやい

まるで10kかハーフのレースのようだ




60kの部だと弥栄庁舎は34.1k地点
速い人の走りを見てチョット元気が出た






そこでかぶり水コーナーが視界に入った


ここのかぶり水は、子ども用プールに水が張ってある





WS000617.jpg



こうゆうの





プール近くにひしゃくが置いてあり、水を汲んでかけるというふつうの使い方のほか、シューズを脱いで浸かったりしてもいいようになってる

アイシング用の水ってこのことか…





このプールにシューズとソックスを脱いで浸かってるランパン姿の男性ランナー発見




おぉ、ツワモノだな
足湯ならぬ足プールか…
そりゃ気持ちよさそうだ



わたしは痛めたツメの状態が心配なので、シューズを脱ぐなんてとても無理だからできないけどね…







そのランパン男(タイツなし)がなんとなく気になったので足を止めてたら…







彼はややガニ股になって腰を落とし…





手にしたひしゃくでプールの水を汲み…










ランパンの裾からタ○を出して洗っていた 
(゚Д゚) マジカ





プールの中でやってるから、洗った水は外へ流れ出ることなくプールの中に戻っている…
当然だ
湯船の中で体を洗うようなものだ



そこみんなが使う水だょ
飲料用ではないけど…

と注意したかった。でもできなかった




注視することしか…





次に使う人は、何も知らずあなたの○マを洗った水をあたまからかぶったり腕にかけたりして
”ぷっハ~気持ちイイ”
とか言ったりするんだから…





あっけにとられながらしばらく股間を睨んでやった(フン




ランパン野郎はわたしのことなど気にもせずなんどもなんどもタ○クーリングを続けていた

マナー違反と気づいてないみたい
知っててわざとか…?





弥栄庁舎にわたしより後に到着の皆さん

ここのかぶり水は



WS000618.jpg



ですよ




情報発信したいけど、その手段無し
やむなし






うしろに続くランナーの不運をしのびつつエイドをあとにした




まさかKeとか浮いてないよね?







ジョシにはわからない冷却ポイント?を知った
ウルトラって深いなぁ~(違













平地をたんたんと走っていると、前方に雄大な山々の姿が目に飛び込んでくる
アレを上るのか…今から…



とか考えていると、電柱に黄色いものがヒラヒラしている…ナンダロウ…





img_0.jpg





ぐわTだ!



近くにいた女性が


「ぐわ来た、ぐわ♡」


とはしゃいでいる




どうやら歓迎されてるみたいダ




なんだろう?





近づいてみると
男女1名ずつの黄色いカップル(笑



よく見たら、女性のほうはピカチュウ姿のかおりんさん
きんきんさんの日記でお誕生日会が紹介されてたかおりんさん


お誕生日会1
お誕生日会2




お誕生日会の模様が2回に分けて語られるほどのスケールを持った人
しかも走るの速い


なぜココに?


しかもエイドの出店まで





2014tango03.jpg





写真を撮ってもらったけど…





2014tango13.jpg





こころなしか怪訝そうな顔している





お礼を言って止まらずスルーしてしまった…



あとで知ったが
ほかのぐわTメンバーはしっかり止まってエイドを満喫していたようだ…




そっか…

そうすればよかったんだ…(残念
先を急ぐようなタイムでもないのに…





それにしても一方の男性は誰だろう…

あ、そだそだ


オットさんののぶりんさんダ。間違いない




ゴール後に知ったが、かおりんさんと絶妙のコンビで応援を盛り上げたのぶりんさん(仮)がじつはえーかわさんだった(汗




そうか~京都マラソンのゴール付近で応援してたえーかわさんか




それを知るよしもないわたしは、ゴールするまで男性の方をのぶりんさん(仮)だと思っていた…




かおりんさん、のぶりんさん(仮)


遠くまで応援に来ていただき、ありがとうございます!







100kの部と60kの部の分岐を越えたら本格的な上り開始



最後の激坂は上れないとわかってたので、走れそうなところは走っておく





走る・歩くを混ぜながら交通規制ゲート前エイド(60.0k)到着







続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

丹後ウルトラ2014 参戦記 8 「浅茂川漁港大エイドからあじわいの郷(51.5k)まで」 編

浅茂川漁港エイドをあとして、第2関門の弥栄庁舎へと向かう


この区間は昨年、たーはるパパさん、井出さんと並走したところ



波待ちのサーファーが集まる浜辺を通過

このあたりだったと思うが、久々にぐわT遭遇!



自分が見つけたのか声をかけてもらったのか覚えてない…



じぇーてぃーさんダ!



しばし後ろにつかせてもらう



ガタイがよいから後ろで走りやすい
(失礼だゎ



ことしもできたょ、ぐわTコラボ♡




適度なペースで牽いてもらってラクラク走行
得意の平地だし(笑




あっという間に島津エイド到着


ここでバナナを食べていたら、じぇーてぃーさんを見失う…orz




ことしもぐわTコラボランも長くは続かなかった…残念






50kの計測マットを踏む
5時間51分



休憩を含め、トータルキロ7チョイできている
もうちょっと早い到着を予想していたが、6時間オーバーだった昨年に比べたらまぁまぁ


平地オンリーだった50k走と比較したら時間がかかるのも当然か
大エイドではけっこう時間を使ったし…
まだまだ相当の距離が残っていることだし、ここまで余力を残して到着できたことはひとまず合格…




でも、もう半分までキタ!

という意味で、だいぶラクになった






あじわいの郷へ続く坂道の手前で、また誰かに声を掛けられる



誰?



あたまにバンダナ、オレンジのチャレ富士Tシャツ






マジで誰?マサカわたしのファンとか(ナイナイ





あ!





えーーっと…
だれやねんさんだった

だれやねんさんは仮装(プーさんが正装だし)なので一瞬わからなかった(汗
サマーナイトランではさんざんお世話になったのに…
なごやん、おいしかったデス




あ、でも声でわかりましたよ、声
元気に声を出してましたねぇ~



こちらも元気出ました





しかも…だれやねんさんには
和式トイレストレッチしてるのを見つかった(爆






あじわいの郷は観光スポットだけにトイレがキレイ



ふふふ…




去年はココのトイレでかな~り助かったのだよ




お礼参りの意味で(?)ことしもトイレ借用(本レース3回目




あじわいの郷では、沿道からゼッケンと参加者名簿を見て名前で応援してくれる


「○○(M本名)さぁ~ん、がんばって」


ジョシの黄色い声援を受け、なぜかテレる(ウフフ



この名前コール応援は昨年もあったと思うけど、公式ボランティアさんなのかな?
それか、毎年丹後の応援を楽しみにしてくれる人?


いずれにせよ、元気百倍






ここのエイドも給食が充実していてパンがたくさんあった


あ~なんだか食べてばっか♡




…だから

ウルトラではヤセない(残念





補給、給水、ストレッチを済ませ、だれやねんさんとすれ違った坂をくだっていると、またまた村人(ぐわT)発見



THさんだった





アレ?わたしのうしろなの?





走力からすれば当然前を走っているハズのTHさん
初ウルトラだから制限時間をめいっぱい使って楽しむつもりかな!




”て、て、てぃ~えぃっちさぁ~~~ん”




とおかしなテンションですれ違いざまにハイタッチ




唯一のすれ違い区間でハイタッチできて嬉しかった






そして第2関門の弥栄庁舎へ


平地ランナーとしては、時間を稼ぐべくこの区間もガシガシ走った
(あくまで自分比





続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m





丹後参戦記もきょうがレポ8回目
8回でまだ全行程の半分が終わったとこ…

昨年だと9月中にレポ完成していたと思うけど…



ことしはスキマ時間に書いてるのでレポも細切れになりがち



すでに始動している(はずの)秋フルに向けての練習とか書きたいけど、まだコチラがゴールできてないので早く仕上げるべくガンバリます





レポはもうしばらく続きますが、あたたかく見守って頂ければ幸いです





あと3~4回でゴールできるかなぁ?






本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

丹後ウルトラ2014 参戦記 7 「七竜峠展望台エイドから浅茂川漁港エイド(44.3k)まで」 編

復路の七竜峠を攻略し、やっとこさ下り区間に入って間もななく
痛かった左足のツメに加えて、右足親指のツメも故障リスト入り



右足親指はチャレ富士で痛めたところ
ようやく古いツメの下から赤ちゃんツメが生えてきたところだったのに




マジか…




赤ちゃんツメも殺すのか?
丹後ウルトラって容赦ないな…

生えかけなのにまた死んだらどうなる?
次、下の下からまた生えてくるの?



新たな痛みと不安に襲われる




昨年は復路の七竜峠下りで、左足裏に巨大マメをこしらえ、以後のレースで苦しんだ
ことしは早くも両足のツメに大ダメージ




やはり無傷では完走させてくれないようだ






走りながら脳内観察

左足が重傷、右は軽傷の模様





踏み出す一歩ごとに痛みが突き刺してくる




下りはラクだけど、早く終わらないかなぁ、と願いながら進んだ

痛くて下りでも走れなかったので、気晴らしに1枚





1 019





雄大な日本海が美しい

イルカいないかなーと目をこらしたが発見できなかった






下り坂の途中で42.195kの表示を通過



ツメは痛いけど、全体的にはまだまだ元気


なにせ42.195kなんて@いう間







ようやく念願の浅茂川漁港エイド到着



その前に巨大横断幕前で応援していたえむさんを探す




発見!



「えむさんですよね、応援ありがとうございます!」



元気にあいさつ






そしてついに見つけた!



tenkoさんプレゼンツ 大横断幕





1 021





ありがとうございます!
元気出ました!










大エイドだけに、ランナーもいっぱい
マッサージサービスもあった





1 024








楽しみにしていたうどんをいただく





IMG_0428.jpg





WS000511.jpg





単なる具ナシうどん(失礼すぎる)なのにメチャうま





かぶり水コーナーに人が群がっている

ここまで不思議とまったく暑さは感じなかった
汗はかけているので体温調節に失敗してるというわけでもない


この日の最高気温は24.2°
37°の炎天下で練習してきたので、この程度なら暑いと感じない


8月の暑い中練習してきた成果があったな、と思った



暑さについては終盤までほぼ感じず

皆さんのマネして数回腕に水をかけてみたりしたけど、特にこれがなければ進めない、というほどでもなかった





やはり暑さには強い








フルの距離を越えてきたので丁寧にストレッチ

和式トイレストレッチも忘れずに、と





ここまで持ってきたジェルは手つかずで残っている
エイド食で間にあえば、それでヨシ

昨年はジェル重視だったが、ことしはそれをやめてみようと思った
エイドでの食べ物が受けつけなくなったらジェルに移行する予定だった



結局ゴールまで胃腸はなんともなく、エイドでの食事をずっと楽しむことができた





足ツメは気になるが、シューズを脱いで確認する気にはなれない



想像以上に、トンデモナイ状況になってたら‥

ゴールまで知らないほうがいいこともあるさ、と言い聞かせた



幸い、シューズにしみ出るほどの出血はないようだ






まだ行ける、そう奮い立たせてエイドを後にした





続きます





本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

丹後ウルトラ2014 参戦記 6 「第1関門から復路の七竜峠展望台エイド(39.1k)まで」 編

第1関門を余裕でクリアし(←自分比)復路の浜詰駐車場エイド(34.8k)到着


ここでもトイレ(小)



補給、給水、ストレッチ

ストレッチは早い段階から念入りにやった
わたしの場合、ウルトラ後半では前太もも、股関節の筋肉がカッチカチに固まってしまう


あと、50k走の時にわかったのが背中と腰のハリ



前モモ、股関節、背中、腰の筋肉を一度に伸ばせるストレッチとして考えたのが…




1 まず道路脇のガードレールや標識、なんでもいいので固定されたものを探す
2 足は肩幅よりちょっと広めに開き、腕を伸ばしてガードレールなどにつかまる
3 その状態から足裏が地面から離れないようヒザを曲げ、ついでに肩、腰、背中をぐぅぅぅーと伸ばす



ホラ、なにかにつかまって和式トイレでがんばる姿に酷似…






名づけて






WS000616.jpg






これだと、いきなり膝屈伸をするより膝にかかる負荷が少ない
ついでに背中や腰も伸ばせて気持ちいい



ただ、やってる格好はイマイチ(残念




仕上げに何回か立つしゃがむを繰り返せばリセット完了





これはエイドで止まるごと、信号待ちごとにこまめにやった

後半まで太ももを温存するための作戦
割と効果があった気がする






そして復路のtenkoさん応援エイドに到着





わたしは気づいてなかったが…






2014092022081080e.jpg





こんなステキな写真を撮ってもらった
(右側の黄色いほう


本当にありがとうございます m(_ _)m




tenkoさんと本日2度目のご挨拶
またまた元気をもらい、ラップもアゲアゲで七竜峠の復路へ向かう





復路の七竜峠は走る・歩くをまぜながら進む

ここでもまたパラパラと雨が降ってきた…




雨パ……

じゃなかった、ひよパパさんもまだ七竜峠だろうか…




上りに備えてお腹にチカラを入れてたら…


入れたら?








Heが出た(プッ






これはマズイ…



まわりはランナーでいっぱい


なんとかHeに気づかれないよう、あらかじめ考えてきた対策を打ちだす






まず、わざとシューズをズッた走りをして、音をかき消す準備をしておく

機が熟してきたら、シューズの音に合わせて ブッブップッププー





ふふふ…

そう、ことしは1回分のHeを数回に分ける術を身につけたのだよ
(なんのハナシ?





それと、久見浜湾の周辺では空砲のような乾いた音が不定期に鳴り響いていたのでこれを活用
(鹿よけだろうか?


パァ~ンという乾いた音




コレに(できるだけ)あわせてプッププー
ブッブップス〜





Heをするにもあらゆる技術と工夫が大切(キリッ





昨年はHeに悩まされた丹後であったが、バージョンアップした今年は腹圧の調整に悩むことなく調子はバツグンだった






ただ、まわりのランナーは迷惑だっただろうなぁ…
音は消せてもニ○イまでは…ねぇ…
ゴメンナサイ m(_ _)m








峠を越えて下ったら、
うどん♪うどん♪うどん♪うどん♪





浅茂川漁港のうどんサービスを楽しみにがんばる




ツメの痛みは忘れようがないけど、どうやら下りよりはマシのようだ



峠道ではなぜか選手が右へ左へと蛇行しながらコースをたどる

でも何も考えずに道路左側を愚直に走る
あっちへこっちへと進路変更するのが足つめに響く、ってのもあったけど、コース取りを決めて走ってる方が考えることが少なくていい


端っこを走るのがスキ♡





そもそも、本レースは左側走行が基本なんだけど(汗






ようやく復路の七竜峠展望台エイド到着(39.1k)




ここからは下りダ!


左足親指のツメは痛いけど、走れるところはきちんと走らないと!
痛いのは気のせい!






元気よく走りはじめた…
そしてすぐ…











右足親指のツメが逝った……




マジか…




アンタ(右足)もか!





続きます







本日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。
お帰りの際
↓ 下 ↓ のボッチを押して頂きましたら幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございますm(_ _)m

プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。