募集案内キターーー



一年でいちばん寒い大寒を迎えるころ、必ず指先が割れる


爪に近い部分っていうの?


気がつくとその辺りのアッチコッチが割れて流血してる

(゚Д゚) マジカ





これをてっとり早く治すには液体絆創膏





液体バンソウコ





…なんだけど、、、、

見た目、瞬間接着剤の様相…


フタを開けたときのニオイもツンとしたアレ



添付のハケで傷口に塗っていくと、あッという間に皮膜をつくり傷口をガードしてくれるんだけども…だけども…





なんつっても

痛い

マジ痛い

ホント痛い…略




どんくらい痛いかと言えば



接着剤を傷口にグリグリ塗りこんだくらい痛い
(そのまんま…




ハァハァハァ…(痛みに耐え中




…(皮膜完成)


スグにバリバリ水仕事ができるようになる優れ物です

オススメです
(本当?





******




奥三河パワトレの公式サイトでボランティアの募集の案内が出た



良かった~
ことしは募集なしかとオモタ


エントリはこれからだけど、ひとまずはホッと安心



ワシは今回で3年連続(となる予定

第1回大会から連続参加の無償ボランティアって何人おるんカシラ?




3年目ともなると、コース誘導のプロだぜぃ
(意味不明




ことしは四谷あたりに出撃する(予定)なので、参戦する皆さま、よろしくお願いします!







ご訪問、ありがとうございます。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






かっとび伊吹 参戦記


かっとび伊吹の参戦記、1回読み切りです





レース数日前、一応ペース表は作ってみた





IMG_2521.jpg






ロードが約半分、残り半分が山道なので1k2k…のキロごとのラップではなく、1合2合…の合目ごとにラップを算出
赤丸はエイド

関門時間も書いとかないと、ね(カキカキ…





ただ初参戦なので、どの程度で走れそうなのか全く見当もつかない(汗






…そこはもぅ、アレだわ
テキトーで




3合目までが55分、それ以降が55分…

こんなもんかなー?



期待値も込めて見積もってみた



導き出されたゴール予想タイムは1時間50分



マジか!
果たしてこんなうまくいくのか?


いつも3時間4時間…
いやもっともっと…長ーぃ時間かけて登ってるのに





ペース表通りにいくかどうかは、走ってみた都合!


出たこと勝負!




…てことでスタート





◯ スタート〜神社


スタートと同時に、皆さんスゴイ勢いでかっ飛んで行ったけど、ワシはサブ4ペースくらいでたんたんと進む


呼吸はまだまだ大丈夫、ここで脚が動かないようでは時間内完走なんておぼつかない





◯ 神社〜1合目


さァ、本番はここから
階段で小渋滞ののち、いつも利用する駐車場を通過しゲートも越えて、目の前に現れる坂を一つひとつクリアしていく


何度も試走してるから次の坂が予測できる
これは心理的に大きかった


最後の坂をクリアしてカーブミラーが見えたら1合目はすぐそこ

やった〜
一度も歩かず走りきった

スキー場のゲレンデ渋滞まで気を緩めず走った





◯1合目〜3合目


そして渋滞
あー。


なんだかここまで歩かなかっただけで大満足

実はまだ半分以上あるのに

ゲレンデも走ろうと思ったけど、傾斜がキツすぎて無理だった(残念

歩きが超絶遅いワシとしては、ふつうにしてたら抜かれっぱなしになるので、(自分比)超高速でガシガシ脚を動かす

…それでもふつうに上ってる人と同じか遅いくらい(汗





◯3合目〜5合目


3合目到着が56分

え?ほぼ予定どおり

気を良くして先へ進むが、やはり傾斜がキツくて走れない

ちょろーっと平坦(ぽい)とこだけ、走る(フリ


このあたりを上手に走れるようになったら、記録更新につながるんでしょぅなぁ
(遠い目





◯ 5合目〜8合目


5合目通過が1時間12分くらい
まだまだ予想の範囲内

38分で行けたら1時間50分が切れるなぁ、とボンヤリ思った



実は5回目の試走の際、6合目から頂上まで36分だった
(6合目からひとりで走った件については、後日 



この時はトレランシューズでなく登山靴だったし、荷物も多かったしなぁ

頑張れば38分切れるかなぁ



…そんなことを考えながら前のランナーのシューズだけを見てガシガシ脚を動かす
景色もコース脇のお花もなんも見えねェ
(見てねェ

ただひたすらカラダを上へ上へと上げて行くのみ


5合目からは登山道も狭いので無理せず前のランナーに離れずついていく





◯ 8合目〜ゴール


8合目、だったかな
ゴリちゃんに抜かれる


ゴリちゃん強いわぁ

1人でも抜いて前へ!

って姿勢が気持ちよかった





じゃあワシも!
単純~乙



ひとりふたり抜いてみたけど、バランスを崩して崖側に落ちてもいけないし、また他人を落としてもいけないので自重した


抜くのも下手クソ



そして岩場のとこで渋滞



むー
これが噂の渋滞かぁ


(休める休める…フフフ




数分のロス




そして渋滞ポイントを抜けたら…いよいよ…


ワシがかつてロストした9合目
どーしてここで迷うかなぁ…




ここから先はちょっとだけ走れそうだったので、2、3人パスする




お!
ゴリちゃんが目の前だ



見覚えのある(実は1週間前にも来た)頂上の風景が目に飛び込んできた




着順判定員の前を通過して、、、





WS000347.jpg








目標より1分遅れでした









ご訪問、ありがとうございます



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





かっとび伊吹のスゴイところ


タイム計測が手動、ってことで驚いたかっとび伊吹



実はこの他にもまだまだ驚き要素がギッシリ



今回はその一部など…



◯ ボランティアの数が多い


1300人規模の大会なのに、ボランティアさんの数がとんでもなく多い
駐車場への誘導、受付、荷物預け、コース誘導などなど、本大会に関わってるボランティアさん

ざっと1000人近くはおらへん?
勝手な想像だけど


何せ8合目に給水所があるのに驚いた



8合目といえば、5合目からアノ岩場を上がるか頂上から下ってくるしかないよね


大量の水やコップの搬送、エイドの設営など、さぞや大変だったと思う



感謝であります〜






◯ 協賛スポンサーがない?


だいたいどの大会でも、受付でもらう大会パンフを見ると協賛企業の広告が載ってる


地元企業とか学校関係とかね
あるいは飲料系、サプリ系とか




それが…

かっとびにはない
(パンフに出てない




エイドではイオンウォーターや塩タブレットが提供されていたが、あれは参加料で全部まかなってるんだろーか?



しかもイオンウォーターはペットボトルから直注ぎ
(粉のやつが極限まで薄めてあるウルトラとは大違い



協賛なしでの運営、(コスト的にも)大変そうだなぁ〜


いらぬ心配かもしれんけど




◯ シャトルバスの座席にはビニールシート


ゴール後、雨や泥でドロドロに汚れた選手たち


頂上駐車場からシャトルバスに乗って下山するのが決まりだが、駐車場に待機してたのは大人数が乗れる超キレイな観光バス


座席を汚したら申し訳ないぁーと思いながら乗車したら…





座席一つ一つにビニールシートが丁寧にかけてある!




しかも

1回乗車ごとの使い捨て


これならバスも汚れず選手も快適



すみずみまで気配りがされてるなー



至るところでおもてなしを感じた、かっとび






ご訪問、ありがとうございます





にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






レース3日前に44k走はアリか


かっとび伊吹の3日前、たーはるパパさんとロング走の予定をしていた


日程的に丹後ウルトラのレース3週間前、ロング走をするにはラストでベストのタイミング

確かこの日にちを決めたのはずぅーっと前で、奥三河パワトレの直後だったはず


その後かっとびにエントリしてから気がついたけど…




ロング走の予定日、かっとびの3日前やん




どーするかなぁ
悩んでいた




丹後前のロング走はキッチリこなしておきたいし、かっとびも初参戦だからしっかり走りたい



しかし…

10kのレースとはいえ、3日前にロング走して大丈夫か?



しかもかっとびは普通のロードレースではなく、山岳レースだ




ロング走とレースを両立させる妙案として、50kは遠慮して30k程度に留めておくことにした



これなら大丈夫でしょ

なんの根拠もないけど





パパさんにその旨を連絡、前日に走るコースなどを打ち合わせているうちに、戦国時代に思いを馳せる犬山〜長久手コースに決定!








アレ?

レレレ?



軽く40k以上ありそうですけど
(汗




ま、
まぁ、いい



きっとペースはゆるゆるだし、ダメなら途中離脱すればいぃゃ




ということで、
いざ出発!




ロング走当日

幸い空は雲に覆われ、時々ミスト状の雨が降ったりでコンデションに恵まれた


…とは言え、気温は31度あった模様…



雨上がりのこの時期って湿気がハンパない



汗が…

まゆ毛の堤防を簡単に乗り越えどんどん
目ン中に入ってきた(痛





走り始めたら楽しくて、
犬山城、小牧山城、長久手の古戦場跡などなどを順調に巡っていたら途中離脱のことなど忘れ、ミッションコンプリート



ペースはゆっくりだけど、丹後に向けとても意味ある練習ができた

(ワシとパパさんの2人だけでもマジメな練習ができるんだよーん




パパさん曰く、

練習してない
完走なんて無理
浅茂川でテニスする


…とか言ってたけど、しっかり走ってるし、もう帰りたいとか最後まで言いださない



まさか…これは…




コソ練して…(略







途中の自販機で飲んだミルクティがおいしかった


贅沢なんとかってミルクティ、あんなおいしかったっけ?





ロング走後は脚のケアなどをしっかりしてかっとびに備えた



ちなみに、

44k走っても体重計の針は微動だにしていなかった
(補給がうまくいったみたいだね…
遠い目…





で。
かっとび当日


脚の具合とか疲労の残り具合とかが心配だったけど、スタートラインに並んだ時点で全くロング走の影響は感じられなかった





レース途中


むしろ脚が軽い感じで、1合目までの坂も歩かず走りきれた





そして中盤

さすがに脚が重たくなるかと思いきや、全くその気配なし





終盤…

心配していた全身の疲労感も…



なし





むしろ、
普段よりカラダが軽く感じられる




練習後のケアと疲労抜きがうまくいったのか、補給がよかったのか、ミルクティがおいしかったのか、そもそも44kくらいでは疲れなくなったのか、ロング走の影響は最後まで感じなかった





うん

ワシの場合、レース3日前の44k走はアリ














丹後の前に44k走ったりしないけど










ご訪問、ありがとうございます。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





かっとびのタイムは手動計測


受付を済ませ大会パンフなどの入った袋を開けて驚いた



ワ、ワ、
ワシの袋、
チ、チップが入っとらせん




ハッ!


ゼッケンか
最近じゃ、ゼッケンにチップがついとるタイプが流行りだで







ガサガサガサガサ…
袋をさばくる音




え?

ゼッケンにチップはついてないようだ



マジか〜





係の人が入れ忘れたんだな



大会本部に怒鳴り込む助けを求めるのはやめ、一旦車に戻ってぐゎTにゼッケンをつけながら周りの選手の様子をうかがう




すると…





だれも…

チップつけて…





ないみたいだね
(爆




よかった
ワシだけ入れ忘れじゃなかった
(ホッ









ホッ、、、


じゃ、ないよね




って、ことはですよ

タイム計測はどーなるわけ?



まさかの手動計測?!




まさかねー
小規模大会とはいえ、1000人以上の参加者が集まってるんだょ


アノ三河高原トレイルでさえ、今にも破れそうな紙ゼッケンの端にブランブランしながらホッチキスでチップが留めてあるんだに



それが…それが…ですよ




今回で30回開催を誇る老舗大会でまさかの手動計測ってことあんの?






にわかに信じられん

でもマジのようだ





で。


ゴール地点

雨はほぼやんでいたが、ガスガスで視界ゼロの中必死の形相でゼッケンを読み上げるボランティアさんが居た



その横で、必死に番号を控える別のボランティアさん



記録用紙が霧だか雨だかの水分でぐしゃぐしゃになりかけてる

ひたすら作業に打ち込む一途な姿にココロ打たれた



必死に鉛筆を動かし
ゴールしたランナーのゼッケン番号を手早く控えていく





こりゃ大変な作業だゎ



手動計測、
マジだったんゃ






リアル手作業、初めて見た



感激




ハテ?

手作業で◯分◯秒まで正確に記録できるんかいな?

同着だったらどーするんだろ?





しげしげボランティアさんのテキパキした姿を見つめながら思っていると、


「黄色シャツが先!」
(黄色はワシのことね





また別のボランティアさんが叫んだ




着順判定員もいるようだ




ゴールライン通過後に後ろのランナーがワシを追い抜いたようで、判定員がメモするより先にワシの前に出た(ワシがモタモタしてたから)注意を受けたのだった



あら、モタモタしてごめんなさい




おそるべし
手動計測スキル
(意外と正確




それもこれも、長年のレース運営で培われたものであろう




計測チップ、レンタル料が高いからねー
返さない奴が何人も出たら即赤字だしねー
(ボランティアやったで知ってる




妙に納得
フムフム





よって


かっとびの計測は長年のキャリアで培われた手動計測が現在もなお受け継がれており


正確かつ公正な着順判定もなされ


ゴール付近では今どき珍しい光景が見られます







が、


ネットタイムの計測は(絶対に)ありません








ご訪問、ありがとうございます



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村









プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ村