スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野辺山ウルトラ 2017 参戦記 7 〔第4関門から第5関門まで編〕



第4関門(滝見の湯)71k地点に到着したとこから


到着した時間は、確か午後2時30分ころ


予定では2時20分到着だったので10分のビハインド


このころは、一番日差しが強かったように思う


このエイドで目の当たりにした恐怖の光景…


それは…


あちこちの地面にバタバタとランナーが倒れていた

そこにもあそこにも、あっちにも


さながら野戦病院の様相



パイプ椅子に座って休んでるランナーも死んだ目をしていた


地面に倒れ込んでるランナーは、果たして再スタートできるのだろうか?

心配になる



でも人の心配してる余裕はない


ここに長居してはダメだ


ゾンビに足を引っ張られる


そんな感じがした





まずは補給エリアへ


このエイドでは今大会2回目のそばが振る舞われていた


ちゃんとネギも入っていて、一味も傍らにスタンバイ

完璧


ここのそばもおいしくいただいた



補給後はドロップバッグを受けとり、荷物の整理



バッグを持って日陰を探してさまよっていると…トラック発見!


トラックの陰に行くと…同じ考えのランナーであふれかえっていた



ここにもゾンビか…



マズイ、
ここは早く出よう



補給食を入れ替え、ふくらはぎを少しモミモミしたら即出発



71kのエイドを過ぎたらすぐ馬越峠だと思ったいたが、そぅではなかった



75k付近まではまだまだ走れなくもない坂


でも20mくらい走って→歩く→またチョット走って→歩く


…の繰り返し




すると、今までカンカンに照っていたはずの空からミスト状の雨が落ちてきた


ありがたい…


標高が高いことも相まって、ちょっと風が吹いただけで相当のクーリング効果がある



涼しいなぁ~♪


ルンルン気分(死語)で歩いていると、ミスト状だった雨粒がどんどん大きさを増していった



ヤバイな…
本降りになるのか?

天気予報で、雨が降るって言ってたっけ?


確か、出発前に天気予報をチェックした時は雨予報なんてなかったはずだが、スタートブロックで並んでいたとき隣のランナーが

”きょうは日中暑くて夕方雨かょ”

と自嘲ギミに話していたのを思い出した




この雨はいつまで降るんだ?
まさかゴールまでずっと降るのかな?



さっきのエイドでウィンドブレーカを預けてしまったけど(アホ




そうこうしていると、やっと馬越峠の看板発見



ここからは本格的な上り
(ここまでも本格派ばっかり)


もぅ徹底的に走れなくて、ベタ歩きするしかなかった



ガーミンの距離表示が(少しでも)増えていくのを心の支えにしよう
そうしよう。




ん?



んんんっ?




え~~~~~~~~




なぜかガーミン、計測停止



マジか 


なんでゃ…



ペタペタ歩きながら考える
(時間はたくさんある)




はッ!
まさか?
そっか!



(おそらく)12分/k以上にペースダウンすると、ガーミンが”走ってないね(プッ”と判断し、オートポーズになる設定になっていたのだ


…てことは



ワシは今キロ12分以上かかってるわけね…遅


いくら激坂とはいえ…キロ12分て…



ガーミンに計測してもらえる速度までペースアップしたいが、傾斜がキツクて無理



スタート直後に襲われた不慮の事故(心拍センサーズレまくり事件)とあわせ、2度目の計測停止


完全にガーミンの距離表示をアテにできなくなった


馬越峠はあらかじめ覚悟していただけに、バッサリ殺られることはなかった


ガーミンにも笑われるペースまで落ちても、歩いてさえすれば頂上に到着できる、という希望があった


ただ、途中の工事中エリアの未舗装部分が地味にキツかった



このあたりで見かけた光景



車で友だちランナーの先回りをして、コース上なんども応援する姿はよくある光景だ


それは別に野辺山に限ったことではなく、ウルトラでは見慣れた光景でもある




ワシのやや前方にはふたりの女性ランナーがいて、楽しげに坂を歩いていた



すると、そのランナーの友人と思われる男性が、坂の上から走ってきて伴走を始めた



調子、どぉ?
車はこの先だから頑張って



みたいな会話をしていた



3人は楽しそうに笑顔で会話している



歩くのが超絶遅いワシは、やがて3人に遅れをとった


いくつかカーブを越え、曲がった先に、白色のバンが停まっていた


確か関東方面のナンバーだった


バンの近くには、さっき見た伴走の男性と2人の女性ランナーがいた



あー、このバンで2人を追っかけてるのね

そぅ思った




次の瞬間、、、




男性の運転するバンにランナーが乗りこみ、立ち去った



…?




まさかね、
ここでリタイア?


さっきまで元気そうだったけど…



リタイヤする時って、大会関係者にその意思をまず伝えるんじゃなかったっけ?



それか…まさか…もしや



坂の途中か、その先までバンに乗って…(略





見たくないモンを見た

車に乗った理由はなんであれ、疑いを持たれる行動は慎むべきで、ワシ自身は常に正々堂々とありたいと思う




悶々としながら第6関門の79k地点に到着したのは午後4時ころでした





続きます












ご訪問、ありがとうございます。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






野辺山ウルトラ 2017 参戦記 6 〔第2関門から第4関門まで編〕



第2関門を通過したとこから


この関門通過は10時20分ころ



スタートしてからおよそ5時間


日差しが強くてエイドでは水かぶりのコーナーでは列ができていた


え?

そんな暑いっけ?




暑さに強いワシとしては、頭から水をかぶるほどの暑さは感じていなかった


むしろ頭から水をかぶると、メガネが濡れて不快。。。
シューズも濡れて不快。。。



ふつうは首にある太い血管が暑さを検知するからそこを冷やすといいらしいけど、ワシの場合温度センサーは手のひらにあるので手をチョット濡らすだけでOK


便利でしょ?



お参りするときのように、ひしゃくで水をすくい、左右の手のひらに片方ずつ水をかける



これでクールダウン完了
(個人の感想です




50kのエイドまでは高低差およそ240mの大下降



脚に負担をかけないよう、そろそろっと下る

太ももにかかる負荷をカラダの体の他の部分に逃がすように…と。




下りきっても脚がガクガクとならなかった

大丈夫、脚は終わってない




50k通過が5時間52分

予定では6時間ちょうどだったので8分の貯金




50kのエイドでは手打ちそばが振る舞われる



もちろん、そば待ちの列に並ぶ



記録狙いではないし~

初野辺山、楽しまないとねぇ~




このそばが、また…




ウマイ!



もぅ一杯!



…といきたいところだが、調子に乗ったらダメ、ゼッタイ



ウルトラのレース中、胃の容量の30%程度、なんらかの食べ物が入っている状態がワシにとってベストな状態だから


これ以上でも以下でもダメっぽい


今までのウルトラで培った経験値というか、そんな感じ







50kエイドを出発してしばらく進むと、コース右手に常設トイレ発見



ワシの長年のトイレ勘から察するに、この手のトイレはキレイに間違いない、と思って吸い込まれるようにトイレへ向かった



すると…




予想どおり~
とってもキレイ♪
やった~♪



ワシはトイレがキレイだとテンション上がるのだ
(知らんわ





同じ考えの先客がひとり

待ち人ひとりなら御の字





”キツイですね~”

”でももぅ半分すぎましたよねぇ~”



志を同じくするランナー同士で声を交わす


この瞬間がスキだ






トイレを済ませてレースに復帰



50k~60kまではコース図によると緩~ぃ上り坂だが、ところがどっこい


野辺山では、このどっこい坂ばっかり




しかも55kからはスライド区間


折り返しまでは約4kの距離があるけど、初めてだったのですごーく長く感じた



スライド前半は上り基調





ここで、この日初めて





アレ?
もしかして暑い?と思った
(遅





暑いときは水分補給を早め、こまめにを心掛けた
ただ、量は少なめ


エイドごとに詰めてもらったボトルの水をこまめに飲みながら進む




ようやく4k進んだところで59kエイド

長ぇ~





このエイドでは





ザバスプロテイン




確かコレが配られていた

カフェオレ味がおいしかった


効いてるかは不明






下り基調のスライド区間を越えたらまたまた上り…


悔しいけど、ここはちっとも走れなかった





50k~71kのたった21kの区間


ここは、暑い時間帯に走ることも相まってキツイ


…と書かれたレポを見て学習してきたつもりだが、本当にキツかった




なにせ、このたった21kに3時間ちょっと要したのである






続きます








ご訪問、ありがとうございます。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






野辺山ウルトラ 2017 参戦記 5 〔第1関門から第2関門まで編〕


レースから時間が経つごとに記憶が美化&浄化され、キツくて痛くて苦しかった記憶が書き換えられつつあります


ハッ!
これではイカン!



あ~楽しかったァ

なーんて記録を残してしまったら、次にまた走るときは…なんて考えてしまいますやん





コホコホ…


ここは、ですね。



事実に基づいてできるだけ正確に、ちゃんとツラかったキツかったことを思い出しながら書いていかないと…と思うわけです



そのためには、できるだけレポ完成を急がねば!



続き、行きます




******




第1関門を通過したとこから


第1関門林道ゲート、関門時間は9時ちょうど



ワシが通過したのは8時10分だから50分の貯金



本当はもっとここで貯金を作っておけば後半がラクになるんだろうけど、精一杯頑張ってこの結果なんだから仕方ない


ならば、この次は…
次はナイナイ




25k付近までは下り


今まで上ってきた分を一気に下る



25k~30kまでは高低図によれば緩~く上っているように見えるけど、実際には標高差にして100mのUP




あの坂ばっかで有名ないびがわマラソンに匹敵する高低差を一気に上るのだ
…キツイわけです、ハイ



上った分を下ったら(こればっか)最初の温泉、稲子湯に到着




野辺山ウルトラは、レース中に3ケ所の温泉に入れることでも知られている





失礼ながら、ワシは



温泉ったって、所詮アレでしょ


男女別にパーテーションかなんかで区切った中に幼児用のアレが置いてあって


"稲子湯(キリッ)”



と段ボールに書いてあるんでしょ、きっと。



とか思っていたのだ
(失礼な




つまり





温泉





こうゆのね。
全くもって失礼…






実際は





稲子湯





こ~んなに立派な温泉だった

画像お借りしました





これはいっぺん入ってみたいゎ~


ワシ程度の走力では、温泉を堪能して完走、なんて夢のまた夢だけども



温泉に浸かりながらここを走れる日は来るのか?
(あ…次は…略




稲子湯エイドではおしるこをいただく

ウマ~~~♪


あたたかくて、大好きなあずきもたっぷり♪






稲子湯を越えたら、またまた坂


高低図ではちょっとトガってるだけのこの坂、実際には2kくらいで150m程度のUP



は…走れません…
(残念




上りきったら八峰の湯(ヤッホーの湯)まで大下降


できるだけ脚に負担をかけないよう、気をつけながら下る
温存温存、と。




42k手前の芝生の歩道、ここは脚にやさしく走りやすい

保養地なのか、高級そうな建物が点在している



このあたりではyukiさんと抜きつ抜かれつして走った




ときどき聞こえてくるカッコウの鳴き声に癒されていると…

プロッシィさんさん発見




遠くまで応援ありがとうございます!


高山は完走無理かな~なんて言わずに!

死ぬ気で走ってください!






42kエイドではドロップバッグを受け取って、まずやるべきことはアレ




芝生に座り込んでTシャツをまくり上げ、ゴソゴソ…ゴソゴソ…

ハタから見たらブラを外してるような格好ではありますが…

(ここ風呂じゃありません




隣のランナーの目が点になってる気がしたが、気にしないキニシナイ
(むしろ気にしろ




腹巻ならぬ心拍センサーを外しバッグにしまう




補給食等を補充してサッと出発

滞在は5分ほどか






ここまで補給関係は順調

脚も痛くない

胃腸も万全

前へ進む意欲もMAX




この時、10時20分ころだったと思うけど、実はなんと…



ワシは全く暑さを感じてなかったのです


ここまで42kも進んできたのに順調順調~♪




続きます












ご訪問、ありがとうございます。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






野辺山ウルトラ 2017 参戦記 4 〔3k付近から第1関門まで編〕



心拍センサーが腹巻きになってしまったところから




困ったなぁ…

今回は心拍をベースに走ろうと思ってたのに…

心拍がとれないと、やっぱりアレか?






…勘だな。






しかも、ブラヒモと戦ってる間に、GPSのENTERキーを押してしまったようだ


このENTERキー、トレーニング中に押すと…その意味するところは…



”一時停止”



よりによって、計測停止のボタンを押してしまったらしい。。。




マジか (゚Д゚)




計測停止していた時間はどんなもんだろう?

見当もつかない





次のエイドについたら、距離の誤差をきちんと確認しとかないと!

もー



古いGPSがチョット不安定だったのでレース前に思い切って新しいのに買い換え、これで計測関係は万全!と思っていただけにガックリ。。。



誤差をちゃんと確認しておかないと、制限時間と戦うことになった場合、正確でない計測は命取りになりかねない



念のため、もう一本腕に巻いてきた時計(GPS機能なしの一般的な2針計)が役に立つことになった





5kすぎからトレイルが始まると思っていたけど、実際はもう少し遅くて10k手前から




トレイルと言っても未舗装の林道で、ランシューでも問題なし



心拍が上がりすぎないよう、えっちらおっちら上っていく

あ、心拍はテキトー




あくまで体感で150を越えないように


20kまでは歩きたくなかったが、心拍が上がりすぎる前に歩きを入れた

温存温存、と。
(言い訳)




今までのウルトラだと、一度歩いてしまうと歩きがクセになり、次走り出すまでに結構時間がかかった


レース中に歩く、という心的な障壁が一旦取り除かれてしまうと、タガが外れてしまうようでダラダラと歩き続けてしまっていた


今回は違う


10m~20mくらい歩いて呼吸を整えたら→即走る!に切り替え



遅いことに違いはないけど、それなりに上りが走れたので坂トレの効果を感じた





9.8kエイドでバナナ、BCAA
12.8kエイドでパン



固形物が摂れている区間はジェル類なし






(自分比で)スムーズに進んでいると、こめきちさん発見!


42kの部は20分前にスタートしてるし、会えるかなぁ~追いつけるかなぁ~と心配していたが、見つけることができて嬉しかった




なんか言葉を交わして先へ進むことに


この時撮ってもらった写真が…





こめきちフォト1


こめきちスポーツ







走ってる感、が出ててこの写真が好き♡




こめきちさん、ありがとうございます

後ろからの写真ってなかなか無いし



調子に乗ってもう一枚





こめきちフォト2



死ぬ気で走らんかい


ワシはいつもこーだったのか
(そぅ言われてもねぇ





トレイルにもかかわらず、第1関門まではエイドが多い


物資や人の運搬とか設置・運営などで大変なことが多いだろうなぁ~とボランティア目線でレースが見れるようになったのもパワトレのおかげ



今回、レースの目標のひとつはボランティアさんや応援してくださる人に、ちゃんと目を見てあいさつすること!



エイドでは必ず大きな声を出すことにした


そうすることで、自分自身もフレッシュになることが判明


レース中って、黙ってることが多いし



言葉を発することで自分も元気になる



決して、エントリ費**マソも払ってんだから!という態度は出したくない

走ることがアタリマエ、ではないのだから




コース最高地点には意外とあっさり到着

生命の水もスルーした




19.9kでジェルとBCAA、L-グルタミン


ジェルは初めてマグオンを摂ったけど、アレおいしいねぇ

事前に試さずレースで初めてというのは本来御法度だけど、高価だしねぇ





第1関門(23k)に到着したのが8時

8時10分到着の予定だったので10分の貯金




トイレを見ると、6基くらいあった


並ぶ人の列はなぜか2列でその人数はそれぞれ5~6人ほど


この人数ならさほど待ち時間はないだろう、と思いトイレ問題を済ませることにした



6基あるトイレに対し、なぜ待ち人の列が2列?

なんだか不思議だが、これもウルトラ
(意味不明


よく確認もせず右の列に並んだ




なぜか右の列のほうが早く進み、ラッキー♪と思っていたところで次、ワシの番になった




アレ?


右の列は…











男の小トイレの列なんですけど




次、ワシの番だからといって、



”じゃぁスミマセンねぇ。アラどっこいしょ”




ってケツ出せるか~~~







やや顔を赤らめながら左の列に並び直す


それもアレだな

右の列に並んでるとき、誰も教えてくれないんだもん


”おねーさん、そこは男の小用ですよ”ってね



おねーさんじゃないけど、オバハンだけど






それか…マサカとは思うけど…思いたくないけど



いびがわの悪夢ふたたび…?
(リンクではない





ひとり照れながら無事トイレを済ませ、再スタートを切ったのは、ちょうど予定時刻の8時10分でした




続きます







ご訪問、ありがとうございます。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






各務原アルプス



オットと一緒に各務原アルプス




野辺山の疲れが残っているけど、ゆるゆる登山なら大丈夫


オット:「おい!オレにはぜんぜんユルくねーけど(怒」




(無視)





ふふふ~~~ん♪


いい天気~






明王山展望台からは名古屋市内が一望できた


名駅のビル群やナゴヤドームまでクッキリ
(写真では伝わらんけど





名古屋市内方向







伊吹山はこっちの方角





明王山







糖質補充中のオット





オット







日差しの遮られるトレイルでは元気デタっぽい





トレイル






休憩中、オットがズボンをゴソゴソし始めた!


な、なんだ?


なにが始まる?




(立ちシ○ンか?
(そんなトコだめだゎ
(てか、立ち○ョンはダメ。絶対






まさか、山で変なもんさらすつもり?



他の登山客が来たらどーする?





…と心配していたら








タイツの位置関係を直していた
(ホッ






(ホッ、じゃないし


そんなとこでタイツを直すな!


んもーーー








そして昼休憩



ラーメンがたまらんのです





ラーメン








およそ10kの山歩き


ほどよい運動で太ももの筋肉がほぐれました



オット:「すでに筋肉痛です(泣」






H290528各務原アルプス




頑張ったつもりだけど、累計標高は700m…






歩きながら、


この上りは走れそう、とか

下りは、どーやったら上手に走れるんでしょ?とか



OPTをイメトレしつつ






次は装備を軽くして走りたい!







ご訪問、ありがとうございます。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




きょうも心拍計を巻いたけど、全っ然ズレんかったょ

なんでかなー




やっぱり…

ウルトラのレースって、練習で起きないことが必ず起きる
(ワシ調べ





プロフィール

まちゃ

Author:まちゃ
フル、ウルトラをボチボチ走ってます

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。